【新人Webマーケター必見】アンカーテキストの役割を正しく理解して効果的なSEO内部対策を実施する

2182
Pocket

SEO対策において作成したページにアンカーテキストをつけた方が良いという話は知っているものの、その使用方法や効果について、実はあまり分かっていないというWeb担当者の方も少なくないようです。アンカーテキストを適切に記述することは、ユーザーにとってWebサイト上の利便性を高めることはもちろんですが、Web担当者なら誰もが気になるSEO、つまり検索順位にも関係していると言えばその重要性に気づくはずです。
そこで今回は、これまで何となく実施していた、知った気持ちになっていたアンカーテキストについて改めて解説していきます。

<おさらい>アンカーテキストの役割とSEOで果たす効果

アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、リンクを設定したテキストのことで、HTMLで記述すると以下のようになります。

<a href=”https://promonista.com”>プロモニスタ</a>

赤字になっている部分がアンカーテキストと呼ばれ、Webページ上は以下のように表示されます。

プロモニスタ

ブラウザ上では色付きテキストに下線で表示されていることが多いです。
このテキスト部分はクリックをすることができ、クリックするとHTMLの記述で指定したページにアクセスできるようになっています。

アンカーテキストの役割

アンカーテキストに大きく2つの役割があります。

  • ユーザーにとって遷移先サイトの内容が伝わりやすく、遷移しやすくする(ユーザビリティの向上)
  • 検索エンジンへリンク先がどのようなページかを端的に伝えられる(SEO)

このように、Webサイトやブログで何気なく使用しているアンカーテキストですが、適切に使用することで、ユーザビリティが高くSEOの効果のあるWebサイトになります。

アンカーテキストを最適化しなければならないSEO的な理由

先に挙げた2点のうち、Webサイトを訪れたユーザーが閲覧しやすい形で表示されていることは、直感的にも大切なことだとご納得いただけるはずです。
それでは、「検索エンジンにリンク先がどのようなページかを伝える」ことが、なぜ重要で、最適化をする必要があるのか。ここで簡単に解説をしていきます。

検索エンジンでは、クローラーというプログラムが、世界中のWebサイトを巡回しています。このクローラーはアンカーテキスト(aタグ)で構築されたリンクを介して、Webサイト(Webページ)を巡っています。

クローラー-用語解説

クローラーの意味とクローラビリティ改善の基礎【SEO用語解説】

あまりに耳慣れない「クローラー」という言葉ですが、SEO対策を実施するうえでは理解しておかなければなりません。 今回は、言葉の意味からクローラーに関して知って...

巡回中、クローラーはアンカーテキストを参考に、リンク先がどのような内容なのかを認識しています。そして、アンカーテキストとリンク先ページの内容(コンテンツ)はデータベースに登録(インデックス)され、検索エンジンはこの情報をもとに、様々な要素を総合的に分析して、Webサイトの表示順位を決めるのです。
Webサイト運営においてアンカーテキストをしっかり設定することは、検索エンジンから正当な評価を得るために必ず必要な要素です。

もう一手間のアンカーテキストで押さえておくべき4つのポイント

クローラーとアンカーテキストの関係は理解していただけたかと思います。
ここからは、SEOに効果的なアンカーテキストの使い方をお伝えしていきます。

①テキスト内には必ず上位表示を狙いたいキーワードを含める

SEO対策としてアンカーテキストの内容を考える際は、リンク先の上位表示を狙いたいキーワードを含めると、より効果的です。ただし、やみくもに上位表示したいキーワードを記述するのではなく、リンク先のページ内容とアンカーテキストの内容は必ず一致するようにしましょう。

また、キーワードを多用することも逆効果となるのでも控えましょう。

リンク先のページの上位表示を狙いたいキーワードを含んだ簡潔な文章、意味が通じる文言をアンカーテキストに設定し、検索エンジンも正確に評価できる状態にしましょう。

②抽象的ではなく具体的な内容を心がける

アンカーテキストはリンク先のページの内容がきちんと伝わるように書くことが原則です。
具体的・説明的なテキストにすることで、SEOに効果的かつ訪問者にも分かりやすいアンカーテキストになります。

良い例)「アンカーテキストの使い方
悪い例)「クリックして詳細を見る」「詳細はこちら」「http://□□□.jp/△△△(リンク先URL)

つまり機械的な文面ではなく、クリックしたい文章を意識するということになります。

③具体的“だけど”簡潔な文言で書く

上段で具体的な内容、と書きましたが、一方で説明的なアンカーテキストは控えてください。具体的と言われて、つい長文になってしまうことがありますが、行をまたぐような長文や、1つの文章をそのままアンカーテキストにすることは控えたほうがいいでしょう。

悪い例)「アンカーテキストでSEO効果を上げる正しい設定方法について、初心者の方にもわかりやすいように一からご説明させていただきます。

なぜなら長すぎるアンカーテキストは、ユーザー視点の閲覧性の観点からも親切な設計とは言えません。

目安として、上位表示を狙いたいキーワードを含めた単語2、3個を組み合わせたテキストにするか、要点を抑えた短い文言で、ひと目見てわかる内容が理想といえます。

④画像にリンクを貼っている場合の対策をする

バナーなど、画像にリンクが設定されている場合は、imgタグの「alt属性」にテキストを記述しましょう。検索エンジンは画像データに文字が含まれていても認識できませんが、「alt属性」に、本来ならアンカーテキストにする文言を記述することで、リンク先がどのような内容なのかを認識できるようになります。

リンクの設定で注意したい2つのポイント

リンク先の状態は必ずチェックしておく

前述のことを徹底しておけば、ひとまず基本的なアンカーテキストの設定はできたと言えます。この章ではさらに、アンカーテキストに関連した内容で知っておいたほうが良い注意点をご紹介します。
誤ったアンカーテキストの設定は、検索エンジンからペナルティを受けて、検索順位に悪影響を与える可能性もありますので、頭の片隅に記憶しておいてください。

スパムサイトへの「発リンク」

「発リンク」とはページから、他ページへのリンクが貼られている状態です。
一方で他ページからページへのリンクが貼られている状態が「被リンク」です。
外部ページへのリンクを貼る際は、リンク先Webサイトの安全性を確認する必要があります。スパムサイトやウイルス感染の危険性があるWebサイトなど、訪問者の不利益になるWebサイトへのリンクはペナルティを受ける可能性があります。

このようなWebサイト、またはその可能性があるWebサイトには、発リンクしないことが最善です。

隠しリンク・隠しテキスト

例えば、以下の項目に当てはまるような記述は偽装行為と認識されてしまい、SEOにおいて深刻な悪影響を与えることになります。通常の運営で行う可能性はゼロに等しいと思いますが、念のため覚えておくと安心です。

・白の背景で白のテキストを使用する
・テキストを画像の背後に置く
・CSSを使用してテキストを画面の外に配置する
・フォントサイズを0に設定する
・小さな1文字(段落中のハイフンなど)のみをリンクにしてリンクを隠す
(引用:隠しリンクと隠しテキストに関するガイドライン

アンカーテキスト設定のポイント

いかがでしたでしょうか。

アンカーテキストの付け方で一貫して伝えたいことは
“そのリンクをクリックしたらどんなサイトなのかがユーザーにわかりやすいように”設定するということです。
これらの作業は、最初のうちは大変に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど難しいことではないと気づくはずです。適切にアンカーテキストを設定し、手間をかけていくことで、SEOの成果が変わってきます。

ここまでいくつもの大切なポイントや注意点がありましたが、これらはあくまでWebサイトを整えるというレベルの話です。Webサイト全体のアンカーテキストを見直すことは、検索順位の向上に一定の効果を発揮する可能性がありますが、それだけやればいいわけではありません。

アンカーテキストの設定のポイントは理解できたけど、どのリンクをどう設置したらいいのかわからないという方は、こちらのサイトの内部リンク4つのポイントも参考にしてみてください。

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール SEOカウンセラー

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。