SEO・コンテンツSEO・コンテンツマーケティングの違いと関係性

843
Pocket

すっかり定着してきた「コンテンツマーケティング」ですが、その言葉に内包される範囲が広いことによって、色々な概念とごっちゃになって理解されていることが多いようです。
数多く存在する「○○マーケティング」という用語たちに疲弊している方も多いのではないでしょうか?

私達がメインで扱っている「SEO」も、コンテンツマーケティングとセットで語られることが多いです。
もちろんその2つは関連の深い言葉ですが、「コンテンツマーケティング=SEO」というようなざっくりとしたイメージを持っていたり、その2つが別物だとわかっていてもその違いを整理して理解できていない方がほとんどです。

ということで今回は、SEO、コンテンツSEO、そしてコンテンツマーケティングなど、普段なんとなく理解している部分を整理して解説していきたいと思います。

 

コンテンツマーケティング、SEO、そしてコンテンツSEOとは

まずは復習もかねて、それぞれの言葉の定義を確認してみましょう。

 

コンテンツマーケティングとは

ここではContent Marketing Instituteの定義を引用します。

Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.
出典:What is Content Marketing?

 

日本語でわかりやすいように意訳すると「コンテンツマーケティングとは、明確に定義されたオーディエンスに対して価値あるコンテンツを届け、最終的には利益につながる行動を駆り立てるというマーケティングアプローチである」となります。

 

SEOとは

SEOとはユーザーと検索エンジンの双方にやさしいサイトを構築し、検索結果により多く露出させるための考え方。また、そのための技術や手法のこと。

 

これはGoogleのガイドラインを参考に私たちが考えた定義です。
言わずもがなではありますが、検索エンジン上で見つけてもらいやすくためのあらゆる施策というところですね。

そして検索エンジンのアルゴリズムの進化によって、コンテンツの質の重要性が上がってきたことに伴い、使われることが増えてきた言葉がコンテンツSEOです。

 

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、根拠ある調査設計の元に良質なコンテンツをサイトに投入することで、サイトへの流入数の増加、売上の増加、多数のターゲットキーワードの上位表示を狙うSEO施策の方法です。
出典:コンテンツSEO | 株式会社セルフデザイン・ホールディングス

そもそも「SEO=外部リンク」というようなイメージが先行しているという前提があり、外部リンクを使ったSEOと区別するためにコンテンツSEOという言葉が使われているのだと思われます。
言葉の定義を読めば、コンテンツマーケティングとSEOが全く別の概念であることは明らかです。コンテンツSEOはSEOの一つの手法という位置づけですね。

コンテンツマーケティングにおいてもSEOにおいてもコンテンツが重要であることは同じですが、
検索エンジン集客(SEO)上の効果にフォーカスしたものがコンテンツSEO、
マーケティング全般における効果にフォーカスしたものがコンテンツマーケティングだと言えます。

 

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いを端的に表で表すと以下のようになります。

10コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違い

 

コンテンツマーケティングとSEOの関係性

コンテンツマーケティングとSEOの関係性は、ユーザーの購買段階をイメージする事で理解しやすくなります。
まずは以下の図をご覧ください。

図解:コンテンツマーケティングとSEOの関係性

言葉で解説させていただくと、
そもそも検索はユーザーによる自発的な行動であり、そこには多かれ少なかれ何かしらのニーズが発生していると考えられます。SEO対策で狙えるのはこの「検索する段階」にまで至ったユーザーだけです。

対してコンテンツマーケティングの場合、ユーザーと接点を持つ機会は検索エンジンのみに限られません。それぞれの段階のユーザーにとって最適な露出経路とコンテンツの内容を模索することになります。

さらにSEOは新規ユーザーとの接触が主となるのに対し、コンテンツマーケティングの場合リピート購入の促進・優良顧客化まで含まれます。

 

まとめ

コンテンツマーケティングとSEO、それぞれの位置づけは理解していただけたでしょうか?

SEOは、コンテンツマーケティングの目的を達成するための重要な手段になってくる場合がほとんどです。しかしながら、コンテンツマーケティングはそれだけでは語れません。

「検索する」段階にいないユーザーにアプローチするにはどうしたらいいのか、つまり「どのようなユーザーに、どのような価値を、どのように提供するのか」を考えるのはマーケティングの考え方そのものです。

そしてそのように考えれば、コンテンツを展開する場所は必ずしも自社ブログでなくてもいいですし、ターゲットユーザーにコンテンツを届けるよりよい手段が別にあるなら、”検索されるか”を考えなくてもいいことがわかります。

まずはターゲットユーザーを深く理解し、マーケティング戦略→コンテンツマーケティング戦略→SEO戦略という風に落としこんでいけば、「中身的には価値があるけど、検索ニーズがないからそのコンテンツは作らない」という本末転倒な事態は起こらないでしょう。

コンテンツマーケティングであってもSEOであっても、あなたのサイトの目的を達成するために適切な方法は何かをしっかり考えて実践することが大切ですね。

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。