SEOコンサルタントがおすすめするSEOツール厳選まとめ7選

1758
Pocket

SEOを自分で進めていると、無料ツール使う場面が必ず訪れます。
無料で使えるものだけでも数十個はくだらない数のツールがあり、そのすべてを使いこなすことは、実質的には不可能です。

そこで今回は、SEOツール初心者が「これだけは使いこなせるようになっておきたい」ツールを厳選してご紹介します。

新人Webマーケターのれおが、SEO対策に関する勉強をしています。
今回はSEOツールについての勉強です。

 

<登場人物>

小谷礼王

小谷れお[16卒内定者]

新人Webマーケター。16卒の内定者インターン。
入社と同時にぶっちぎりの成果を上げるために、Webマーケティング、主にSEO、コンテンツマーケティングについて勉強している。

 

s

髙橋大希

入社初年度に2Q連続で営業MVPを獲得。2年目には月間個人実績1,000%達成。常にお客さまに最善の選択をしていただけるよう、徹底的な調査と分析に基づいた提案をすることがモットー。

 

comment_photo

リアルに使ってるSEOツールと、どんなときに、何を知るために使ってるのか教えてください。

comment_photo

良い質問だね! SEOは分析が命! そんな君に以下のSEO七つ道具を授けよう!

 

1.SEOチェキ

SEOチェキhttp://seocheki.net/

comment_photo

SEOチェキは、SEO分析をするうえでの頻出項目をスピーディーに出してくれるツールなんだ。
特に使う項目は「検索順位チェック」かな。
キーワードを入れてチェックを押せば、そのキーワードの順位を調べることができる。表示が非常に早くて使いやすい!
このツールの何がすごいかって、主要なSEOツールは大体網羅していて、出力した画面から大体他のSEOツールにリンクが付いてるんだ。だから気になるサイトはとりあえずSEOチェキにいれて、あとはSEOチェキのページから色んなツールに飛べるよ。

2.Ahrefs Site Explorer(エーエイチレフ サイトエクスプローラー)

.Ahrefs Site Explorerhttps://ahrefs.com/site-explorer
※一部有料

comment_photo

「狙っているキーワードでなぜか上位表示されない。」
「あの競合がなぜ上位表示されているのか気になる。」
そんな時にSEOの重要項目”被リンク状況”を調べるのがこのツール

comment_photo

よく調べる項目は

  • サイト全体の被リンク数
  • 対象ページの被リンク数
  • 被リンク元ページ(サイト)
  • 被リンク数の増減
  • アンカーテキスト

くらいかな。
対象サイト(ページ)の被リンク状況を調べるツールはこのツールを含めて主に3つある。その2つも教えておくね。
Open Site Explorer
Majestic SEO Site Explorer

comment_photo

この3つのなかでどれがおすすめとかってあるんですか? サイトによってはこっちがいいとか。

comment_photo

機能も出力される数値も、各ツール細かな違いはあるものの、とりあえず上に示した内容を見るだけならどれを使っても大丈夫。ただし、こういった被リンク調査ツールは全て独自のクローラーでサイトを調査しているので、実際の数値と異なることがあるから要注意。あくまで参考値として活用しよう。
また、クローラーによって被リンクの検出量が多めだったり少なめだったりという差があるから、競合比較するときには、対象サイトは全部同じツールで調べるようにしよう!
関連記事:ahrefsの使い方を覚えて競合サイトを丸裸にしよう!

3.SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWebhttp://www.similarweb.com/
※一部有料

comment_photo

シミラーウェブは業界内ではとても有名なサイト解析サービス。
調査対象サイトのアクセス状況を調べたい時によく使うね。
セッション数、滞在時間、平均PV数、直帰率のようなアクセス状況に加えて、流入元の割合(directかreferralsかsearchかsocialか等々)とその内訳を調べることができるよ。
そしてこのツールのすごいところは、自社サイトのみならず、競合サイトも調べることができること。ただし実際の数値と大きくずれることもあるから、こちらもあくまで参考値として見よう。

4.WayBackMachine(ウェイバックマシン)

WayBackMachinehttp://archive.org/web/

comment_photo

あらゆるサイトを定期的にアーカイブしてくれているサイト。
そのサイトが昔どんなサイトだったのかを調べたい時に使えるよ。競合がリニューアルして順位も好調なようだけど何をどう変えたんだろう? なんて時にこれを使うと、調査対象サイトの1年前の様子なんかもみることができる。
カテゴリは変わったか、トップページのコンテンツとして何がなくなって何が追加されたのか、CTAはどう変わっているのか、キャッチコピーはどう変えたのかなど、様々な観点で見てみると参考になること間違いなし!

5.GRC

GRChttp://seopro.jp/grc/
※無料でも使えるが基本有料

comment_photo

GRCは超高性能の順位取得ツール。
対象サイトとキーワードを登録してボタンを押すだけで順位を取得してくれるんだ。

comment_photo

順位の取得は、さっきSEOチェキで使ってませんでしたっけ? あえてGRCを使うのはなんでですか?

comment_photo

このツールは順位データを貯めていけることに大きな価値がある。
上位表示を狙っているキーワードを登録しておけば、どのキーワードがどれだけ順位が上がって、どのキーワードがどれだけ順位が下がったかを即座に把握できるから、サイトの異変にすぐに気づくことができる
対策キーワードが複数存在して、順位の推移を追っていきたい時や、競合の順位がどのように推移しているのか調べたい時はGRCって感じだね。

comment_photo

また、更にすごい機能が「100位追跡」! 指定したキーワードの上位100位のURLを抽出できるから、ずっと上位に上がっていたサイトがある日急に下がったり、ずっとくすぶっていたサイトが急に上がったりするのをリアルタイムに観察できる。急に順位が変動したサイトがあれば、原因分析してみよう! 自分のサイトに取り入れられるヒントがあるかもしれないよ。
ただし、Yahoo!は50位までしか取得できないので注意。

GRCは一応無料でも使えるんだけど、多機能さは有料にしないとほとんど感じられないかも。早めに有料に切り替えることをおすすめするよ。

6.Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーhttps://adwords.google.com/KeywordPlanner

comment_photo

こちらはGoogleが提供する、ド定番のキーワード調査ツール。
たいていは以下の2つの用途で使うよ。

  • 各キーワードの検索回数を調べること
  • 関連するキーワード候補を抽出すること

特にキーワード候補の抽出は、思いもよらないお宝キーワードに出会えることもあるのでアイデアに行き詰まったときには特におすすめ!

7.関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールhttp://www.related-keywords.com/

comment_photo

主軸キーワードを基に、他にどんなキーワードがあるのか調べたい時に使うツールといえばこれ! 検索キーワーを入れることで以下の3つの情報源からキーワードを取得してくれるんだ。

  • Googleサジェスト
  • 教えて!goo
  • Yahoo!知恵袋

関連キーワード取得ツール-賃貸

comment_photo

特にサジェストは複合キーワードを調査するのにとても便利だし、教えて!gooやYahoo!知恵袋ではそのキーワードで一般の人がどういう情報を知りたがっているのかを調べられる。例えば「賃貸」で取得してみるとサジェストでは「賃貸×地域名」を中心に色んな賃貸の掛け合わせキーワードがでてくる。
一方で教えて!gooやYahoo!知恵袋では賃貸にまつわるユーザーの色々なニーズを汲み取ることができる。「分譲賃貸マンションの近所付き合い」「賃貸契約は対面で行わなければいけない?」などなど。コンテンツのアイディアが次から次へと湧いてくるね。

comment_photo

主要どころだとこんなものかな! 他にも細かい技術的なところを調査するツールとか色々あるけど、まずはSEOの大枠を把握するために使えるようになっておきたいツールを集めたつもり。

競合比較ツール SEOカウンセラー

comment_photo

ツールを使うイメージがわきました! ありがとうございます。それにしても便利なツールがたくさんあるんですね。

comment_photo

そうそう、便利なツールといえば、うちの会社もツールを提供してるんだよ! SEO競合比較をしてくれるツール「SEOカウンセラー」だ。
この記事で使い方を説明してるから、よかったら見てみて!
SEOカウンセラー 競合比較ツール

【業界初!競合比較ができる無料SEOツール!】競合サイトの施策状況を丸見えに!

最近では、自社でSEO対策を行っている方も多いと思いますが そんな時に大変便利な無料SEOツールのご紹介になります。 【SEOカウンセラー】 http...

comment_photo

これはどんなときに使えるツールなんですか?

comment_photo

SEOカウンセラーは、ひとつの画面で競合10サイト分のデータを出せるのが魅力だね。他のツールは1サイトずつ調べて一覧を作らなきゃいけないけど、SEOカウンセラーはボタンひとつで比較表の形式で表示されるんだ。
タイトルやh1を見れば、検索キーワードに対して競合がどんなコンテンツを作っているのかわかるし、被リンク状況をみれば上位表示しているサイトとどれくらい差がありそうかなどの概要把握も簡単!

▼SEO関連情報が一覧で表示される
被リンク情報

 

comment_photo

ありがとうございます! 使ってみます!

新人Webマーケター的まとめ

ブックマーク必須!
新人Webマーケターが使うべきSEOツール7つまとめ。
1.SEOチェキ
2.Ahrefs Site Explorer
3.SimilarWeb
4.WayBackMachine
5.GRC
6.Googleキーワードプランナー
7.関連キーワード取得ツール
おまけ:SEOカウンセラー

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール SEOカウンセラー

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

髙橋 大希
入社初年度に2Q連続で営業MVPを獲得。2年目には月間個人実績1,000%達成。常にお客さまに最善の選択をしていただけるよう、徹底的な調査と分析に基づいた提案をすることがモットー。SEOは誤解の多い業界だからこそ、表面的なソリューション提供しかしない業者もいます。そんな業者に振り回されるクライアントを一社でも減らし、WinWinな関係を築くことがミッションです。