直帰率とは

Pocket

直帰率とは、ユーザーが最初に訪れたページから他のページに移動する事なく離脱した割合を表す指標です。

直帰率の計算式

直帰率= 1 ページのみのセッション数 ÷ すべてのセッション数

GoogleAnalyticsを使えば簡単に直帰率を調べることができます。例えばサイト全体の直帰率は、ユーザー>概要から確認することが出来ます。

直帰率

直帰率が高いと何が問題なのか?

直帰率とは「複数ページ」を見る事なく対象Webサイトを離れた割合を意味している為、当該サイトにおける訪問者の満足度は低い状態であると言えます(※FAQのように特定の調査ニーズを端的に満たすことを目的としているようなケースは別です)。
また、直帰率の高低はページ/セッション、平均セッション時間などにも影響します。

何が原因なのか?

代表的なものを下記にあげます。

1.ユーザーのニーズにコンテンツの内容が一致していない

検索クエリの背景にあるユーザーニーズに沿った、タイトルやコンテンツが適切に設計されていない可能性があります。直帰率の高いページを洗い出し一つ一つ見直しましょう。

2.表示速度が遅い

URLにアクセスしてから表示されるまでの速度が遅い場合、ユーザーは待ちきれず離脱してしまいます。また、Googleはページの表示速度をアルゴリズムに入れておりSEOの観点でも重要となります。

3.サイト内を回遊するためのUIが最適化されていない

仮に上記1や2に問題がない場合でも、他のコンテンツに誘導する仕掛け、つまりUIが最適化されていないと直帰率は高くなります。

直帰率に目安はあるのか?

Webサイトの直帰率に関する目安は、対象のサイト構成やユーザー属性によって変化する為にこれと言った目安は存在しません。定期的に数値をモニタリングしつつ改善の余地のあるページの有無をしっかりと確認することを心がけましょう。

Pocket