alt属性とは

alt属性(オルト属性)とは、htmlのimg要素やinput要素で画像を表示させる際、その画像の代替テキストを指定するための属性です。代替テキストは画像が表示できないブラウザなどでアクセスした際に、その画像のかわりにテキストで表示されるものです。

alt属性タグ

altタグ設定の有効性

現在では画像の表示できないブラウザはほぼ使用されなくなりましたが、ネットワーク環境によっては画像の読み込みに時間がかかる場合があり、読み込みが完了できない場合にalt属性の代替テキストが表示される場合もあります。

そのためalt属性には、ネットワーク環境の影響等で読み込みが完了できない場合においても、画像の内容を端的に表示することで、ユーザビリティに対応する必要があります。

alt属性の有効性alt属性とSEOの関係性

ページ内にある画像のalt属性に、上位表示をしたいキーワードを記述してもそのページの評価が上がることはありません。また、古いブラックハットなSEOの手口に、alt属性に大量にキーワードを埋め込むという手法もあったので、最悪の場合Googleにスパムと判定される可能性もあります。しかし、適切なalt属性を設定することにより、その写真の内容が何であるかをGoogleに伝えることができます。Googleの画像検索などでは、alt属性の内容を検索順位決定の要因として採用しています。

またhtmlではリンクのアンカー部分を、img要素等を利用して画像リンクにすることができます。しかし、Googleは画像の内容が何であるのかを完璧に判断することはまだできません。その為、画像リンクにするとアンカーテキストのSEO的な効果を発揮することができなくなります。リンクアンカーにしている画像のalt属性を正しく設定することで、Googleにリンク先の情報を適切に伝えることができます。

alt属性の省略

例えば、ページ上のデザインのためにおいてあるただの線の画像など、コンテンツとしての要素を持たない装飾用画像には代替テキストを置く必要はありません。HTML5ではこのような場合、alt属性の記述を省略することが可能です。HTML4やXHTML1.1では「alt=””””」のように、空データを記述します。