クオリティ アップデートとは

Pocket

クオリティ アップデートとは、Googleがコンテンツの品質向上を目的に、アルゴリズムを全体的に刷新することです。

Googleはアルゴリズム更新をほとんど発表することはありませんが、順位変動が多くのサイトで起こるような大規模な更新の場合は、インタビュー時に認めることがあります。2015年5月に行われた「クオリティ アップデート」はGoogleが認めた数少ない更新の一つです。

Googleによる大規模アップデートの状況

1.クオリティ アップデートは、アルゴリズム全体が対象

アルゴリズム全体を対象としたアップデートであることが明らかになっていますが、具体内容としては「コンテンツの品質評価に関する更新」という以外はわかりません。SEO業界では「広告・リンク・複製が多くオリジナル・コンテンツが少ない」「自動リンクプログラムといった検索エンジンを欺く行為」といった、低品質なサイトの評価を下げるものと考えられています。

2.低品質サイト排除ではペンギン/パンダアップデートも著名

他の大規模更新としては、特定のサイトに限定したものと考えられていますが「ペンギンアップデート」、と「パンダアップデート」があります。これらもアップデートが明らかになった数少ない例です。いずれも低品質なサイトの排除が目的と考えられています。

3.新技術を追加利用するためのアップデート

低品質の排除ではなく、新技術による高品質化を目的としたアップデートも行われています。

「ベニスアップデート」は、検索結果にユーザーの位置情報を反映するGoogleのアルゴリズム刷新のことです。検索クエリにはお店のジャンルだけ入力し現在地付近の地名や駅名を入力せず検索すると、現在地付近のお店だけが結果表示されます。スマートフォンなど位置情報がわかるデバイスを利用している際は便利です。

「ハミングバードアップデート」は、会話文のような検索クエリが入力されても文脈や背景を理解して検索結果を返すGoogleのアルゴリズム刷新のことです。「渋谷 ラーメン」と検索クエリに渋谷付近のラーメン店おすすめサイトが表示されます。音声検索にも有効な技術です。

「モバイルフレンドリーアップデート」は、スマートフォン利用に最適化されたサイトが、モバイルでの検索結果表示で優遇されやすくなると、Googleが公表したアルゴリズム刷新のことです。

4.Googleアルゴリズムのアップデートがリアルタイムに

アルゴリズムのアップデートは、以前は手動でしたが、現在は自動でのリアルタイム更新になってきています。そのため以前のようにアナウンスされることがなくなっています。

Pocket