インデックス(index)とは何か?+インデックスを早める手法3つ【SEO用語解説】

1759
Pocket

SEO対策をしていると必ず耳にする「インデックス」という用語。
一般的には別の意味で使われている単語なので、慣れないうちは意味が理解しにくいですよね。

ということで今回は、SEO用語としての「インデックス」について解説していきます。

新人Webマーケターのれおが、Webマーケティング用語を勉強しています。
今回勉強する単語は「インデックス」です。

<登場人物>

小谷礼王

小谷れお[16卒内定者]

新人Webマーケター。16卒の内定者インターン。
入社と同時にぶっちぎりの成果を上げるために、Webマーケティング、主にSEO、コンテンツマーケティングについて勉強している。

 

藤森雅人

藤森雅人

新卒1年目のアカウントプランナー。れおと同じように内定者インターンをしていたこともあり、れおの勉強の手伝いをしている。

 

インデックスとは?

comment_photo

インデックスって何ですか?イマイチつかめません。

 

comment_photo

インデックスとは一言でいうと、Googleのロボット(=クローラー)がページを認識し、データベース化することを指します。インデックスされていない場合、Googleにページが認識されていないということになるため、検索結果に表示されません

特に更新頻度があまり高くない中規模、小規模のサイトはクローラーが回ってくる頻度が低い場合もあり、サイトを更新してもなかなかインデックスに登録されないことも。結果「検索してもうちのサイトが出てこない」「ページの情報を更新したのに、古い情報が上位に表示されてしまっている」という状況が起こります。

また、検索エンジンはクロールしたすべてのページをインデックスするわけではありません。ユーザーにとって価値が低い(=検索結果に表示する価値がない)と判断したサイトはインデックスしないので、まずはユーザーにとって価値があるコンテンツを持ったページを作ることが大切です。

 

インデックスに追加されているか確かめる方法

comment_photo

自分のサイトのページがインデックスされているかって、どうやって確かめればいいんですか?

 

comment_photo

ページのタイトルで検索して上位表示されればインデックスされていることは明確ですが、検索エンジンの特殊検索を使っても調べることができます。

 

Googleの特殊検索を使って、インデックスされているかを調べる方法

インデックスされているか調べたいページを開いて、URLの前に「info:」をつけて検索してみましょう。
数分前にアップされた記事で試してみると以下のような画面が表示されます。

info:検索の結果-インデックスされていない場合

この画面が出てきた場合、まだインデックスされていないということ。
これに対して数時間前にアップされた記事はちゃんと表示されます。

info:検索の結果-インデックスされている場合

 

ページのインデックス登録を早める方法

comment_photo

じゃあ、新しいページや更新したページをしっかりインデックスしてもらうためにできることはありますか?

 

comment_photo

通常、クローラーはサイト同士のリンクをたどってページをクロール、インデックスします。新しいページも、どこかからリンクされていれば遅かれ早かれインデックスされると思いますが、もちろん自分たちでできることもあります。

先ほど説明したとおり、ユーザーにとって価値がある情報だと判断されなければインデックスされないので、そこをクリアしていることは前提として、インデックスを早める施策をいくつか説明していきますね。

  1. Fetch as Googleで更新したページを送信する
  2. サイトマップ(sitemap.xml)を送信する
  3. RSSフィードを配信する

 

1.Fetch as Googleで更新したページを送信する

Fetch as GoogleはGoogleサーチコンソールの機能のひとつです。Fetch as Googleで更新したページを通知するとクローラーを呼ぶことができます

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

新しく書いた記事を5分以内にGoogleにインデックスさせる方法

最近花粉がものすごいですね。花粉症の人はなるべく室内から出たくないのではないでしょうか。 室内にいる時間が増えるのでついついブログの更新が捗ってしまうなんてこ...

 
ただ、更新頻度の高いサイトや、毎日多くのページが追加されるサイトにとっては、この方法は現実的ではないでしょう。確実に、即座にページ追加や更新をGoogleに伝えたい時以外は、下2つの方法をとることをおすすめします。

 

2.sitemap.xmlを送信する

sitemap.xmlは、検索エンジンのクローラーがWebサイト内のコンテンツを効率よくクロールするために設置するものです。
このsitemap.xmlを作成し、Googleサーチコンソールに登録することで、インデックスを促進できます。

sitemap.xmlの書き方は以下の記事を参考にしてください。

sitemap.xml-用語解説

sitemap.xmlの作り方と効果的な使い方【初心者向け】

検索エンジンのクローラーに、効率よくサイトをクロール/インデックスしてもらうためのひとつの手段として有効なsitemap.xml。 今回は、sitemap...

 

3.RSSフィードを配信する

sitemap.xmlが基本的にサイトのすべてのページを記述するのに対して、RSSフィードは更新されたページのみが記述されます。sitemap.xmlと同じように、RSSフィードをGoogleサーチコンソールから登録することで、検索エンジンにサイト更新を伝えることができます。


 

comment_photo

どのようなサイトでも実践できる手法を3つご紹介しましたが、可能ならばサイトの更新頻度を高めるというのも有効な施策です。基本的に、更新頻度が高いサイトはクロール頻度も高く、インデックス登録が早い傾向があるからです。他にも他サイトから多くのリンクをもらっていれば、クローラーに気付いてもらいやすく、結果としてインデックスされるのも早いなど、さまざまな要因が関連します。

 

comment_photo

インデックスする価値のあるコンテンツを、高い頻度で追加できれば理想的。とはいえ、すべてのサイトが頻繁に更新するのは難しいので、インデックスを促進できるような手法をとりつつ、最適化していくということですね!

<関連記事>

暮らしニスタ事例_コンサルタントが教えるSEO内部リンク対策

美人コンサルタントシリーズ第2弾:クローラーの泣く声が聞こえますか?インデックス率を高める内部リンク最適化戦線

サイトへのアクセスを増やすためにSEOに取り組むという方は多いでしょう。そういった場合まず考えるのが、サイトのページ数を増やすことではないでしょうか? しかし...

robot.txt-用語解説

robots.txtの書き方解説「クローラーを制御してインデックス効率化する」

SEO対策をしていると、ユーザーのためには必要だけど、検索エンジンにはインデックスしたくないページも出てくると思います。 そんなときに必要なのが、robo...

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

藤森 雅人
2015年新卒入社、アカウントプランナーとして新規開拓営業を担当。強みはサッカーで培ってきた無尽蔵の体力と鋼のメンタルだが、そのメンタルゆえに空気を読めないという弱みを抱えている。SEOやコンテンツマーケティングだけでなく、Webマーケティング全般について勉強中。