今村 俊介 シニアコンサルタントプロフィール

Pocket

今村 俊介

シニアコンサルタント(SEO・コンテンツマーケティング企画支援)
2011年入社。大規模サイト(求人、不動産、ブライダル、ECサイトなど)を中心に、中小から大手企業まで、データ分析をベースとしたサイト改善を得意とし、半年で検索エンジン経由のアクセスを2倍にするなどの実績がある。

経歴

千葉県出身
2011年03月 成城大学 社会イノベーション学部 心理社会学科​卒​
2011年​04月 新卒​入社 パートナーセールスユニット配属
2012年04月​ ​コンサルティングユニット配属 コンサルタント
2013年​10月​ ​コンサルティングユニット配属 ユニットリーダー
2015年​0​4月​ ​​コンサルティングユニット配属 シニアコンサルタント

受賞歴

2013年:営業月間MVP、営業QMVP、ベストプラクティス準優勝
2014年:ベストプラクティス優勝
2015年:ベストプラクティス3位
2016年:第2Q全社準MVP

主な実績

大手不動産サイト: Web集客改善支援・コンテンツマーケティング支援
ブライダルサイト: Web集客改善支援
転職サイト/オウンドメディア:Web集客改善支援・コンテンツマーケティング支援
アルバイト系求人サイトサイト/オウンドメディア:Web集客改善支援・コンテンツマーケティング支援
ECサイト/オウンドメディア:Web集客改善支援・コンテンツマーケティング支援
サロンサイト:Web集客改善支援・コンテンツマーケティング支援
※その他、主にDB関係のWebサイトにおいて実績あり

データを制するものがベストな成果を出せる  

コンサルタントとしてWebサイトの課題を把握し、施策を実施していく上で、データを分析可能な状態で継続的に取得することが基本だと考えています。

アルゴリズムの更新やサイトリニューアルなど内外の様々はイベントによって、順位が大幅に変更した際に、何が要因だったのか速やかに、かつ継続的に分析し次のアクションを実行できるようにデータを取得しておくことで、何が要因だったのかデータをもとに振り返り、次の施策につなげていくことができるのです。

私が分析に使っているツールは、主にGoogleアナリティクス、Search Console、GRC(順位チェックツール)の3つです。

Googleアナリティクスはカスタムレポートを5~7本作成し、GRCは、ディレクトリ単位で順位やアクセスの予測・状況を把握できるように設定します。Search Consoleでは、継続して履歴を取れるようにスプレッドシートのアドオンを入れて設定しておきます。

ここでポイントは、ディレクトリ単位でのデータを取得できるようにしておくことです。例えばカテゴリAのディレクトのみが上位した場合、アルゴリズムの影響なのか、コンテンツを強化したことが影響したのか、仮設を立てることが可能になります。これがページ単位だと数が膨大で原因が見えにくいのです。

コンサル経験で印象深い成功事例は

SEOで集客を伸ばす事例はたくさんありますが、一番印象に残っているのは、サイト内検索のデータを用いて、ユーザーの求めているニーズをくみ取り、コンテンツに反映したりサイト内導線を改善することで、大きくCVRを改善することができたことです。

サイトにアクセスしたデータを分析することも大事ですが、サイト内で目的のコンテンツを探すニーズから成果を上げることができたのは大きな発見でした。

自己紹介

私がWeb業界に興味を持った理由は、大学のゼミでメディアがどのように人に影響を与えるか、マーケティングにどのように活用できるかを学んだことがきっかけでした。

ウィルゲートに入社してからは代理店営業を1年経験し、その後現在のコンサルティングユニットに移動してから300件程度の企業様のWebサイトにかかわりました。特に求人サイトなど、システムが絡むサイトのコンサルティングに関わらせて頂きました。

趣味・特技

幼趣味は幼稚園から14年にわたってサッカーを続け、大学では小学生にサッカーを教えていました。現在も週末には仲間とフットサルを行っています。
また特技ではないですが、大学時代で4年間、個別指導塾で生徒の指導にあたるうえで、どのように伝えれば理解してもらいやすいか日々考え続け、教えることの楽しさを学びました。社内でもWebコンサルの研修などをメンバーに行っています。

執筆記事

Pocket