noindexとは

noindexをheadセクション内のメタ要素に記述することで、検索エンジンに対してそのページをインデックスさせたくないという命令をすることができます。

noindexの使用について

noindexは基本的にあまり多用するものではありませんが、次のようなケースでは適切な利用をすることでSEO的にもユーザビリティ的にも有効に使うことができます。

テスト環境のページや準備中のページ

主に利用する場合としてテスト環境のページや準備中のページなどが挙げられます。テスト環境や準備中のページは一般に向けて公開するためのものでなく、サイト管理者がアクセスできさえすれば事足りるものです。そのため多くの場合ではパスワードをかけて認証が必要になるように設定しますが、万が一クローラーがアクセスできてしまった場合や、サーバーの環境上認証設定ができない時のことを考えてnoindexを設定しておくと安心です。

検索結果に表示させるとユーザビリティを損ねるようなページ

サイトのコンテンツ構造上絶対に必要ではあるものの、検索結果に表示させるとユーザビリティを損ねるようなページにもnoindexを設定しておくとよいです。たとえば、サイト内検索の結果ページなどが良い例です。Googleの検索結果から流入したページが、また同じような検索結果のページであった場合ユーザーを混乱させかねません。そのため、そのようなページにはnoindexを設置するようにしましょう。

noindexの乱用に注意

パンダアップデートが発動されて間もない頃は、品質の悪いコンテンツのページが多数インデックスされていると、Googleからの評価がサイト単位で下がるため、多くのサイト管理者が質の悪そうと判断した(例えばコンテンツ量が明らかに少ないなど)ページにnoindexを設定しました。しかしユーザービリティのことを考えるなら、検索結果から流入してもあまり意味のないページがサイト内にあることの方が問題です。本来であればそのページのコンテンツの方を見直すべきなのです。
「このページはちょっと内容が薄いから~」という理由でnoindexを乱用することはお勧めできません。