403 Forbiddenとは?意味、原因と解決方法解説

85

403 Forbiddenとは、Webサイトが閲覧禁止になっている状態を表すHTTPステータスコードです。管理者側のミスで起こりうるケースが多いため、しっかりと理解し、対策すべきエラーです。

本記事では、何らかの原因でWebサイトが閲覧禁止になっている状態を意味する403 Forbiddenについて、意味や原因、解決方法を解説していきます。

 

403 Forbidden エラーとは?

403 Forbiddenとは、Webサイトが何かしらの理由で閲覧禁止になっている状態を表すエラーメッセージの1つで、ステータスコードで言う403を指します。

※ステータスコードは、サーバーからのレスポンスを数字3桁で表すコード。正常に閲覧できる状態の場合は“200”として返される。

サイトが閲覧できない状態が長く続くと、検索エンジンのクローラーにエラーと認識され、SEOにも影響を及ぼす可能性があります。

原因を特定し、早急かつ適切な対応を取る必要があります。

 

ステータスコードの確認方法

①デベロッパーツールで確認する

Chromeの場合、「デベロッパーツール」の「Network」の項目に記載されています。

②ステータスコードチェッカーを利用する

複数の任意URLからHTTPステータスコードを一度に取得・確認する事ができるwebツールで確認することも可能です。

▼ステータスコードチェッカー
https://singoro.net/http-status-code/

403 Forbidden エラーの原因

では、なぜ403 Forbidden エラーが発生するのでしょうか?
Webサイト上で403 Forbiddenが発生した場合、下記5点の原因が考えられます。


①アクセス権限または所有権の設定ミスがある

サイトのアクセス権限(パーミッション)の問題が原因で表示されている可能性があります。悪質なユーザーからサイトを保護する目的で、敢えて閲覧を拒否しているケースと、“.htaccess”の記述ミスなどサイト管理者側の単純なミスで発生しているケースがあります。

 

②indexファイルが存在していない

ディレクトリに直接アクセスした場合(例:“sample.com/aa/”)、index.html / index.php

などのindexファイルが存在している必要がありますが、その場合に403エラーが起こることも考えられます。

 

③アクセス過多になっている

過剰にアクセスが集中し、サーバーに負荷がかかった際にも発生することがあります。

急なアクセス集中に繋がるような事象(例:SNSで多くの人に拡散される等)があった場合は、要チェックです。

 

④DNSに問題がある

ドメイン設定に問題があると、多くの場合ネットワークエラーが出ますが、403エラーが出る場合もあります。DNSの設定を適切に設定しなければ、ユーザーは対象のドメインにアクセスすることが出来ません。

 

⑤WAF機能が誤作動を起こしている

レンタルサーバーを使用している場合、WAF機能(ウェブアプリケーションファイアウォール:従来のファイアウォールやIDS、IPSでは防御できなかった攻撃を検知し、ブロックする機能)の誤作動によってエラーが出ることがあります。

 

403 Forbidden エラーの解決方法

ユーザー側

403 Forbidden エラーは管理者側の問題なので、回復するまで待つ・リロードしてみるしか方法はありません。

明らかに閲覧できて当然のページが閲覧出来ない場合や、長時間待っても解決されない場合は、サイト管理者に問合せするのをおすすめします。

 

管理者(サーバー)側

先述した通り、エラーが起こり得る原因を特定した上で、適切な対応が求められます。


①アクセス権限または所有権の設定ミスがある

“.htaccess”の記述ミスなどサイト管理者側の単純なミスでエラーが発生していないかを確認してみましょう。

 

②indexファイルが存在していない

index.html または index.phpnoの形式のindexファイルになっているかを確認しましょう。

 

③アクセス過多になっている(サーバー負荷)

サーバーのキャパシティに対して、アクセス過多になっている場合は、アクセスに見合ったサーバーを整備する必要があります。

特にサイトが成長フェーズにある場合は、今後よりサイト規模が拡大していくことを見越して、事前にアクセス負荷に耐えられるサーバーを導入することをおすすめします。

 

④DNSに問題がある

ドメイン設定に問題がないかを確認してみましょう。

 

⑤WAF機能が誤作動を起こしている

サーバーの管理画面で、WAF設定に問題がないかを確認してみましょう。

対応方法はサーバーによって違いがあるため、ご使用のサーバーに合わせて対応してください。

 

キャッシュが残っていると、正常に動作しているかを正しく判断できないことがあります。

重要なファイルを更新する際は、必ずキャッシュを削除した上で実行しましょう。

 

まとめ

本記事では、何らかの原因でWebサイトが閲覧禁止になっている状態を意味する403 Forbiddenについて原因や対策方法を解説しました。

もしサイトが“403 Forbidden”によって閲覧できない状態が長く続いてしまえば、機会損失に繋がります。サイトの管理者は何らかの監視ツールを導入したり、頻繁にサイト自体をチェックしたりして、エラーに気付ける体制を作ることが重要です。

\ウィルゲートではSEO対策をメインにしたサイト改善を支援しています/

✔ 自社サイト経由のアクセスを増やしたいけど、どのように改善すれば良いの?
✔ 狙ったキーワードでなかなか上位表示できない…
✔ もっと効率よく施策の改善を実施したい!

専門コンサルタントが貴社サイトを分析し、サイト改善をご支援しています!
初めての方でも、相場をお伝えしたり、お見積もりをお出ししたりすることも可能です。

👇お気軽にご相談ください👇

Pocket

小笠原弥優
2018年にコンテンツマーケティング支援を行う株式会社ウィルゲートに入社。 ライフスタイルメディア「暮らしニスタ」運営に携わった経験を活かし、Web担当者向けメディア「プロモニスタ」を担当。 to B領域の広告、メルマガ配信なども担当しています。