SEOで失敗しないキーワード選定の方法と便利なツール

476
Pocket

安定的にサイトにアクセスを集めたいと思った時に、もっとも頼りになる集客経路は間違いなく検索エンジンです。SEOを戦略的に行えば、検索エンジンからの流入は確実に増加します。

そこで重要になってくるのが「キーワード選定」です。
キーワード選定は、言わば「どんなお客さんと出会いたいのか」をしっかりと定義するターゲティングそのものであり、SEO対策で成果を上げるために必要不可欠です。

何もない状態からキーワード選定しようとすると、何から手を付けていいかわからないと感じるかもしれません。しかしながら、キーワード選定にはある程度決まった手順があり、それにそってやればどんな人でも一定以上のクオリティを担保することができます。

今回はその手順を詳細にご紹介します。

 

キーワード選定の4つのSTEP

キーワード選定は以下のSTEPで進めていきます。

STEP1:サイトに関連しそうなキーワードを広く集める
STEP2:集めたキーワードについて調査する
STEP3:キーワードを分類する
STEP4:対応内容の優先順位付けをする

それではSTEP1から順番に、具体的なやり方をお伝えしていきます。

 

STEP1:サイトに関連しそうなキーワードを広く集める

まずは自社サイト(商品・サービス)に関連があるキーワードを幅広く集めます。
この段階で出来る限り多くの候補キーワードを収集した方がキーワード選定のクオリティは高まります。

ここでは関連するキーワードを広く集める方法を4つご紹介します。

 

1.ユーザーが購買に至るまでの段階を考える

あなたのサイトでコンバージョンするユーザーを具体的に想像し、その人がコンバージョンに至るまでにどんな情報を集めるかを考えます。

 

▼結婚式場の見学予約をしたユーザーの行動を想定した場合

2結婚式場の見学予約をしたユーザーのコンバージョンまでの段階と検索キーワード

キーワード選定というと、ついコンバージョンにすぐつながるキーワードを考えてしまいがちです。例えば結婚式場で言えば「○○(式場名) 見学予約」などです。

 

しかし、キーワードの幅を広げるためには、具体的なニーズが発生する前段階から考える必要があります。

ユーザーがコンバージョンする前に解消したい疑問はなにか?知っておきたい情報は何か?そしてそれはどんな検索キーワードになるのか(専門用語を知らないユーザーはなんと検索するか)?
ユーザー視点で徹底的に考えて、書き出してみましょう。

 

2.ツールを使ってキーワードを抽出する

とはいえ自分の頭だけでキーワードを考えるのには限界があります。ある程度ユーザーの視点が理解できたら、ツールを使って機械的に関連するキーワードを集めていきましょう。

キーワード収集に使えるツールは様々ありますが、以下の3つを使って調査しておけば、関連するキーワードはほぼ網羅できます。

 

Googleアドワーズ:キーワードプランナー

5キーワードプランナーGoogleアドワーズ:キーワードプランナー

Googleが提供している無料のキーワードツールです。キーワードの月間検索ボリュームや(リスティング出稿時の)競合性、指定したキーワードと関連するキーワードの候補がわかります。
※Googleアカウントにログインすればすべて無料で使えます。

 

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

5関連語検索ツール関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

使うのが不安になるほどシンプルなトップページですが、ものすごく使えるツールです。Googleサジェストなどからデータを取得し、関連するキーワードを一括表示してくれます。また、あわせて表示される「Yahoo!知恵袋」や「教えて!Goo」の関連している質問からも、ユーザーのニーズを汲み取ることができます。

 

goodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

5goodkeywordsgoodkeyword – Google/Bing/Yahoo関連キーワードツール

こちらも特定のキーワードを入力すると関連するキーワードを一括表示してくれます。上の関連キーワード取得ツールだけでも十分かもしれませんが、データ取得元が違うため、表示されるキーワードも若干違います。
少しのキーワードも取り逃がしたくないという方は、どちらも使ったほうが確実です。

 

3.すでにあるキーワードに関するデータ

すでにサイトを運営している場合、どのようなキーワードでサイトにアクセスされているか、どのようなキーワードで検索結果に表示されているかなどの情報があるはずです。

そういったデータの中から「わずかに流入はあるが上位表示しきれていないキーワード」や「オーガニックでの流入はないけれどリスティングのコンバージョン率がものすごく高いキーワード」などを見つけていきます。

<あなたがすでに持っている可能性のあるデータ>

  • Googleアナリティクスの「オーガニック検索キーワード」
  • Googleウェブマスターツールの「検索クエリ」
  • リスティング出稿時のデータ

このようなデータがあれば、抽出したキーワードリストに追加しておきましょう。

 

4.競合サイトの対策キーワードを調査

あなたにとって重要度が高そうなキーワードですでに上位表示しているサイトがどのような対策をしているのかを参考にします。

  • 各ページのタイトルにはどのようなキーワードが含められているか
  • サイト構造はどうなっているか、内部リンクを多く集めていそうなページはどこか
  • サイトのナビゲーションにはどのようなカテゴリーが設置されているか
  • どのような条件の掛け合わせで検索できるようになっているか

などを見ていくことで、各ページでどのようなキーワードを狙っているのかが見えてきます。自分に抜けていた視点がないか、まだリストに追加できていなかったキーワードはないかをチェックしましょう。

 

STEP2:集めたキーワードについて調査する

STEP1で集めたキーワードを絞り込むための調査を行います。
この時点ではキーワード候補の数はかなり多くなっているはずです。
この調査の段階である程度絞り込んでから分類の段階へと移っていきます。

 

月間検索ボリューム

まずは各キーワードの月間検索ボリュームを調べます。
調査には先にもご紹介したGoogleのキーワードプランナーを利用します。

3キーワードプランナーでキーワードの検索ボリュームを調査

月間検索ボリュームが少ないキーワードはここで足切りしてしまいましょう。
検索ボリュームが少ないキーワードに対してコンテンツを作成したところで、アクセスの大幅な増加は期待できないからです。

足切りする検索ボリュームの目安はあなたのサイトが属する業界によって異なりますが、1,000前後を目安に削除するのが一般的でしょう。

全体的に検索ボリュームが少なく判断が難しい場合、上位表示された場合の想定増加アクセス数とそこから獲得できるコンバージョン数を試算し、自身が納得できる数値を設定しましょう。以下の式を参考にしてください。

▼想定月間検索ボリュームが1,500の場合の想定獲得コンバージョン
4キーワードの検索ボリュームからコンバージョン数を想定する方法

※1位~10位のクリック率を足しあわせて10で割って算出。
そのため、実際には上位5位以内に入らなければ実現は難しいクリック率である

参考:検索結果1位のクリック率は19.35%、英NetBoosterの2014年版CTR調査より | 海外SEO情報ブログ

 

いずれにせよここである程度以上の検索回数のものに絞りましょう。

ここで足切りしたキーワードも完全にデータベースから削除するのではなく、別のファイルなどに残しておきましょう。実際にコンテンツを作成するときに、ここで抽出したキーワードがライティングの参考になる可能性もあります。
どんなに検索回数が少なくても、そこにユーザーのニーズが現れていることには変わりありません。

 

SEO難易度

検索回数で足切りしたら、それぞれのキーワードの上位表示難易度を調べます。

キーワードプランナーの競合性を参考数値としても良いですが、それはあくまでリスティング広告のデータなので、オーガニック検索における難易度を調べるツールを使うことが理想的です。

5SEO難易度チェックツールSEO難易度チェックツール

これで調査は完了です。

 

STEP3:キーワードを分類する

キーワードに関するデータが出揃ったら、キーワードの分類をしていきます。

 

どの段階のユーザーなのか

最初に考えたユーザーがコンバージョンに至るまでの流れを思い出し、それぞれのキーワードがどの段階に当たるか考えます。

  1. 全体についての情報収集
  2. ニーズを絞り込んでからの比較検討
  3. 行動を前提とした検索

▼例)結婚式場の見学予約をしたユーザーの段階と検索キーワード

2結婚式場の見学予約をしたユーザーのコンバージョンまでの段階と検索キーワード

上記の例では、コンバージョンに至るまでの段階を3つに分けてキーワードを分類しています。下に行くにしたがってコンバージョンに近くなるイメージです。

 

キーワードの分類の仕方に絶対の正解はありません。あくまであとから優先順位付けをしやすくするための手段ですので、自分たちにとってわかりやすい分類をしていってください。

 

どんな対応が必要なのか

例えば特定のキーワードで上位表示を狙うとして、対応方法は大きく2つあります。1つ目はキーワードに合わせたコンテンツ(ページ)を作成する方法、2つ目はすでにあるページの中でキーワードに対するニーズを満たせそうなもののタイトルや中身のテキストを調整する方法です。

さらにその2つの中で、コスト(時間、費用どちらも加味して)がどの程度かを3段階程度で分類します。
もちろん社内の体制や予算によって分類方法は変えて大丈夫です。あまりないと思いますが、予算が潤沢にあるなら工数だけ考えればOKというような具合です。

 

STEP4:優先順位を付ける

最後に実際に取り組む順番を決めます。現実的に考えてすべてのキーワードに対して一気に対応するのは不可能なので、今まで調べてきた内容を元に優先順位付けしていきましょう。

 

必要な情報を網羅した一覧表を作り対応するキーワードを決める

優先順位をつけるために必要な情報は、今までのSTEPでほぼ集められていますのでそれを一覧にしていきます。

  • 検索ボリューム
  • サイトコンセプトとの関連度の高さ
  • コンバージョンまでの近さ
  • 対応工数(時間・費用)
  • SEO上位表示難易度

をエクセルなどにまとめましょう。

この情報をもとに、サイトの目的、使える予算や人的工数を踏まえて決めていきます。ここは機械的に基準を設けるのが難しいので担当者のさじ加減になってしまいますが、ポイントは自力で調整できない部分から決めていくことです。

まずは新規ユーザーのアクセス獲得を優先したいのであれば、検索ボリュームを最重視すべきですし、直近の予算ががっちり決まっていて調整が難しいなら費用がかかるものは一旦優先順位を下げることになります。

理想的な状態と、現実的にかけられるコストを鑑みて戦略をたてていきましょう。

 

まとめ

初めてキーワード選定に取り組むときは細かい部分の判断に困ることもあるかと思います。しかしながら、確実な正解があるものではありませんから、とりあえず前に進むことが重要です。

何回か経験するうちに精度も上がりますし、やってみてうまく行かなかったとしても修正していけばいいのです。

キーワード選定を最初にしっかり行えば、やるべきことは明確になります。
地味な作業が多くつらくなるかもしれませんが、ここで決めた優先順位の通りにしっかりと対策をしていけば、SEOの成果を実感することができるでしょう。

今までそこまでしっかりとキーワード選定をしてきてなかったなら、ぜひ取り組んでみてください。

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。