CPC(Cost・Per・Click)とは

CPC(Cost・Per・Click)とは、WEB広告を利用した際に効果を検証・判断するための評価指標のひとつです。

CPCとは何か?

CPCはクリック単価の事で、広告への1クリックを獲得する時のコストのことです。

ユーザーが広告をクリックしてくれた時に、事前に契約したクリック単価が支払われる仕組みになっています。

CPCを知るための計算式は、下記となります。

計算式 広告費 ÷ 広告で獲得したクリック数 = クリック単価

CPA(顧客獲得単価)はユーザーがどれだけ広告をクリックしたかによって決まるので、広告出稿時に重要となる評価指標はCPCとなります。

具体例: 広告費予算100万円・CPC100円の場合

費用: 100万円
目標CPA: 1,000円 (顧客を1人得る為の費用)
CPC: 100円(1クリックあたりの広告費用)

上記の例の場合は予算100万円に対してCPCが100円に設定され、10,000クリックまで広告を出稿可能です。

その際に10,000クリックの内にどれだけコンバージョンしたのかを図る評価指標がCPAとなります。

CPCはなにが重要か?

SEO対策をしているとユーザー需要がどんなキーワードにあるのかを判断する事は極めて難しく、だからこそWEB広告を出したい企業はCPCを安く抑え、かつ高いCPAを得られるキーワードを選ぶ必要があります。

費用がかかり、かつそこまでクリックされない上に、そこまでコンバージョン件数も伸びないパターンもあり得ます。

重要なのはクリック保証型の広告を利用しつつ、費用とCPCを低く抑えながら高いCPAを得られるキーワードに対して広告を出稿する事です。

企業として広告を通じた見込み顧客獲得戦略の間に、費用の割にコンバージョン件数が多かったなら、それはCPC(1クリックあたりの費用)に対して高いCPA(コンバージョン件数)を得られた証拠です。

そのような旨味のある事例を検証しながら、費用対効果の高いキーワードに広告を出す施作を心がける事をお勧めします。