【利用目的別に比較】無料試用期間付きユーザビリティテストツール3選+有料ツール3選

163
Pocket

ユーザーにとって使いやすいWebサイトにすることは、簡単なように見えて実は非常に難しいことです。

 

Webサイトを閲覧しているユーザーとサイト運営者の心理には大きな差があります。この差を埋めなければ、ユーザビリティの高いWebサイトを作ることはできません。
このような理由から、ユーザビリティテストやユーザーテストの実施は非常に重要だと言えます。

 

また、テストはオンラインで行うものと、オフラインで行うものがあります。

 

オフラインでテストを行うためにはカメラやテストルームを準備するなど、非常に手間がかかります。一方で、オンラインでのテストではこのような手間がかからず、比較的安価でテストを実施することが可能です。

 

しかし、オンラインでのテストツールやサービスは数多くリリースされているうえに、具体的にどのようなアウトプットを得られるのかイメージがつきにくいため、どのツールを使ったらよいかわからない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、無料試用期間付きのユーザビリティテストツールとユーザーテストツールを特徴ごとにご紹介します。

 

ツール紹介

 

ghostrec

 

【無料試用期間付きユーザビリティテストツール】ghostrec

 

まったく新しいWEBサイトのユーザビリティ調査ツール – GhostRec.jp

 

日本語で使用することができるオンラインユーザビリティテストツールです。

 

アカウント作成後、100PVまで無料でテストを行うことができます。

 

このツールの1番の特徴は、不特定多数のユーザーに対して行うクイックユーザビリティ調査と、特定のユーザーに対して行うタスク型ユーザビリティ調査の2つの調査パターンが用意されていることです。

 

  • PV数で料金が変わる(500PV=10000円)
  • 動画撮影可能(音声なし、90日間保存)
  • ドメイン数無制限
  • 日本語サポート可
  • ヒートマップ使用可能
  • タスクを与えてテスト可能

 

USERDIVE

 

【無料試用期間付きユーザビリティテストツール】USERDIVE

 

UX解析ツール USERDIVE – 離脱ユーザーの全てが解るUX解析ツール「USERDIVE」、ヒートマップや動画分析でユーザー行動を可視化しUI改善します。

 

こちらも日本語で使用することが可能なユーザーテストツールです。

 

500PVまで無料でテストすることができます。通常プランでは、PV数とドメイン数によって料金が決定します。

 

このツールの特徴は、ヒートマップ機能が充実していることです。マウスヒートマップ・クリックヒートマップ・スクロールヒートマップ・ルッキングヒートマップの4つが使用可能です。

 

  • ヒートマップ機能が充実
  • 録画機能あり(音声なし)
  • 日本語サポートあり
  • フィルター機能あり
  • スマートフォン対応

 

usabilla

 

【無料試用期間付きユーザビリティテストツール】usabilla

 

Usabilla – A new standard in user feedback

 

こちらは海外のユーザーテストツールです。

 

通常のプラン(Small:$49、Standard:$89、Large:&199)それぞれに14日間の無料トライアルがついています。

 

このツールの特徴は、サイトのデザインなどに対してユーザーからの評価を得ることができる点です。

 

  • ユーザーからの評価を得ることができる
  • スマートフォン対応
  • ユーザーの感情の起伏をレポート化可能

 

動画から分析したい

 

【ghostrec、USERDIVE】

 

サイト内でのユーザー行動を動画から分析したい場合は、ghostrec、USERDIVEを使いましょう。

 

動画を分析することで、ユーザーが求めている情報をスムーズに見つけ出せているかどうか明らかにすることができます。

 

ユーザーにストレスを与えないためにも、紛らわしいようなサイトデザインやボタン配置をしないようにしましょう。

 

ちなみに、ghostrecの動画保存期間は最大で3ヶ月間となっています。

 

残念ながら、オフラインで行うユーザビリティテストのように音声を録音することはできないので、ユーザーがどのようなことを思っているのかといったところまではわかりません。

 

日本語でサポートを受けたい

 

【ghostrec、USERDIVE】

 

上記の2つは日本語でのサポートを受けることが可能ですが、usabillaでは今のところ日本語対応はしていません。

 

公式サイトによると、リクエストがあれば今後ほかの言語でのサポートも増やしていくとのことなので、いずれは日本語でのサポートも可能になるかもしれません。

 

ユーザーがどう感じているか知りたい

 

【usabilla、ghostrec】

 

Usabillaではサイト内の様々な要素に対して直接ユーザーからフィードバックをもらうことができます。

 

例えばこの商品の画像に対してどのような感情を抱くのか、といったことを選択式でユーザーに選ばせることができたり、直接コメントをもらうことができます。

 

ユーザーからどの部分の意見が聞きたいのかを自分で設定できることも、このツールの強みと言えるでしょう。

 

また、ghostrecでもタスク型ユーザビリティ調査を使えばユーザーの声を集めることは可能です。

 

このテストでは、こちらからユーザーに「サービスの価格を調べてください」といったようなタスクを与え、テスト終了後にサイトについてコメントしてもらいます。

 

ユーザーの行動を詳しく分析したい

 

【USERDIVE】

 

ユーザーの行動をより深く分析していくためには、ヒートマップが大きな役割を果たします。

 

そのヒートマップ機能が充実しているツールがUSERDIVEです。USERDIVEには前述のように、4種類のヒートマップ機能を備えています。

 

なかでもクリックヒートマップは、どの部分がどの程度クリックされているかを可視化することができます。これを活用すれば、リンクがないにも関わらず、紛らわしいデザインのせいでクリックされている箇所が一目瞭然です。

 

簡単に導入したい

 

【ghostrec】

 

 

サイトにコードを埋め込むだけで導入可能です。他に外部のソフトウェアなどを準備する必要はありません。そのため、比較的簡単に導入することができるでしょう。

 

難点としてタスク型ユーザビリティテストの場合、被験者を自分で集める必要があるため、若干手間がかかるかもしれません。

 

まとめ

 

今回ご紹介した無料試用期間付きユーザビリティテストツールやユーザーテストツールを活用することで、比較的安価かつ簡単にテストを行うことができるでしょう。

 

以下の表に、用途別おすすめツールをまとめたので再度確認してみてください。

 

無料試用期間付きユーザビリティテストツールの用途別比較表

 

また、無料試用期間はありませんがおすすめのツールやサービスを最後に紹介します。

 

無料のツールでタスク型ユーザビリティテスト行う場合、タスク設計や被験者の募集などといった作業工程があり、手間がかかってしまいます。「有料でもいいから簡単にテストを行いたい」という方には、以下に紹介するツールやサービスをおすすめします。

 

UIscope

 

有料のユーザビリティテストツール【UIscope】

 

ユーザーの本音を聞いてほしい|UX/UI改善ツール | UIscope

 

基本料金(スマートフォン、PC:5000円/1人、タブレット:10,000円/1人)に加えてスクリーニング(3000円~/1人)、動画ダウンロード(1000円/1人)というように追加オプション次第で料金が変わります。

 

こえきく-koekiku-

 

有料のユーザビリティテストツール【こえきく-koekiku-】

 

ユーザーテスト&リサーチによるサイト改善提案サービス|こえきく

 

4つのプランのうち、ユーザー行動分析プラン(90,000円)・パッケージプラン(160,000円)でユーザーテストを行います。

 

UserTesting

 

有料のユーザビリティテストツール【UserTesting】

 

UserTesting: Usability Testing Made Easy

 

プランはBasic($49)・Pro($225~1,250)の2つあります。いくつかの項目を設定して被験者を選ぶことができます。

 

ユーザビリティテストを実施することで、アクセス解析ではわからないようなデータを得ることができます。

 

コンバージョン率が伸び悩んで困っている方は、ぜひとも一度取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。