“競合サイトより多く有益な情報を手に入れる“ために、 今すぐに導入すべきツールがあります。

あなたは、以下の様なことを感じていませんか?

・Yahoo!アクセス解析は使ってみたいけど、そこまで必要性は感じていない
・すでにGoogleアナリティクスを入れているのに、わざわざ導入する意味があるのか疑問

もしあなたがまだYahoo!アクセス解析を活用できていないなら、
競合サイトに大きく遅れをとってしまう可能性があります。

なぜ、競合サイトに遅れをとってしまう可能性があるのかというと、

Yahoo!アクセス解析は、Googleアナリティクスでは見ることができないデータを閲覧することができ、
あなたのアクセス解析をもう一歩深めるために非常に有用なツールだからです。

これだけ言われても、「競合に遅れをとってしまうかもしれない」という意味がわかりづらいかもしれませんので、
もう少し深く説明させていただければと思います。

そもそもあなたはなぜアクセス解析をするのでしょうか?
それは、「サイトの売上(購入・資料請求・お問い合わせ)を増やすための改善策を行うため」というのが大きいのでしょう。

サイトからの売上を向上させるためには、課題抽出・改善を繰り返し、PDCAを回していく必要があり、そのPDCAサイクルをより早く、かつ効率的に回していくために「サイトのアクセスデータ」が役に立つのです。

自明のことではありますが、よりサイトの売上を上げるために「データ」の収集&活用がなにより大切だということを再確認していただけたかと思います。
そこで話をYahoo!アクセス解析に戻します。

もしあなたがYahoo!アクセス解析を導入していない、もしくは導入しても活用できていない中で、
競合サイトがYahoo!アクセス解析を使いこなしていた場合、

サイト改善に役立つ情報を競合サイトのほうがより多く収集できているということになります。

「でもアクセスデータはGoogleアナリティクスで見れるし、わざわざYahoo!アクセス解析を入れる必要は無いのでは?」

と思われるかもしれませんが、その認識は間違っています。

なぜなら、

Yahoo!アクセス解析とGoogleアナリティクスでは見れるデータ内容が違う

ため、
どちらか片方だけでは、十分な情報量を担保することはできないからです。

資料内で詳しくご紹介していますが、Yahoo!アクセス解析は、
Googleアナリティクスよりも、あなたのサイトに訪れるユーザー属性の情報が充実しており、
サイトの修正を行うに当たってGoogleでは見ることができない有益な情報が手に入ります。

つまり、Yahoo!アクセス解析を導入していれば、
自サイトに訪問しているユーザーの属性や行動がわかるため、より簡単かつ効率的に、ユーザー属性に合ったサイトへと改善していくことが可能となり、
その結果として、サイトのお問い合わせ増加などの効果を得られるのです。

ここまでのお話で、
Yahoo!アクセス解析を導入することは、あなたにとって”有益な情報が手に入る”というメリットしかなく、
導入しなければ”競合に遅れを取る”というリスクがあることをお分かりいただけたかと思います。

しかしながら、それでもYahoo!アクセス解析を導入&活用している企業は少ないのが現実です。

それはなぜか?
ひとえに導入や設定、そして活用する方法がわからないということが障壁となっているからなのです。

私たちは決してYahoo!の回し者ではありませんが、
より有益な情報を手に入れるために、あなたにもYahoo!アクセス解析を活用して欲しいと思っています。

そこで、Yahoo!アクセス解析の導入からGoogleアナリティクスとの比較までをまとめた資料をご用意いたしました。

たった20分で
“Yahoo!アクセス解析を導入し、サイト分析に活用するまで”がわかります!
資料を見ながら簡単にYahoo!アクセス解析を設定できるので、すぐに分析を始められます。

資料ダウンロードはこちらから