A/Bテストを検討中の方必見!アナリティクスウェブテストのやり方とメリット・デメリット

237
Pocket

A/Bテストを自分のサイトに導入するためには、A/Bテストツールを導入するのが一般的です。

 

色々な種類があるA/Bテストツールですが、アクセス解析ツールとして導入している方が多いGoogleアナリティクスもその一つであり、Googleアナリティクスのウェブテストという機能を使うことで、A/Bテストができます。

 

既に使っているツールだという理由で、まずはGoogleアナリティクスを使ってテストしてみようと考える方も多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな方のためにGoogle アナリティクスでA/Bテストを行う場合のメリット・デメリットそしてGoogleアナリティクスウェブテストの各種設定方法についてお話していきます。

 

Googleアナリティクスウェブテストを使うメリット・デメリット

 

Googleアナリティクスウェブテストの導入方法をお伝えする前に、本当にGoogleアナリティクスウェブテストでいいのだろうか?と思う方のために、まずはGoogleアナリティクスウェブテストを使用するメリット・デメリットをご紹介します。

 

Googleアナリティクスウェブテストを使うメリット

 

Googleアナリティクスウェブテストを使用するメリットは3点あります。

 

  • 使用コストがかからない
  • 訪問者の興味がわかる
  • ユーザーのページ内での動きがわかる

 

上記の3点に関してひとつずつ解説していきます

 

使用コストがかからない

 

今世の中に多くあるA/Bテストの多くは、ツールを使う際にお金がかかることが多いです。お試しキャンペーン等無料期間があるものもありますが、継続的に使用する際はどうしてもお金がかかってしまいます。

 

それに比べGoogleアナリティクスは永年無料で使用することができます。これは非常に大きなメリットです。効果があるかわからないものにお金をかけるのは難しいという場合は、まずはGoogleアナリティクスウェブテストを使用し、より高度な分析や機能が必要になったら他の有料A/Bテストツールに切り替えるとよいでしょう。

 

訪問者の属性や興味がわかる

 

Googleアナリティクスのデータと連携できるため訪問者が何に興味を持って訪問してきたのかがわかります。これはGoogleアナリティクスの「ユーザー」や「集客」などから確認することができます。

 

ユーザーのページ内での動きがわかる

 

ヒートマップ機能が付いているような有料ツールには劣りますが、Googleアナリティクスの「ページ解析」ではページ内リンククリック率などを確認することができます。例えばランディングページのA/Bテストを行った際、変更箇所は一番上の画像やキャッチコピーだけであっても、それがページ下のリンクのクリックに影響を与える可能性もあります。

 

Googleアナリティクスウェブテストであれば、ざっくりではありますが追加のツールなしでそのようなデータを見ることができます。

 

下の2つはGoogleアナリティクスウェブテストのデータがシームレスにGoogleアナリティクスと連携していることにあります。他のA/Bテストツールでも分析はできますが、メインのアクセス解析ツールと完全に連携することは難しいでしょう。
その点Googleアナリティクスウェブテストは非常に優れていると言えます。

 

Googleアナリティクスウェブテストを使うデメリット

 

Googleアナリティクスウェブテストを使用するデメリットを挙げるとすると4つあります。

 

  • 使用初期は操作が複雑に感じる
  • コーディングなどの知識がないと初期設定が難しい
  • オリジナルパターンとテストパターンでURLが異なる
  • 多変量テストはできない

 

ではそれぞれについて簡単に説明していきます。

 

使用初期は操作が複雑に感じる

 

そもそもGoogleアナリティクスをあまり使ったことがない方にとっては、A/Bテストを実施したり、効果測定をしたりするための操作が複雑に感じるでしょう。
初めは慣れるまで大変かもしれませんが、慣れてしまえばとても便利です。また、初期設定に関しては以下で解説していきますので是非参考にしてください。

 

コーディングなどの知識がないと初期設定が難しい

 

テストのためにはオリジナルページとは別に テストページ作成しなくてはいけないことや、テスト用コードの貼り付け、重複コンテンツを防ぐためにページを正規化しなくてはいけないなど、初期設定の段階で、ある程度のスキルや知識が必要になります。

 

オリジナルパターンとテストパターンでURLが異なる

 

Googleアナリティクスウェブテストでは、オリジナルページとテストページでURLが異なります。そのためテスト期間中は、オリジナルページのトラフィックが減少します。

 

これはなかなか厄介な問題で、Googleアナリティクスで他のページと比較して分析する際、少し手間がかかってしまいます。

後々分析する際に困らないためにも、A/Bテストを実施した期間とページ(URL)をわかるようにしておきましょう。

 

多変量テストができない

 

OptimizelyやVWOといった有料ツールとは異なり、Googleアナリティクスウェブテストは現在多変量テストには対応していません。

Googleアナリティクスウェブテストはサービスを無料提供しているため、有料のツールに比べると機能面ではやや見劣りします。もちろん基本的な機能は備えているので、一度使ってみてから有料のツールを使うかどうか検討してもよいでしょう。

 

以下の記事で代表的なA/BテストツールとGoogleアナリティクスウェブテストを比較して紹介しているので、有料のテストツールを検討する際は参考にしてみてください。

 

【徹底比較】あなたにピッタリなA/Bテストツールとは?※無料試用期間あり

 

A/BテストをGoogleアナリティクスウェブテストで行うメリット・デメリットはお分かりいただけたかと思います。

デメリットも理解した上で、やはりGoogleアナリティクスウェブテストを使いたいという方は、以下で設定方法を確認してみてください。

 

Googleアナリティクスウェブテストの設定方法

 

では、Googleアナリティクスウェブテストの設定方法を順を追って説明していきます。

 

①Googleアナリティクスレポートの「行動>ウェブテスト」を選択します。
②開いた画面の左上の「テスト作成」をクリックします。

 

24Googleアナリティクスウェブテスト設定手順1

 

 

③表示された各項目を埋めていきます。

 

24Googleアナリティクスウェブテスト設定手順2

 

テストの名称:
レポート名として表示されるので、何のテストかわかりやすい名前にしましょう

テストのゴール:
既存のコンバージョン設定しているポイントから、今回のテストに使うコンバージョンを選択します。
テスト用に新しく設定することも可能です。

テスト対象のトラフィックの割合:
A/Bテストの対象とするトラフィックの割合を選択できます。全てのアクセスを対象とすることもできますが、アクセスの多いサイトであれば、全体の半分程度のアクセスを対象とした方がリスクが低いです。

 

 

④オリジナルページとテストパターンページを設定します。

 

24Googleアナリティクスウェブテスト設定手順3

 

URLを記入し、必要があればページ名を入力します。
テストパターンが1つ以上ある場合、「パターンを追加」のリンクをクリックすることで、テストパターンを増やすことができます。

 

 

⑤生成されたテストコードをオリジナルページに貼り付けます。

 

24Googleアナリティクスウェブテスト設定手順4

 

 

④までの設定が完了すると、テスト用のコードが生成されますので、そのコードをオリジナルページの<head>開始タグの直後に貼り付けます。
この時、テストパターン含む全てのテスト対象ページにGoogleアナリティクスのトラッキングコードが設定できていることが前提条件となります。

 

 

⑥テストコードをレビューし、検出されたらテストを開始します。

 

テスト用コード及びGoogleアナリティクストラッキングコードが適切に設定されているかを検証してくれます。
問題がある場合、以下の画像のようなアラートが出ますので、コードの設定にミスがないかを確認します。

 

24Googleアナリティクスウェブテスト設定手順5

 

 

以上で設定は完了です。
テスト開始ボタンを押すと自動でテストが始まり、Googleアナリティクス上でレポートを見ることができます。

 

まとめ

 

Googleアナリティクスのウェブテストは、新たにもう1ページを作ってテストをするので、自由度の高いA/Bテストが可能です。ファーストビューの画像を変えたページを複数作ってテストしたり、エントリーフォームの項目数を変更したページを用意し、その二つでA/Bテストを行うこともできます。

 

Googleアナリティクスのウェブテストには無料であるという大きなメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。メリットだけでなく今回取り上げた4つのデメリットも理解したうえで、ウェブテストを利用しましょう。

 

Pocket

無料ebook

今すぐ見直すべきサイト内部リンク4つのポイント
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。