【先週のニュースまとめ】必見!Googleがウェブマスター向けガイドラインを大幅改定 他Web担がチェックしておくべき記事12選

154
Pocket

変化の激しいWeb業界、常に最新情報にキャッチアップしていきたいものの、毎日忙しくてなかなか情報収集の時間が取れない方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、毎週月曜日に「これだけは読んでおくべき記事」をまとめてご紹介します。
今回は1/30(土)~2/5(金)に配信された記事です。

Webコンサルタント、解析士が厳選したおすすめ記事、ぜひチェックしてください。

 

記事サマリー

<SEM(SEO/リスティング)>

(1)[対談]SEO 辻正浩氏×アクセス解析 小川卓氏:検索キーワードが見えない時代のSEOとは? | Web担当者Forum

(2)Googleがウェブマスター向けガイドラインを大幅改定 ―― いったい何が変わったのか? | 海外SEO情報ブログ
(3)B2Bマーケターもモバイル対応に取り組むべき、3つの理由。 | SEO Japan
(4)Google ウェブマスター向け公式ブログ: リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

<コンテンツマーケティング>

(5)もう中途半端に「コンテンツマーケ」とか言い出すの、やめよう | Webディレクターズマニュアル
(6)コンテンツマーケティングで話題になる企業の特徴とは? 人気9社が明かした方法論:MarkeZine(マーケジン)
(7)重要性を増すクレーム対策…今こそコンテンツマーケティングを活用しよう | CONTENT MARKETING LAB(コンテンツマーケティングラボ)

<アクセス解析(アナリティクス)>

(8)Googleサーチコンソール「検索アナリティクス」の使い方と分析事例
(9)Googleタグマネージャーを使ってリスティング広告の電話コンバージョンを簡単に計測する方法 | 運営堂
(10)AMPが広告とGoogleアナリティクスをサポート開始 | 海外SEO情報ブログ

<その他>

(11)【要保存】デジタルマーケティングに役立つ36のツールまとめ 2016年版 | コンテンツ・マーケティングのレイズ
(12)成果爆増!CV200%増・離脱率50%が達成できるスマホサイトEFO 5つのポイント! | シミラーウェブブログ

以下で各記事についてご紹介します。
お忙しい方は、紹介を見て特に気になったものだけでも、本文を読んでみてください。

 

SEM(SEO/リスティング)

 

変化に振り回されず、本質を見極めて

[対談]SEO 辻正浩氏×アクセス解析 小川卓氏:検索キーワードが見えない時代のSEOとは? | Web担当者Forum

数年で大きく変化するSEOやアクセス解析を取り巻く環境。モバイルからのアクセス増加や、検索エンジンのHTTPS化によって検索クエリの分析が困難になった状況にどのように対応していくべきか。第一線でSEO・アクセス解析に取り組む両氏の見解は必見です。

 

今すぐチェック!ウェブマスター向けガイドライン

Googleがウェブマスター向けガイドラインを大幅改定 ―― いったい何が変わったのか? | 海外SEO情報ブログ

モバイル対応やHTTPS化が新たに追加されたのはもちろんのこと、リンクやrobots.txtに関する説明への修正が加わりました。適切なサイトを作成するためにやるべきこと、そして、やってはいけないことが書かれているので要チェックです。

 

B2Cだけじゃない!モバイルフレンドリーが与える影響

B2Bマーケターもモバイル対応に取り組むべき、3つの理由。 | SEO Japan

「モバイルからの流入の割合が少ないBtoBサイトだから、モバイルフレンドリーに対応しなくてもいい」という理論はもう通用しないかもしれません。モバイルフレンドリーではない場合にどのようなデメリットがあるのか、データとともに解説しています。

 

不自然なリンク操作に対しGoogleが厳しい対策

Google ウェブマスター向け公式ブログ: リンク プログラムのネットワークに対策を行いました

Googleの公式ブログで、リンクの売買を行っていたサイト ネットワークへ対策したことを発表しました。Google 検索結果でのサイトの順位操作を目的としたリンクは、リンクプログラムの一部と見なされ、ウェブマスター向けガイドライン違反となります。気づかないうちに参加してしまう事例もあるようなので、心配な方は一度確認してみてください。

コンテンツマーケティング

 

大事なのはメディアの「感情」と「熱量」

もう中途半端に「コンテンツマーケ」とか言い出すの、やめよう | Webディレクターズマニュアル

コンテンツマーケティングで発信元に必要なのは、独自性。どこにでもあるような情報を大量生産するのではなく、「そのサイトだからこそ」のコンテンツを作り、リピート率やシェア数、平均滞在時間などをKPIに置いて、ファンを獲得するのが大切なのではないかという、コンテンツマーケティングの考え方に述べられています。

 

コンテンツマーケティングのさまざまな表現・運用・集客方法

コンテンツマーケティングで話題になる企業の特徴とは? 人気9社が明かした方法論:MarkeZine(マーケジン)

1月27日の第3回FOUND Conference in Tokyoで語られた、人気9社でのコンテンツマーケティング施策が報告されています。自社に最適なコンテンツの表現方法やコンテンツマーケティングの運用体制、そしてサイトへのメインの集客方法に関して、それぞれ語られています。

 

クレームに隠されたマーケティングの付加価値を見逃すな!

重要性を増すクレーム対策…今こそコンテンツマーケティングを活用しよう | CONTENT MARKETING LAB(コンテンツマーケティングラボ)

著名なコンテンツマーケターの1人であるJay Baer氏が、2015年9月のContent Marketing Worldのセッションで、語った内容の解説です。顧客のクレームを2種類に分けて説明し、そこに表れるユーザーの声を収集、整理することの重要性を語っています。

 

アクセス解析(アナリティクス)

 

検索アナリティクスレポートを使った定点分析と時系列分析の方法

Googleサーチコンソール「検索アナリティクス」の使い方と分析事例

Google サーチコンソールの検索アナリティクスを活用できていますか?サイトがどのようなクエリで検索結果に表示されているかなどの定点分析、時間の経過とともにトラフィックはどう変化したかなどの時系列分析の具体的な方法と、分析からコンテンツ企画に活かすまでを説明しています。

 

電話コンバージョンの計測も見逃さないで

Googleタグマネージャーを使ってリスティング広告の電話コンバージョンを簡単に計測する方法 | 運営堂

スマホからのアクセスが増えると、電話番号タップによる電話コンバージョンが発生します。Googleタグマネージャーを使えば、簡単にコンバージョン設定ができるので、まだできていない方は必読です。

 

GoogleアナリティクスでAMP状況を確認しましょう

AMPが広告とGoogleアナリティクスをサポート開始 | 海外SEO情報ブログ

高速で見やすいモバイルページの提供を目的としているAMP。AMPの採用のためには、余計な広告表示や解析ツールは弊害となっていました。しかし今回、AMP analyticsと呼ばれる専用の解析ツールが発表されました。Googleアナリティクスで設定ができます。

 

その他

 

知らないあなたは要チェック!便利なツールまとめ

【要保存】デジタルマーケティングに役立つ36のツールまとめ 2016年版 | コンテンツ・マーケティングのレイズ

オフラインとオンラインをつなげられるマーケティングの実行、あらゆる見込み客を整理する顧客管理、さまざまなチャネルを統合したデータ分析など、現在のデジタルマーケティングに求められることは多岐に渡ります。それぞれの目的に合わせて、活用できるツールを紹介しています。

 

スマホサイトのEFOは遅れている!改善する5つの方法

成果爆増!CV200%増・離脱率50%が達成できるスマホサイトEFO 5つのポイント! | シミラーウェブブログ

ご存知の通り、スマホからのアクセスはPCからのアクセスを抜いています。しかし、PCの入力フォーム最適化に比べてスマホは遅れています。カタカナ入力を求めない、ハイフン入力を廃止するなどの改善策を今すぐ取り入れましょう。

 

以上、先週の注目記事をご紹介しました!

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。