【インフォグラフィック】[1,000人アンケートで分かったユーザーの検索行動の真実]上位表示よりも大切な○○とは…?

432
Pocket

あなたは、検索結果の1ページ目に満足いく結果が見つからなかった場合、どのような行動をとりますか?
検索結果の一覧からクリックするページを選ぶとき、何を基準に選びますか?

では多くのユーザーはこれらの場合どんな行動をとるのでしょう?

Web担当者が知っておきたいユーザーの検索行動を調査し、インフォグラフィックにまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

インターネット検索行動調査インフォグラフィック

2015年度検索行動調査

 

まとめ

想像通りの結果もあれば、少し意外な結果もあったかと思います。

特に検索結果一覧からサイト選ぶ際、タイトルを重視するユーザーが最も多く45%いる一方で、ディスクリプションを見て決めているユーザーも32%と、比較的大きい割合を占めているのは意外でした。

サイトの内容を的確に表すディスクリプションをページごとに作ることで、検索順位が変わらなくてもアクセスが増える可能性もありますね。特に上位表示を狙っているページは注意深く設定しなくてはいけないなと再確認しました。

結果全体から言えるのは、「ユーザーの検索体験からサイト内の体験までを考え、コンテンツに対して適切なタイトル・ディスクリプションを設定し、満足度を高めていくことが重要である」という一般論になってしまいますが、この調査結果をWebサイトの改善に生かしていただければ幸いです。

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。