【先週のニュースまとめ】コンテンツをヒットさせるために必要なこととは? 他Web担がチェックしておくべき記事7選

351
Pocket

変化の激しいWeb業界、常に最新情報にキャッチアップしていきたいものの、毎日忙しくてなかなか情報収集の時間が取れない方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、毎週月曜日に「これだけは読んでおくべき記事」をまとめてご紹介します。
今回は2/6(土)~2/12(金)に配信された記事です。

Webコンサルタント、解析士が厳選したおすすめ記事、ぜひチェックしてください。

 

記事サマリー

<SEM(SEO/リスティング)>

(1)Googleの各アップデートが与える、SEOとコンテンツ戦略への影響のまとめ。 | SEO Japan
(2)レスポンシブデザインがすべてではない:マーケターが適応するべきデザインと開発のトレンド(前編) | Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報 | Web担当者Forum

<コンテンツマーケティング>

(3)コンテンツマーケティングにおけるKPIのプランニング方法とよくあるQ&A|ferret [フェレット]
(4)コンテンツマーケティングを「測定」する5つの方法 | DIGIDAY[日本版]
(5)【大ベンチャー展】面白いコンテンツって?コンテンツをヒットさせるためのコミュニティ形成とSNSの関係

<アクセス解析(アナリティクス)>

(6)アナリティクス 日本版 公式ブログ: Google アナリティクスの機能「スマートゴール」を使った AdWords の最適化
(7)動画広告の効果をどう測定するか?「Google広告ブランド効果測定」とは (1) ブランド関連キーワードの検索数なども測定 | マイナビニュース

以下で各記事についてご紹介します。
お忙しい方は、紹介を見て特に気になったものだけでも、本文を読んでみてください。

 

SEM(SEO/リスティング)

 

Googleの主要アップデート、その背景を復習

Googleの各アップデートが与える、SEOとコンテンツ戦略への影響のまとめ。 | SEO Japan

ここ数年内のGoogleの主要なアップデートに関して、Googleがどのような意図で行っているものなのか、そして今後私たちはどうしていくべきなのかを解説しています。

 

レスポンシブデザインはだれのため?

レスポンシブデザインがすべてではない:マーケターが適応するべきデザインと開発のトレンド(前編) | Moz – SEOとインバウンドマーケティングの実践情報 | Web担当者Forum

レスポンシブデザインにすれば万事解決というわけではなく、あくまでそれがユーザーにとって有益なものでなければなりません。これからレスポンシブデザインを構築する場合はユーザー目線で設計することを心がけましょう。

 

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングにおけるKGIとKPI

コンテンツマーケティングにおけるKPIのプランニング方法とよくあるQ&A|ferret [フェレット]

コンテンツマーケティングで成功するためには適切なKGIとKPIを設定する必要があります。当然ですがKGIによってKPIも異なるので注意しましょう。

 

コンテンツマーケティングの効果測定で気をつけるべきこと

コンテンツマーケティングを「測定」する5つの方法 | DIGIDAY[日本版]

その範囲が広い分、効果測定も難しいコンテンツマーケティング。この記事では、何をどのように測定すべきかが解説されています。翻訳文なので少しわかりにくいですが、考え方を学ぶことができます。

 

ヒットするコンテンツを作るために必要なこと

【大ベンチャー展】面白いコンテンツって?コンテンツをヒットさせるためのコミュニティ形成とSNSの関係

大ベンチャー展内で行われたトークイベント「面白いコンテンツの作られ方」のレポートです。ヒットするコンテンツに必要な「人の感情を動かす」という要素やコミュニティの重要性などが、事例とともに語られています。

 

アクセス解析(アナリティクス)

 

スマートゴール設定でAdWords 最適化がもっと簡単に

アナリティクス 日本版 公式ブログ: Google アナリティクスの機能「スマートゴール」を使った AdWords の最適化

スマートゴールは、なかなかコンバージョントラッキングを実装するリソースがない方のためにリリースされた機能です。設定自体は非常に簡単なので、当てはまる方はぜひ使ってみてください。

 

Google広告ブランド効果測定で動画広告の効果測定

動画広告の効果をどう測定するか?「Google広告ブランド効果測定」とは (1) ブランド関連キーワードの検索数なども測定 | マイナビニュース

Google広告ブランド効果測定では動画広告の測定を再生回数だけでなく、実際にブランド認知につながったのかどうか、検索回数は増加したのか、商品やサービスが検討されたのかどうかまで測定することが可能です。
以上、先週の注目記事をご紹介しました!

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール SEOカウンセラー

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。