nofollow属性とは

Pocket

nofollow属性値を利用することでGoogleのクローラーに対し、リンク先への受け渡しを行わないように伝えることができます。

nofollowを設定

nofollowの記述方法

nofollowは原則としてrel属性の属性値もしくはcontent属性の属性値として利用します。
使う場所としてはリンクを設置する個々のaタグの中もしくはheadセクション内のmetaタグ内です。
個々のリンクに設置することで、そのリンク先のページに、metaタグ内に設置することでそのページに記載されているすべてのリンクのリンク先のページにPageRankが受け渡ることを禁止することができます。

metaタグ内記述例:

<head>
<meta name="robots" content="nofollow" />
</head>

aタグ内記述例:

<a href="http://example.com" rel="nofollow" />PR渡したくないリンク</a>

nofollowを使用する状況

nofollow属性は不正であったり意図しないPageRankの受け渡しが行われるのを防ぐためにGoogleが導入した属性です。
主に下記のような状況において使われることをGoogleが推奨しています。

信頼できないコンテンツ:

サイトのリンク先のページのコンテンツが保証できなかったり、保証したくない場合。
例えばインターネットセキュリティに関する記事を書いていて、その中でスパムサイトの例を表示したいときなどがこれにあてはまります。

参考例としてURL(リンク)は載せたいが、その先のコンテンツはスパムなので保証はできないという場合に、nofollowを使っておけば安心です。

有料リンク:

Googleのウェブマスターガイドラインにもあるように、金銭やそれに値するものを対価に、リンクを集め検索結果の順位を不正に操作することをGoogleは禁止しています。しかし有料でリンク広告をすることはウェブのエコシステムの重要なファクターですからそれを禁止することはできません。ページ内に広告を貼ってもらって、そのリンク経由で集客をすることは悪いことでは無いからです。
しかし、そのリンクでPageRankの受け渡しをしてしまい、自然検索の順位に影響を与えてしまうと、検索ユーザーの利便性を損ないます。
そこで、広告である有料リンクにはnofollowを設置することが推奨されています。

クロールバジェットの優先順位:

Googleのクローラーにはクロールバジェット(この名前はGoogle公式のものではないですが)というものがあり、1つのサイトに対してどれほどのURLをクロールするかの上限があります。この上限はサイトの状況によって変動するので、どれくらいのものなのかはサイトしだいです。また、よほど大規模なサイトでも無い限り、あまり気にすることでもないですが、確実にクローラーがアクセスする必要のないURLというものもサイト内には存在します。例えばログインが必要なページなどは、そもそもクローラーがアクセス出来ませんので、最初からnofollowを指定しておくことで他のページへ優先的にクロールするよう促すことができます。

Pocket