ブラックハットSEOとは

Pocket

ブラックハットSEOとは、Googleが定めるガイドラインに反した方法で検索順位を上げようとするSEO手法のことです。一方、反対の概念に「ホワイトハットSEO」があります。Googleのガイドラインに沿った施策方法を指します。

ブラックハットSEOの代表例

外部施策におけるブラックハットSEO

コメントスパム

誰でも書き込めるブログのコメント欄に自サイトのURLを貼り付け、被リンクを獲得する手法となります。

自作自演リンク

業者や外部サイトからリンクを購入する方法です。

リンクファーム

一定のサイト群で相互にリンクをするという手法です。

内部施策におけるブラックハットSEO

隠しテキスト

背景と同色にしたテキストを既述し検索エンジンにだけキーワードとして認識させるものです。

ワードサラダ

WEBページのテキストを自動生成する手法のことで以前、自作自演リンクのための媒体を作るためによく使われていました。文法は一見問題がないように見えますが、文章の意味が支離滅裂になっていることが大きな特徴です。

クローキング

検索エンジンとユーザーへ読ませるコンテンツを出し分ける手法です。

キーワードの詰め込み

上位表示対象キーワードを必要以上にページ内に記載する手法となります。

ブラックハットSEOが行われてきた背景と現在

以前は前述のような安易なブラックハット手法で上位表示することが比較的容易でした。しかしながらGoogleアルゴリズムの進化によりこうした手法を用いているケースに対して「ペナルティ(Googleによる順位下落処置)」が与えられるようになったため以前と比べてブラックハットSEOで成果を上げ続けることは困難になっています。

Pocket