キーワード分析ツールを用いたサイト調査について

26
Pocket

弊社が独自開発したキーワード分析ツールを用いたサイト調査のご案内です。

キーワード調査レポートの詳細

本調査でわかること

  • 200~2,000キーワードでの自サイトと競合サイトの上位表示状況
  • あなたのサイトのSEO内部対策状況
  • 検索流入を増やすために優先的に行うべき具体的な施策

レポート内容の一部をサンプルとしてお見せしながらご説明していきます。

 

200~2,000キーワードでの自サイトと競合サイトの上位表示状況

▼調査を行う競合サイトを20サイト抽出

調査対象競合サイト一覧

 

▼自社サイトと競合サイトのキーワードごとの順位取得状況を比較

上位表示状況を大枠で比較することもできます。

  • より多くのキーワードで上位表示されているサイトはどこなのか?
  • 全体を見たときに、自社サイトはどれくらい上位表示できているのか?

を視覚化しています。

競合他社比較ー流入キーワード別対策状況一覧

▼キーワードの競合性や、特定の競合サイトが強化しているキーワードを一覧でチェック

キーワードごとのデータも見ることができます。

競合他社比較ー順位データ

 

あなたのサイトのSEO内部対策状況

競合比較によって、自社サイトが競合と比較してどの程度上位表示されているかは把握できます。
次に知りたいのは、なぜそのような結果になっているかですよね。

例えば上位表示できていない場合、自社サイトに問題があるとしたらどの部分なのかを明らかにします

▼タイトルなのか、コンテンツなのか、自社サイト内部の問題点がわかる

自社サイトのSEO内部対策ーキーワード対応状況

このレポートによって、キーワードに対応するページがそもそもないのか、タイトルがよくないのか、それ以外の要因があるのかがわかります。
必要な内部対策を明確にするために重要なデータになるでしょう。

 

検索流入を増やすために優先的に行うべき具体的な施策

競合比較と自社サイトの対策状況がわかれば、優先的に行うべき施策がわかります

  • 競合サイトが上位表示しているキーワードに対応するコンテンツの作成
  • キーワードに対応しているページのタイトル修正
  • リスティングの出稿 etc.

 

▼そもそも対応するページが無い場合はコンテンツ作成が必要

SEO内部対策ーキーワードに対応するページが無い場合

 

▼対応するページがある場合はタイトルの修正が必要

SEO内部対策-キーワードに対応するページがあるのに上位表示されていない場合

 

▼リスティング出稿しても費用対効果が合いそうなら検討

リスティング出稿時の想定コスト

自社サイトの状況と競合サイトの対策内容がわかれば、必要な施策もわかります。

まずは現状把握から始めてみませんか?
 

レポートをご利用いただいたお客様の声

本レポートを用いたコンサルティングをご利用いただいたお客様の感想をいくつかご紹介いたします。

 

「キーワード調査」を行うことで、多くのユーザーさんが調べるキーワードで他媒体がどれくらい上位表示をしているか、またその要因も調べてくださることにはかなりびっくりしました。
東京独女スタイル 編集長 東 香名子様)

 

コンテンツを拡充したいものの、どんなコンテンツを足していけばいいのかわからない状況でしたが、このレポートのおかげで、検索キーワードからユーザーが欲しているコンテンツがどんなものかわかるようになりました。さらに、すでにあるコンテンツの内部タグが、ユーザーの検索キーワードとずれていることもわかったので修正することができました。しばらくコンテンツのネタには困らなそうです!(ペット用品ECサイト運営)

 

・競合が上位に入っているのに自社ではとれていないキーワードが明確になった
・自分たちで気づいていなかった優良キーワードを見つけられた
現状分析はしたことがなかったのですが、色々と有益な情報を得られました。
(不動産賃貸サイト運営)

 

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。