記事が上位表示されなくなるやってはダメなこと

7596
Pocket

(この記事は2018年4月17日に掲載したものを加筆修正したものです)

非常に多くのコンテンツが検索上位を目指して日々公開されています。上位表示の競争がここまで激しくなっているからには、今まで以上にSEOを考慮し、戦略的にコンテンツを作りこむ必要があると言えます。

本記事では、既にSEOを考慮しながらコンテンツを作成しているウェブ担当者さま向けに、「よくあるコンテンツ作成の落とし穴」をご紹介します。今のコンテンツ戦略で結果が出ていないのであれば、いずれかに該当しているはずなのでぜひチェックしてみてください。

※注意
今回ご紹介するチェックリストはあくまでコンテンツの作り方が対象です。各主要タグや内部リンクの設置など、SEOの基本的な部分には触れておりません。

そもそもGoogleはコンテンツをどうやって評価しているの?

まずはGoogleがどうやってコンテンツを評価しているかを見てみましょう。Googleは「ページ単体の評価」と「サイト全体の評価」の2つの軸で評価していると考えられます。

検索エンジンの評価が高い

これをふまえた上で、本題をご紹介します。

コンテンツ作成で確認すべきチェックリスト

100位圏外の記事が多い時のチェックリスト

 icon-check-square-o titleタグ、hタグにキーワードを設定していない

icon-check-square-o 記事ページへの内部リンクを設置していない

icon-check-square-o 記事に対してテーマキーワードを設定していない

ここは基本的な項目です。コンテンツ作成の必須項目として実装しておきましょう。

100位~11位の記事が多い時のチェックリスト

ここでは次のステップに行くためのチェックリストをご紹介します。

 icon-check-square-o そもそも記事で狙えないキーワードを選定してしまっている

読み物系のコンテンツで狙えないキーワードを選んではいないでしょうか?

たとえば「渋谷 賃貸」というキーワードが該当します。このキーワードで検索すると、情報のリストページやサイトのトップページが出てきており、読み物系のコンテンツは上位表示されていません。

なぜならばこのキーワードで検索するユーザーが求めているのは賃貸物件の情報だからです。

読み物系の記事で上位表示化を狙う場合は、実際に狙っているキーワードで検索し、本当に狙えるかどうかを事前に確認しましょう。

 icon-check-square-o キーワードは決めているが、構成は指示していない

コンテンツの内容を完全にライターに任せてはいませんか? ユーザーが求めている情報が十分入っていない可能性があり、ページ単体の評価を上げることができません。その情報をきちんと記事構成に入れた上でライターに依頼をしましょう。

 icon-check-square-o ライティング・企画時に検索結果分析をしていない

自サイトのコンテンツ順位は、他サイトとの相対評価で決まります。今上位にあるページより評価されることが必須なのです。ですから、上位サイトの分析を必ず行い、不十分な要素やトピックを把握しましょう。そしてそれを元にどんな情報をユーザーに提供すべきかを決めなければなりません。

 icon-check-square-o サジェストキーワードの情報を詰め込んでいて文章の流れが不自然になっている

サジェストキーワードを無作為に埋め込んでいると、テーマキーワードとは無関係なキーワードが入る可能性があります。これはGoogleから高い評価を受けることができません。
上位表示されているサイトのテーマやキーワードを分析し、全て詰め込むのではなく戦略的に選別をするようにしましょう。

 icon-check-square-o 全部一律の文字数で作成している

キーワードごとにユーザーのニーズは異なります。ニーズに応えるようなコンテンツを執筆すれば、おのずと文字数もコンテンツごとに異なってきます。

何らかの理由で文字数制限をかけていた場合、その制約により必要情報を網羅しきれない可能性があります。

上位表示されているコンテンツよりも情報量が少ないとなると、結果としてユーザーニーズを満たせないことにつながります。

上位表示されているコンテンツがどれくらいの文字数なのか、きちんと確認した上で執筆をしましょう。

 icon-check-square-o コンセプトを大事にしすぎている

自社のサービスや商品のコンセプトを守ろうと頑張りすぎていないでしょうか? あまりにコンセプトを大切にしてしまうと、「伝えたいことだけ伝える」手前勝手なコンテンツになり、ユーザーが求める情報を提供できなくなってしまいます。

SEOで上位表示を狙うコンテンツにおいては、コンセプトを大切にしすぎず、あくまでユーザーが知りたいと思うことを掲載するようにしましょう。

 icon-check-square-o キーワードを入れれば良いと思っている

キーワードを詰め込めば上位表示される時代はもう終わっています。キーワードの使用回数ではなく、キーワードに紐づくユーザーのニーズを満たすようにしましょう。

 icon-check-square-o 1ページ作れば上位表示できると思っている

先ほど、ユーザーニーズを把握するために既に上位表示されているページを分析すべしと記載いたしました。しかし、そのページ内にユーザーが求めている情報の全てが掲載されているとは限りません。ユーザビリティを考慮して、ページを分割することがあるためです。

つまり、あなたが今見ている上位表示ページは、「ユーザーを意識して分割したページの1つ」であるため、ユーザーが求めている情報の「一部」しか載っていない可能性があります。

そのため、上位サイトを参考に1ページだけつくったところでユーザーニーズを満たせず、上位表示されていないことがあります。

10位以内の記事が多い時のチェックリスト

記事が10位以内に入っているということは、1ページ目に入っているということ。そのため大幅に何か修正する必要はありません。

特定のキーワードでさらなる上位表示を狙っていないのであれば、狙うべきは順位ではなく一記事あたりのオーガニック流入の増加です。

 icon-check-square-o 1キーワード1ページでコンテンツを作成している

複数のキーワードでも、一つのページだけで上位表示することができる場合があります。一キーワードに対して一ページなのではなく、一緒に狙えるキーワードをグルーピングすることで、少ない記事数でオーガニック流入を獲得できます。コストも抑えられるためサイトの収益性を高めることが可能です。

詳細は次の記事で閲覧できます。

収益性を高めるSEO記事のつくり方

(このコンテンツは2018年1月12日に掲載したものを加筆修正したものです) 【1章】コンテンツの目的に応じた投下費用を判断できていますか? 毎年多...

まとめ

以上がチェックリストです。当てはまった項目はいくつありましたか?

・0個
優秀なコンテンツディレクターです!その調子で続けてください!
・1個~4個
おしい!できなかった点を見直しましょう!
・5個以上
今すぐご相談下さい

いろいろなことを書いてきましたが、基本は「ユーザーニーズにページ・サイトで応えること」です。そのヒントは検索結果にあります。
Googleが上位に表示しているページ=ユーザーニーズに答えているページ/サイトです。困った時は、検索結果で上位表示されているページを分析してみましょう。

また弊社では、コンテンツ作成における問題を解決するサービスをご用意しております。無料で概要をご覧いただけます。特に上記のチェックリストで5個以上あてはまった方はご覧になってください。

本記事のサービス資料

お問い合わせはこちらから

下記フォームにお問い合わせ内容をご入力ください。通常1営業日以内にご連絡させていただきます。
お急ぎの方は、お電話でも承っております。
TEL:03-6869-0633

会社名
お名前
電話番号
メールアドレス
問い合わせ内容
Webマーケティング予算/月









個人情報のお取り扱いについて

 

Pocket



Y・ N
シニアコンサルタント(SEO・コンテンツマーケティング支援)2013年入社。市場と競合データから「読者目線とSEO両方の観点」で最適化されたコンテンツ企画~作成を得意領域とする。toB・toCを問わず100社以上での支援実績を持つ。