meta description(メタ・ディスクリプション)とは

Pocket

meta descriptionとはheadセクション内のメタ要素に記載する、ページの概要を表すためのテキストです。HTMLのソースで<meta name=“description” content=”〇〇〇”>の〇〇〇の部分がページの内容を表すものになり、検索エンジンの検索結果の時に表示される説明文です。

また、descriptionにSEOキーワードを記載しますが、現在のGoogleでは検索順位の上昇効果はありません。

meta descriptionの検索表示

meta descriptionに記載されたテキストはGoogleの検索結果画面に表示されます。そのため、ここに正しくページの内容を記載することにより、検索ユーザーを適切に自サイトに誘導することができます。
かつてはGoogleの順位結果決定要因として利用されていたようですが、現在のGoogleはmeta descriptionの内容を考慮することはないと断言しています。また、meta description内に書かれているテキストがそのままGoogleの検索結果に表示されるわけではなく、検索クエリに応じて、Googleが適切(?)に生成しなおして表示することが多いようです。

またmeta descriptionを記述することは強制ではなく、仮に記述しなかったら多くの場合で本文はじめの100文字程度が検索結果に表示されます。
Google検索結果に表示される文字数はスマホ版で70文字程度、PC版で120文字程度のため、その範囲に収まるように書くと検索結果で綺麗に見せることができます。

meta descriptionのCTRへの影響

検索ユーザーは検索結果に表示されたページの中でも、自分の求める情報がありそうなページにランディングします。そのため、各ページを訪れるユーザーがどのような情報を求めているのかを意識して記述することがCTR(クリック率)に大きく影響します。

meta descriptionのCTRへの影響ユーザーが検索したキーワードがmeta descriptionの文字に一致するとボールド(太文字)表示されるためCTR(クリック率)が上がると言われています。

Pocket