PAGE TOP

低価格でワンストップ提供できる、唯一のコンテンツマーケティング【KIJITASU】

トップページ |

マーケティング > ファッション系ECサイトで服より靴が売れずらい理由とネット購入を後押しする4つのポイント【アンケート調査】

はてなブックマーク
0
Facebook
0
pocket
3
プロモニスタ

2014.03.25

ファッション系ECサイトで服より靴が売れずらい理由とネット購入を後押しする4つのポイント【アンケート調査】

ついに春本番!!
春といえば、新学期・新社会人・新しい出会い・・・
など色々待っていると思います。

 

ようやく日差しが暖かく
日中はコートを着なくても平気なほどになってきました。

 

もう衣替えはされましたか?

 

私は、4月になる前に
ファッションや文房具や化粧品を買い替えて、新しい気持ちで臨みたくなります。
4月に新しい服を着ていくだけで気持ちが引き締まりますよね!

 

そこで、今回は ファッション系ECサイトにおける、ネットショッピングの利用実態調査をしたいと思います。

 

ネットショッピングはどれだけ流通しているのか?

 

最近では、スタートトゥデイの「ZOZOTOWN」がファッション業界では断トツの売上をあげていますが
アパレル業界では各所でネットショップ化が拡大しています。

 

ネット通販の拡大も、ここ数年のトピックスだ。
スタートトゥデイが運営するアパレル系通販サイト「ZOZOTOWN」を筆頭に、「Stylife」(スタイライフが運営)、
「magaseek」(マガシークが運営)、「マルイウェブチャネル」(丸井が運営)、「ファッションウォーカー」(ファッション・コ・ラボが運営)
などの通販サイトが急成長を遂げている。
また、メーカーが自社の通販サイトを充実させたり、有力なECサイトに積極進出したりするケースも増えている。
※出典:就職ジャーナル<https://journal.rikunabi.com/trend/column/trend_vol129.html>

 

▼ZOZOTOWNの成長推移

by東洋経済zozo推移

※出典:東洋経済オンライン<https://toyokeizai.net/articles/-/5895/>

 

 

このように、
現在では、ZOZOTOWNをはじめ、多くのファッションブランドがネットショップ化を進めています。
ファッション業界のネットショップは上記のような成長を遂げていますが、
ネットショップ運営者はユーザーの購入率向上に向けて、どのようなことを意識すべきか。

 

また、ネットショップで一番懸念される、”試着ができない”弱点で商品カテゴリ毎にどのような違いが出るのか。

今回は「服」と「靴」で分けて調査してみました。

 

ネットで「服」を購入する際のアンケート調査

 

果たして、実際にネット購入をしている人はどれぐらいいるのでしょうか。
以下、3つの質問をしました。

 

Q1.あなたは店舗での購入とネットでの購入どちらが多いですか?

・店舗
・ネット

 

服Q1

 

Q2.どのような時にネットで購入しますか

・店舗よりも値段が安かった
・普段から
・ネット購入した事はない
・店舗がないから
・店舗に在庫がなかったから
・ポイントが貯まるから
・一度店舗で購入までには至らなかったものの、やはり後から気になったから

 

NEW服どんな時

 

Q3.ネット購入時に特に気を付けることはなんですか?

・サイズ
・口コミ
・返品・交換が可能か
・連絡先の有無
服ネット購入時に気をつけること

 

32%の方が、「ネットでの購入が多い」という結果になりました。
インターネットやスマートフォンの普及率から考えると少ないような気もしますが、今後さらに伸びていくことが予想されます。

 

また、店舗よりもネットの方が安い場合はネットで購入する場合が多いようであり、店舗の値段とネット上での値段を比較されるようです。

 

ネット購入時に気をつけることとして、その他の意見として上がったものは
配達可能日(到着予定日)が希望に沿うかどうかという回答もありました。

 

 

ネットで「靴」を購入する際のアンケート調査

 

次に、靴について同じ内容で質問をしてみました。
服と靴とでは、ネットと店舗でどのような差が出るのでしょうか。

 

Q1.あなたは店舗での購入とネットでの購入どちらが多いですか?

・店舗
・ネット

 

靴ネット店舗どっちが多い?

 

Q2.どのような時にネットで購入しますか

・店舗よりも値段が安かった
・普段から
・ネット購入した事はない
・店舗がないから
・店舗に在庫がなかったから
・ポイントが貯まるから
・一度店舗で購入までには至らなかったものの、やはり後から気になったから

 

NEW靴どんな時

 

Q3.ネット購入時に特に気を付けることはなんですか?

・サイズ
・口コミ
・返品・交換が可能か
・連絡先の有無

 

靴気をつけること

 

靴に関しては、Q2.どのような時にネットで購入しますかの回答を比べてみると
2番目に「ネット購入したことはない」という回答が多いという結果になりました。

ネット購入時には特に「サイズ」を気にする傾向が強く
サイズが少しでも合わないと履きたくなくなる靴は、服と比べて購入障壁が高いようです。

 

【まとめ】アンケート結果から紐解く、安心して購入できるネットショップとは

 

今回のアンケート調査は、ファッション用品のネット購入で
商品カテゴリの違い(服と靴)で違いが出るのかについて、検証しました。

 

結果、大差はないものの
ネット購入のしやすさは<服という結果になりました。
しかし、総じて言えることは

 

  • サイズ
  • 口コミ
  • 返品・交換が可能か
  • 配達可能日(到着予定日)が希望に沿うか


 
という、ネット特有の不安を「いかに払拭できるサイトであるか」がポイントと言えます。

 

最近では、サイズ交換OKや、試着してみてから購入可能!を謳っているサイトが出てきているのも、
ネットでの購買率向上を図っているからでしょう。

 

また、化粧品などのリピート商品もネットで購入されやすいです。

 

なぜならリピート商品は、

  • どんなものか実際使ったことがあり明確なため、不安なく買える
  • ネット購入の方が安い場合がある
  • わざわざ買いに行く手間が省ける


 

などの理由から、全く使ったことや見たことのない新規の商品を買うよりも安心感があるからです。
 

これは、商品のラインナップとして安定的に購入をさせるには
リピート率の高い、定番商品を置いておくというのもネットショップ運営のポイントと言えそうです。
 

いかがでしたでしょうか。
ネット通販は便利な反面、ネット上で確認できない事に対して不安感を抱いている人もまだまだ多いです。

 

ECサイトはますます普及し、多くの店舗が同じような値段で同じようなデザインの物を販売する事になると思います。
差別化していくためには、店舗もネットも同じく、サイトのユーザビリティや値段だけではなく、顧客視点が最も重要になると思います。
 

次回は、業界を絞らずにネットで購入の頻度や金額などに関する調査結果を発表します!

 

今後も、アンケート調査をもとに様々な記事を発信していきたいと思います。
こんなアンケート調査をしてほしい!などご要望があれば、お気軽にコメントください。

 

 

成約に繋がるキーワードを見つけ、盤石なウェブ集客ができる方法を低価格で知りたい方はこちら

アクセス解析、関連語、サジェストワードなどから成約に繋がるキーワードを抽出!

ANALYSESEOわずか6万円で”失敗しないウェブ集客”を実現

https://www.analyse-seo.jp/
※お問い合わせには1営業日以内に必ずご返信いたします。

!!「ブログ記事を見た」とお問い合わせいただいた方限定!!
ANALYSESEOを20%割引価格¥48,000でご提供致します!
————————————————————–

プロモニスタ編集部
Webマーケターに役立つ情報を発信していきます!

カテゴリー