[多忙なWeb担のためのニュースまとめ]コンテンツマーケティングを成功させるために必要な”4つの要素”他、チェックしておくべき最新記事10選

88
Pocket

変化の激しいWeb業界、常に最新情報にキャッチアップしていきたいものの、毎日忙しくてなかなか情報収集の時間が取れない方も多いのではないでしょうか?
そんなあなたのために、毎週月曜日に「これだけは読んでおくべき記事」をまとめてご紹介します。
今回は5/2(土)~5/8(金)に配信された記事です。
Webコンサルタント、解析士が厳選したおすすめ記事、ぜひチェックしてください。

 

記事サマリー

<SEM(SEO/リスティング)>
(1) Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索アナリティクス レポートで精度の向上したデータをご覧になれます
(2) モバイルフレンドリー・アルゴリズムは改良され、ページスピードが要素として組み込まれるか | SEO Japan
(3) 閲覧者用にサイトマップを作ったらSEO効果がありました | -think the web-

<コンテンツマーケティング>
(4) ネイティブアドxコンテンツマーケでブランドリフトを/量的指標と質的指標を用いたKPI設計の重要性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)
(5) あなたの課題は何ですか?コンテンツマーケティングの成否を決める4つの要素を解説※チェックリスト付き | プロモニスタ
(6) 読者をECに誘導するジーユーの取り組み、ファッション情報サイト「G.PAPER」と通販を連動 | ネットショップ担当者フォーラム

<サイト分析/アクセス解析(アナリティクス)>
(7) GWに復習したいGoogleアナリティクスによるアクセス解析やWeb分析記事まとめ | 株式会社LIG
(8) Googleアナリティクス、ランディングページの分析と改善の3ステップ
(9) スマホECサイトでも実店舗のごちゃごちゃ感を演出 ドン・キホーテからオムニチャネルを学ぶ|ECzine(イーシージン)

<その他>
(10) 世界に吹くO2Oの熱い風——日本・中国・韓国のO2O市場を比べてみた – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

 

SEM(SEO/リスティング)

 

Googleウェブマスターツール、ついに全ユーザーに「検索アナリティクス」機能を公開

Google ウェブマスター向け公式ブログ: 検索アナリティクス レポートで精度の向上したデータをご覧になれます

Googleは5月6日に、Googleウェブマスターツールの検索アナリティクスレポートを全ユーザーに公開したことを発表しました。この機能によって、「2つの検索クエリでの比較」や「デバイス間での比較」などのレポートを確認するができます。

 

スマートフォン用サイトの表示スピードがランキング要素として組み込まれるか

モバイルフレンドリー・アルゴリズムは改良され、ページスピードが要素として組み込まれるか | SEO Japan

モバイルフレンドリーのアップデートが先日実施されましたが、モバイルサイトの読み込み速度はアップデートの対象外となりました。しかし、近い将来導入される可能性が高いので、早めに対策をしておきましょう。

 

ユーザーのための施策がSEOにも効果を発揮した事例

閲覧者用にサイトマップを作ったらSEO効果がありました | -think the web-

閲覧者向けにサイトマップを設置したところ、ユーザビリティだけでなく各記事の検索結果順位が向上した事例を紹介しています。内部リンクの最適化によるSEO効果がわかります。

 

コンテンツマーケティング

 

コンテンツによってブランドへの好感度が高まったかを測るためには”質的指標”が必要

ネイティブアドxコンテンツマーケでブランドリフトを/量的指標と質的指標を用いたKPI設計の重要性 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

ネイティブアドを用いることでより多くの人にコンテンツを見てもらうことができますが、ページビュー数のような「量的」指標だけではその成果を正しく評価することができません。そこで重要になってくる「質的」指標とは何か、コンテンツマーケティング戦略全体のなかでどのように位置づけるべきかが解説されています。

 

コンテンツマーケティングで成果を出すために必要な要素とは?

あなたの課題は何ですか?コンテンツマーケティングの成否を決める4つの要素を解説※チェックリスト付き | プロモニスタ

コンテンツマーケティングで成功するためには「戦略」「コンテンツ生産力」「拡散力」「改善力」が必要です。自社でできる部分と苦手な部分を把握できるチェックリストもあるので、あなたもチェックしてみてください。

 

読み物コンテンツを充実させるジーユー、コンテンツからECに誘導する成功事例となるか?

読者をECに誘導するジーユーの取り組み、ファッション情報サイト「G.PAPER」と通販を連動 | ネットショップ担当者フォーラム

ジーユーが展開するコンテンツマーケティングについての記事です。デジタル雑誌の体裁をとったコンテンツの見せ方やECサイトへの誘導導線などが、ECサイト運営者にとって参考になりそうです。

 

サイト分析/アクセス解析(アナリティクス)

 

Googleアナリティクスの使い方を総復習!

GWに復習したいGoogleアナリティクスによるアクセス解析やWeb分析記事まとめ | 株式会社LIG

Googleアナリティクスでアクセス解析を行う際のポイントをまとめています。「準備~導入」「実践」「発展」の3つのフェーズに分かれているので、アクセス解析初心者にもおすすめです。

 

Googleアナリティクスだけでもここまでできる!ランディングページ分析

Googleアナリティクス、ランディングページの分析と改善の3ステップ

有料のヒートマップ解析ツールが使われることも多いランディングページ分析ですが、Googleアナリティクスを活用すれば無料でもかなり深く分析ができます。記事内ではその方法に加えてランディングページ改善の考え方も紹介されています。

 

Web上でもドン・キホーテのごちゃごちゃ感を味わえる?オムニチャネル時代に必要なブランドの一貫性

スマホECサイトでも実店舗のごちゃごちゃ感を演出 ドン・キホーテからオムニチャネルを学ぶ|ECzine(イーシージン)

あえてECサイト上でも実店舗と同じようにドン・キホーテ特有の「ごちゃごちゃ感」を演出することで、オンラインオフライン問わずユーザーに同じ経験を提供しています。ユーザーに与える印象の一貫性を保ちつつ、スマートフォンに最適化した見せ方をしている部分もあり、サイト構築の際の参考になります。

 

その他

 

—日本・中国・韓国のO2O市場動向

世界に吹くO2Oの熱い風——日本・中国・韓国のO2O市場を比べてみた – THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

技術革新も進みさらに勢いを増すO2O市場、記事内では韓国、中国、日本それぞれのO2O市場規模と最近の動向を分かりやすく解説しています。
以上、先週の注目記事をご紹介しました!

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。