ユーザーにとって価値のあるコンテンツによって月間UU数・ページビュー数4.5倍を実現したコンテンツ追加成功事例

709
Pocket

日々、なんとなく検索エンジンを使っていると、それを当たり前だと思ってしまいますが、
自分が検索したキーワードに対して「役に立つ」と思える情報が出てくるのは、
検索エンジンの膨大な情報の中から「検索キーワードに適したコンテンツを選定する能力」が上がっているからです。

ここ数年で検索エンジンは「コンテンツの内容」を理解する能力を向上させており、
SEOにおいても、価値の高いコンテンツをサイト内にどれだけ持っているかが非常に重要になってきています。

そこで今回は、価値のあるコンテンツとはどんなものなのか、
といったことを検索エンジン集客の観点から考え、解説していきます。

さらにコンテンツ追加によってサイトのユーザー価値を高め、検索エンジン集客に成功した事例もご紹介します。

価値のあるコンテンツとはどのようなコンテンツなのか?

コンテンツの重要性は認識しているとしても、
よく言われる「価値のあるコンテンツ」が具体的にどんなものなのかは、
いまいちわからないという方は実は多いのではないでしょうか?

その答えはとてもシンプルです。

価値のあるコンテンツとは、
「(あなたが集客したい)ユーザーが知りたいと思う情報です。

あなたがコンテンツを通して集客したいユーザーがどんな人で、その人が知りたいと思う情報はどんな情報なのかを考えれば、それが価値のあるコンテンツかどうかは自ずと見えてきます。

もし自分がユーザーだった場合、この情報を知りたい、役に立つ、と思うか?
を常に考えましょう。

これがコンテンツ作成を行うにあたって最も基礎的で普遍的な考え方です。

しかしながら、自分の主観だけで、ユーザーが知りたいと思っている情報かを判断するのは難しいですよね。

実は、ユーザーがその情報を求めているかどうかを客観的に測る方法があります。

価値のあるコンテンツを知る鍵は、ユーザーの「検索キーワード」にあります。

検索キーワードは3種類に分類できる

検索キーワードから「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」を推し量るために、
まず検索キーワードの種類とその性質を理解する必要があります。

そもそもクエリは3種類に分類できます。
※ユーザーが検索エンジンの検索窓に打ち込むキーワードのことを、「クエリ」と呼びます。
コンテンツ追加を行う際には、それぞれのクエリ種別を意識した施策を進めていくことが大切です。

▼クエリの種類

1.ナビゲーショナルクエリ
2.トランザクショナルクエリ
3.インフォメーショナルクエリ

 

1.ナビゲーショナルクエリ

ナビゲーショナルクエリとは特定の商品、サービス名・会社名についての情報を得ることを意図したクエリです。
自社に関連するキーワードになるので検索回数は他の二つに比べて少ないものの、コンバージョン率は高くなります。
こちらのクエリに対してはコンテンツの追加というより、ランディングページ(サイトにアクセスする際に一番最初に見るページ)を最適化することが重要です。
例)「株式会社ウィルゲート」「サグーワークス」

2.トランザクショナルクエリ

購入や問い合せなど、何かアクションを意図しているクエリです。
2語、3語の複合キーワードで、商品やサービス(またはカテゴリ)+アクションを含んでいる場合が多いです。
購入や問い合わせなどを検討しているユーザーであるため、コンバージョン率も高い場合が多く、競合性、上位表示難易度ともに高いです。
例)「iPhone 修理」「サーフボード 中古 通販」

3.インフォメーショナルクエリ

インフォメーショナルクエリは、一般的な情報を調べるために検索するクエリです。
主に潜在顧客が検索するクエリであるため、コンバージョンには結びつきにくいですが、
検索全体の80%以上を占めており、流入数の拡大の上でも非常に重要なクエリです。
例)「結婚式 費用」「英会話 勉強法」

先ほどの3つのクエリを振り返ると、商品やサービス名そのものやその購入を意図する情報を検索しているユーザーよりも
一般的な情報を検索しているユーザーが圧倒的に多いことがわかります。

つまり8割のユーザーは一般的な情報を得るために検索しており、
そのニーズに応えることができる情報が、価値のあるコンテンツだということになります。

あなたのサイトが狙うべき検索キーワードとは

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを作成するためには、
インフォメーショナルクエリに注目する必要があることがお分かりいただけたかと思います。

次に気になるのは、自身がコンテンツを作成する際に想定すべき具体的なキーワードを知る方法ですよね。
一言にインフォメーショナルクエリと言っても、あなたのサイトに合ったクエリをしっかりと選定しなければ、コンテンツ追加の効果を得ることはできません。

キーワード選定と言われるこの部分が、コンテンツ追加によってアクセスを増加させるために最も重要となります。
キーワード選定の方法は様々ありますが、一般的な流れは以下です。

①自サイトに関係のあるキーワードを洗い出す

・Google Adwordsで候補キーワードを抽出
・サジェスト、関連語などから候補キーワードを抽出

②各キーワードについて競合調査を行う

・候補キーワードで検索した際に上位表示されているサイト、コンテンツの調査
・上位表示されているサイトのSEO状況の調査

③候補キーワードを精査し、以下の4つの観点から絞り込む

・ある程度の検索回数があるか
・自サイトもしくは自社製品の強みに適したキーワードか
・上位表示可能性は高いか
・ターゲットとなるユーザーが検索しそうか

自サイトやサービスに関連しそうなキーワードを1,000~2,000程度抽出し、競合調査、精査を行い、
コンテンツを作成する具体的なキーワードを抽出します。

※キーワード選定の具体的な方法と手順はこちらの資料でご紹介しています。より詳細に知りたい方は資料をご覧ください。

このような作業を通して、あなたのサイトや商品に関連する情報の中でユーザーに必要とされている情報が見えてきます
ここまで完了すれば、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成するだけです。

コンテンツ追加によってページビュー数が4.5倍になった事例

ここで実際にサイトにコンテンツを追加し、検索エンジンからの流入を倍増させた事例をご紹介します。

ご紹介するサイトは、病院検索ができるポータルサイトです。
こちらのサイトは「地域名×病院」という、ニーズが顕在化した検索キーワード(=トランザクショナルクエリ)に対しては以前から施策を行っていました。

狙っていたキーワードではある程度の集客はできていたものの、
それだけでは頭打ち感があり、訪問数・ページビュー数を増加させるための施策としてコンテンツ追加を行いました。

病院検索のニーズを持ったユーザーが検索する可能性のあるキーワードを洗い出したところ、
検索エンジン集客を強化するために効果的、かつユーザーからのニーズが高い情報系コンテンツとして、様々な病名とその症状、原因などのコンテンツが適していることがわかりました。

そこで、それぞれの病気に関する情報を求めて、
病名に関連するインフォメーショナルクエリで検索するユーザーに有益な情報を提供することを目的に
病名とそれに対する原因・症状・治療法を説明するコンテンツを作成しました。
例)「青あざ 原因」「アルコール依存 症状」「胃下垂 治療法」

コンテンツ追加の概要は下記になります。

概要

▼対象サイト:病院検索ポータル
▼追加ページカテゴリ:病名説明カテゴリ
▼追加キーワード:病名約3,000キーワード
▼ページ内のコンテンツ構成:「病名×原因」「病名×症状」「病名×治療方法」
▼ページ内テキスト量:約1,000文字

コンテンツイメージ_Sagooワークス

 

テキストを追加してから2ヶ月後には、下記のように訪問数とページビュー数に大きな成果が表れました。

コンテンツ追加成功事例_Sagoooワークス

今まで獲得できていなかった病名に関連する検索キーワードで上位表示されるようになり、
訪問数、ページビュー数が増加しました。

また、検索エンジン経由でサイトを見つけてくれるユーザーが増えたことで、新規訪問が増加し、
UU(ユニークユーザー)数も大きく増加しました。

広告掲載による流入数の増加は一過性のものですが、
コンテンツ追加によって増加した検索エンジンからのアクセスは安定的なものです。

また、しっかりとユーザーにとって価値のあるコンテンツを追加したことで、
ユーザーからのサイトへの信頼が高まり、ブランディング面でも効果を発揮します。

コンテンツ追加は、訪問数・ページビュー数の面でも、サイトのブランディングの面でも高いパフォーマンスを発揮するということが、
今回の事例からお分かりいただけたかと思います。

ここで一つの問題が発生します。
それは「3,000キーワード分のコンテンツをどうやって作成するか」です。

今回の事例では、病名に関する情報を約1,000文字ほどでまとめたコンテンツを3,000ページ分作成したわけですが、
一人の人間がこれを行うためには、膨大な時間がかかります。

コンテンツ作成にそれだけの時間や人員をかけることは、ほとんどの場合現実的ではありません。

そこで今回は、私たちが運営しているサグーワークスというクラウドソーシングサービスを利用してテキスト作成を行いました。

記事作成をアウトソースすることでコストはかかりますが、
コンテンツを増やすスピードと費用対効果を考えると、結果として安価に有効な施策を打てた結果となりました

コンテンツ追加の費用対効果_Sagoooワークス

上記は1年という期間で見た場合の費用対効果ですが、
1度追加したコンテンツはそれ以上の期間、訪問やページビューを集めます
ですから、1訪問あたりのコストは限りなく0円に近づいてきます

より早くコンテンツ追加の効果を実感するためには、出来る限り短期間に、大量のコンテンツを追加する必要があります。

その際に、クラウドソーシングサービスを利用することで、
自分たちでコンテンツを作成するのとは比較にならないスピード感で記事を作成することができます

コンテンツ追加による成果とコストを考慮しながら上手くアウトソースしていくことが重要となります。

Pocket

無料ebook

今すぐ見直すべきサイト内部リンク4つのポイント
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール SEOカウンセラー

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。