【先週のニュースまとめ】モバイルフレンドリーアルゴリズム更新!対応方法を解説 他Web担がチェックしておくべき記事10選

189
Pocket

変化の激しいWeb業界、常に最新情報にキャッチアップしていきたいものの、毎日忙しくてなかなか情報収集の時間が取れない方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、毎週月曜日に「これだけは読んでおくべき記事」をまとめてご紹介します。
今回は10/31(土)~11/06(金)に配信された記事です。

Webコンサルタント、解析士が厳選したおすすめ記事、ぜひチェックしてください。

 

記事サマリー

<SEM(SEO/リスティング)>
(1)Google、モバイルフレンドリーアルゴリズムを更新。アプリインストールのインタースティシャルはモバイルフレンドリーではない | 海外SEO情報ブログ
(2)スマホサイトのSEO:モバイルフレンドリーテストと対応方法 | プロモニスタ
(3)クリックしたときに作られるJavaScriptコンテンツはGoogleにインデックスされない | 海外SEO情報ブログ

<コンテンツマーケティング>
(4)闇雲にコンテンツを作らない!現状把握から始まるコンテンツ発想法 | CONTENT MARKETING LAB(コンテンツマーケティングラボ)
(5)【基礎】読者に伝わるブログ記事の作成方法|DX.univ
(6)思わず試したくなるスマホやアプリを使ったO2Oキャンペーン事例(2015年10月版) | モバイルマーケティング研究所 |ModuleApps

<サイト分析/アクセス解析(アナリティクス)>
(7)GoogleがSearch Consoleの複数のプロフィールをまとめる機能の実装に取り組んでいる模様。 | SEO Japan
(8)BtoBマーケター必見!自社サイトを見ている企業と求められているコンテンツがわかるGoogleアナリティクス設定方法 | プロモニスタ

<その他>
(9)ユーザーセグメントごとにLINEメッセージを配信する「WEBCAS taLk」を開始、エイジア | ネットショップ担当者フォーラム
(10)Google個人データを広告へ開放か:背景にFacebookの猛追 | DIGIDAY[日本版]

以下で各記事についてご紹介します。
お忙しい方は、紹介を見て特に気になったものだけでも、本文を読んでみてください。

 

SEM(SEO/リスティング)

 

モバイルフレンドリーアルゴリズムが更新

Google、モバイルフレンドリーアルゴリズムを更新。アプリインストールのインタースティシャルはモバイルフレンドリーではない | 海外SEO情報ブログ

アプリダウンロードのインタースティシャルが表示されるサイトは、モバイルフレンドリーとみなされないように、アルゴリズムが更新されました。

 

スマホサイトの評価を上げるために何をすればいいの?

スマホサイトのSEO:モバイルフレンドリーテストと対応方法 | プロモニスタ

スマホ向けサイトのSEO対策について、評価のチェック方法とモバイルフレンドリーにおけるガイドライン項目と対応方法についてまとめています。

 

重要なコンテンツがクローラーに認識されているか、今一度チェックを!

クリックしたときに作られるJavaScriptコンテンツはGoogleにインデックスされない | 海外SEO情報ブログ

クリックによって生成されるJavaScriptのコンテンツは、Googleにはインデックスされません。注意点と対応策を解説しています。

 

コンテンツマーケティング

 

「次のコンテンツどうしよう……」の悩みを解消しましょう!

闇雲にコンテンツを作らない!現状把握から始まるコンテンツ発想法 | CONTENT MARKETING LAB(コンテンツマーケティングラボ)

コンテンツマーケティングにおけるよくある悩みは、「コンテンツのネタが底を尽きること」。たいていは、思いつきで記事を作っていることが原因です。そうならないための発想法を紹介しています。

 

おさえておきたい、ブログを書くときのポイント

【基礎】読者に伝わるブログ記事の作成方法|DX.univ

読んでもらえるブログ記事にするために注意したいポイントを4つ紹介しています。基礎的な無いようですが、初心者の方は要チェックです。

 

参考にしたいアイデア満載!スマホを活用した体感型のキャンペーン

思わず試したくなるスマホやアプリを使ったO2Oキャンペーン事例(2015年10月版) | モバイルマーケティング研究所 |ModuleApps

スマホやアプリを使ったO2Oキャンペーンが紹介されています。スマホの普及により、今までになかったような体感型のキャンペーンも可能になっているなかで、どのように自社のマーケティングに応用していくかが重要なカギになりそうです。

 

サイト分析/アクセス解析(アナリティクス)

 

Googleサーチコンソールがさらに進化するかも

GoogleがSearch Consoleの複数のプロフィールをまとめる機能の実装に取り組んでいる模様。 | SEO Japan

現状では個別に登録していたhttpやhttps、wwwの有り・無し、そしてアプリデータのアカウントをまとめることができるようになるかもしれません。そうなればかなり利便性が向上し、分析もしやすくなりますね。

 

あなたのコンテンツを見ているのはどんな会社?

BtoBマーケター必見!自社サイトを見ている企業と求められているコンテンツがわかるGoogleアナリティクス設定方法 | プロモニスタ

Googleアナリティクスのフィルタなどを活用することで、コンテンツを見ている企業がわかります。記事では、その設定方法を画像付きで説明しています。

 

その他

 

LINEを活用したマーケティング手法はさらに活性化するか

ユーザーセグメントごとにLINEメッセージを配信する「WEBCAS taLk」を開始、エイジア | ネットショップ担当者フォーラム

メール配信ソフトを提供するエイジアは、セグメントごとにLINEメッセージ配信ができる商品「WEBCAS taLk」をリリースしました。新たなマーケティングチャネルであるLINEを活用するためのサービスは、これからも広がりを見せるかもしれません。

 

よりピンポイントな広告出稿が可能になるか

Google個人データを広告へ開放か:背景にFacebookの猛追 | DIGIDAY[日本版]

Googleは、今までユーザーの検索データを広告収益につなげていませんでしたが、その方向を転換しつつあるようです。検索データはユーザーの意図が明確に表れるものなので、完全に開放されたら、マーケターにとっては朗報となるでしょう。

以上、先週の注目記事をご紹介しました!

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。