CPA(Cost Per Action)とは

CPA(Cost Per Action)とは、WEB広告を利用した際に効果を検証・判断するための評価指標のひとつです。

CPAとは何か?

CPAは1件の成果獲得(CV/コンバージョン)にかかるコストで、顧客獲得単価のことです。

コンバージョンとは広告をクリックしたユーザーから成果を獲得したことを意味しており、具体的には商品購入・サンプル商品購入・無料登録などがそうです。

CPAを知るための計算式は、下記となります。

計算式 広告費用 ÷ コンバージョン件数(商品・サンプル商品・無料登録など)

広告を出している企業側からは、CPAは1件の成約を獲得する時に支払うコストで、広告費用に対してコンバージョン件数が多い程に、お金がかからずに見込み顧客を獲得可能です。

反面、多くの広告費用を使用した割にあまり見込み顧客がコンバージョンしない場合は、顧客を獲得する時の単価が低くなります。

CPAは広告を出稿した際の費用に対して、どの程度の顧客単価で見込み顧客を獲得できたのかを判断する時に使用する指標です。

CPAの具体例とは?

企業は広告出稿をする際の広告費から目標CPAを算定し、最低でもCPAを4000円程度にするなどの判断をします。

例:広告費予算100万円 目標CPA1,000円の場合

100万円 ÷ 1,000件(コンバージョン件数) = 1,000円

ただし、目標CPAはコンバージョン件数に依存しますから、必ず予想通りにはいきません。そのためにはコンバージョンしやすい、つまりユーザーがクリックして、成果に繋がる行動を取ってくれる稼げるキーワードを選択する必要があります。

WEB広告を利用したことがある企業は、CPAを高く獲得できたキーワードから関連語句を洗い出すことで、ユーザーが潜在的に商品を求めている時に、検索する語句を推定することが可能です。そうすることで、よりユーザー体験を高めるキーワードに対して広告を表示可能となります。

CPAを理解して活用することは、高い顧客獲得単価を得られるとともに、運営している企業が狙うべきユーザー属性を理解することにも繋がります。

また、多くのユーザーからコンバージョンさせることができれば、それだけ多くの見込み顧客を獲得可能です。