「アクセス解析の基礎」アクセス経路の種類と特徴を理解してアクセスを増やす

447
Pocket

Webサイト運営者が抱える悩みとして最も多いものが
「アクセスが増えない」という悩みです。

例えば新しいサイトを開設する場合でも、サイトにコンテンツを追加する場合でも、「作る」ことばかりに意識がいってしまいがちです。結果としてその後のターゲットにアクセスしてもらうところまで設計しておらず、アクセスが集まらないという状況に陥ってしまうのです。

ということで今回はサイトへのアクセスが集まらないという状況を打開するために理解しておくべき「サイトへの集客経路とそれぞれの特徴」を解説していきます。

 

サイトへの集客経路の種類

サイトにアクセスをもたらす経路にはどのようなものがあるか、改めて整理してみましょう。ここで覚えたことがアクセス解析に役に立つように、Googleアナリティクス上の名称にそってご紹介していきます。

Googleアナリティクスの集客>すべてのトラフィック>チャネルで見ることができる分類です。

 

表記 読み方 説明
Organic オーガニック GoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセス。リスティング経由は含まれない。
Social ソーシャル Facebookやtwitterなどのソーシャルメディアからのアクセス。
Direct ダイレクト ブックマークやURL直打ちなど、直前に見ていたWebページがないアクセス。
Referral リファラル 他サイトからのアクセス。どこかのWebサイトのリンクをたどって自サイトにアクセスしている。
Paid Search ペイド サーチ 広告経由のアクセス。ざっくりと、ペイドサーチはリスティング、ディスプレイはバナー広告を始めとする画像や動画などの広告、それ以外の広告がOther Advertisingに分類されていると覚えておけばいいでしょう(※)
Display ディスプレイ広告
Other Advertising その他広告

※どのチャネルに分類されるかは、それぞれのアクセスに紐づく「どこから来たのか」の情報(=リファラー情報)によって決まります。それぞれの定義の詳細は以下で確認できます。
デフォルト チャネルの定義-アナリティクス ヘルプ

 

集客経路ごとの特徴とアクセスの増やし方

サイト集客経路の特徴と長所・短所をまとめると以下の図のようになります。
「コスト」「再現性(誰にでもできるか)」「即効性」「ストック性」の4つの観点で3段階で評価しています。

アクセス経路別特徴の比較表
※あくまで弊社が考える定義であり、見方によって評価が変わる場合もあります。

以下で各経路について詳細に解説していきます。

 

オーガニック(Organic)

即効性は低いですが、ストック性と再現性が高いのがオーガニックの特徴です。
コストは「○」としていますが、プランニングや実際の作業を外注する場合「△」としてもいいかもしれません。
しかしながらストック性が高いため、地道に続ければ投資対効果は高まっていきます。

 

オーガニックのアクセスを増やす方法

オーガニックのアクセスを増やす方法は、いわゆる「SEO対策」の手法になります。

必要なSEO対策はサイトの状況によって異なります。基本的にはキーワード選定とコンテンツの追加・修正、検索エンジンが認識しやすいサイトにするための内部施策が主な施策になっていきます。

【保存版】SEOコンサルが教える”失敗しない”キーワード選定の具体的手順
これだけでアクセスが30%アップ?!今すぐ見直すべきサイトの内部リンク4つのポイント(SEO内部施策)

 

ソーシャル(Social)

全ての要素で「△」になっているのは、使う側のスキルやサイトのジャンル・業種による変動が大きいからです。

ソーシャルで反応が得やすいジャンルであれば即効性は比較的高いですし、フォロワーが増えていくという点ではある程度ストック性もあるので重要な集客経路になるでしょう。

また、いわゆる「なかの人」の面白さやセンスによって人気アカウントになることもありますが、これは再現性が高いとは言えません。
同じようにソーシャルでのバズ(主にSNS上で話題になり、爆発的に拡散される現象)も、方法論はあるものの誰でも簡単に起こせるものではありません。

基本的にユーザーにとって有益な情報を提供していれば少しずつフォロワーも増えますし、集客経路としても機能しますが相性が悪い場合も多くあるでしょう。

 

ソーシャルのアクセスを増やす方法

ソーシャル経由のアクセスを増やすためには以下の2つの要素が必要です。

  1. ソーシャルアカウントのフォロワーを増やす
  2. ソーシャルでの反応率を高める

アカウントのフォロワーを増やすことで、届ける先の母数を増やし、反応率を上げることで増やした母数を効率的にアクセスにつなげていく、ということです。

まずフォロワーを増やす方法については以下の記事がおすすめです。

Facebookページのいいね!(ファン)を集める方法 11のチェックリスト【ポリシー改定対応版】- SMMLab
初心者向け:フォロワーを増やす5つのコツ | Twitter Blogs

反応率を上げるためにはOGP設定のような基本的な施策に加え、コンテンツタイトルのコピーライティング、拡散先のプラットフォームに合わせた見せ方が求められます。

【2015年最新版】FacebookのOGP設定がわかるサイト6選+1|ferret [フェレット]
Twitter・Instagramそれぞれで最適なハッシュタグの数は!?人気のハッシュタグを簡単に調べる方法も紹介
【2014年保存版】ソーシャルメディアまとめ一覧&SNSの特徴・運用目的を徹底網羅!

 

ダイレクト(Direct)

ダイレクトはブックマークからやURL直打ちなどでのアクセスです。
ここは広告などで増やせるタイプではないのでコストは基本かかりません
しかしながらダイレクトアクセスを増やすための具体的な方法は乏しく、再現性は低いです。

一般的にブランド力があり、リピーターが多いサイトはダイレクトのアクセスが多い傾向にあります。

 

ダイレクトのアクセスを増やす方法

ダイレクトは明確にどこからのアクセスかわからず解析もしにくいため、積極的に増やそうとすることはほぼないと思われます。

ひとつ考えたいのはブックマークのしやすさでしょう。
ターゲットとするユーザー層によってはソーシャルアカウントのフォローよりもブックマークを好むかもしれません。
「ブックマークに追加」ボタンの設置や、スマートフォンであれば「ブックマークをホーム画面に追加」という表示をするなどの方法が考えられます。

ブックマーク促進事例

 

リファラル(Referral)

リファラルは広告ではないので基本的に継続的なコストはかかりません
また、すでにユーザーを多く抱えているニュースサイト等にコンテンツを配信することができれば、アクセスは一気に跳ね上がるので即効性もあると言えます。

他メディアから自サイトに張られたリンクが残り続ける限りはそこからアクセスされる可能性があるので、ストック性も多少あるといえるでしょう。
しかしながら、以下の具体的な方法をご覧いただければ分かる通り、全てのサイトが取り組めるわけではありません。その点で再現性は低くなります。

 

リファラルのアクセスを増やす方法

リファラルのアクセスを増やす方法として考えられるのは以下の2つです。

  1. ニュースメディアなどと提携しコンテンツを配信する
  2. まとめサイトなどに取り上げられやすそうなコンテンツを作る

1のメディア提携はYahoo!ニュースやlivedoor ニュースなどといったニュースメディア及びグノシーやスマートニュースの様なニュースアプリと提携することです。コンテンツが提携先メディアに掲載されるとアクセスが爆発的に伸びる、というケースは多くあります。ニュース性が高い記事や幅広い層にウケるジャンルのコンテンツを配信している場合は必ず取り組みたいものです。

ニュースメディアへの記事提供例

 

自然に取り上げられるためには、「引用したい」と思われるコンテンツを増やす必要があります。具体的には調査データや用語解説などが考えられるかと思います。
しかしながら、確実性の低い施策になるので、優先度はかなり低いでしょう。

 

広告は最も簡単にアクセスを増やす方法と言えます。お金をかけて出稿すれば、ある程度のアクセスは必ず増やせます。
また、「どんな広告を出せばどれくらいのアクセスが増えるか?」のデータも予測がつくので再現性も高いと言っていいでしょう。

ここで当然問題になるのがコストです。より多くのアクセスを稼ぐにはより多くのお金が必要になりますし、広告にはストック性が一切無いので長期的にコストが下がっていくことはありません

 

広告のアクセスを増やす方法

基本的に予算を増やせばアクセスは増えます(出稿先は無限ではないので当てはまらない場合もありますが)。
しかしながら、広告は一般的にアクセスを増やすためではなくコンバージョンを増やすために使うことが多いでしょう。

自サイトのゴールに近いユーザーを集客できるのか、投資対効果は合うのかという視点で広告が必要かどうかを判断しましょう。

 

まとめ

集客経路の呼び方は、Googleアナリティクスに慣れていない人にとってはわかりにくく感じるかもしれませんが、英語の意味を理解してしまえばしっくりくると思います。アクセス解析の基礎なので、ぜひ覚えてください。

また、アクセス経路ごとの特徴を捉えることで、自社が注力すべき集客戦略がわかります。復習のために再度同じ表を掲載しておきます。


アクセス経路別特徴の比較表

半年から1年ほどサイトの運営をやっていると、「結局アクセス増やすならオーガニック増やさないと」という結論に至ることが多くありますが、それはオーガニックのストック性の高さが着実なアクセス増加に貢献してくれるからです。一方で即効性は低めなので、リスティングなどの広告でニーズが顕在化している層を逃さないようにすることも重要です。

どれかひとつの集客経路に依存している状態もリスクが高いため、集客戦略は複数の施策を組み合わせていくことを強くおすすめします。

自社に適した集客戦略構築の参考にしてください。

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。