301リダイレクトとは

Pocket

301リダイレクトとは、URL転送処理のうち原則として恒久的な転送に用いられる処理のことです。HTTP/1.1のステータスコード上では「301 Moved Permanently」という表現がされます。

似たような使い方をする転送処理に302リダイレクト(302 Found)というものがありますが、これはユーザのアクセス環境(地域やデバイス)ごとに返答するURLを振り分ける場合など、あまり恒久性のない転送に利用する事が多いです。

301リダイレクトを使用するケース

恒久的な転送は、wwwサブドメインの有無を統一する際や、トレイリングスラッシュ(URL末尾の/)の有無の統一、サイトリニューアルに伴うサイト構造が変化した場合の恒久的なURL転送を行う際、及びサイトドメインが変更になった場合の転送などに利用します。

301リダイレクトのSEO期待効果

SEO的な観点からみると、wwwサブドメインの有無等で重複コンテンツが生成されてしまっていたりすると、検索エンジンからの評価が下がることがあります。301リダイレクトを利用してURLの正規化を行うことで検索エンジンからの評価が下がることを避けることが期待できます。

301と302リダイレクトは使い分け

301リダイレクトと302リダイレクトは使い分けが難しいですが、Googleでは主に下記のような処理を行う材料にしています。

301リダイレクト

恒久的な転送が行われている可能性が高いため、転送元のコンテンツではなく、転送先のURLに存在するコンテンツをインデックスし評価する。その際、転送元にあったランキングシグナルは転送先のインデックスと紐付けられる。

302リダイレクト:

一時的な転送が行われている可能性が高いため、転送先のURLがいつまで存在するか判断がむずかしい。そのため転送元のURLに存在するコンテンツをインデックスし、URLに紐づくランキングシグナルは全て転送元のURLに紐付けたままで保持する。

ただしここで覚えておいてほしいことは、Googleは必ずしもサーバから返ってきた転送のステータスコードをそのまま採用するわけではないということです。

301と302の一時的かどうかという判断基準は曖昧で、サイトオーナーが必ずしも正しく設定しているとは限らないため、Google側がおそらくこういう処理をしたいのだろうと、勝手に判断することがまれにあります。
その為、302リダイレクトで設定しているのにもかかわらず、301リダイレクトが設定されていた場合と同じ処理が行われることもあります。

Pocket