SEOの本質とは サイトの目的とターゲットを明確にすること

Pocket

SEOSEOとは”Search Engine Optimization”の頭文字を略したもので、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」となります。

検索エンジンとはGoogleやYahoo!、Bingに代表されるようなものから、広義的に捉えれば楽天市場のような通販サイトの商品検索機能も検索エンジンと捉えることができます。しかし、広く使われるSEOという言葉が対象としている検索エンジンはGoogleとYahoo!であると考えていただいて差し支えありません。

ウェブページが検索エンジンからより高い評価をしてもらえるようにチューニングすることで、任意のキーワードでより高い検索順位を得ることを目的として行います。

SEO対策-用語解説

SEO対策の基本を復習しよう!言葉の意味とSEO手法を解説

「SEOは終わった」なんて言われることもありますが、実際にサイトにアクセスを集めようと考えたときに、検索エンジンは依然として非常に重要なアクセス経路です。 ...

SEO対策の本質

さて、いざSEO対策を始めようとしてもどこから手をつけたらよいのかわからないと思います。それは、いま世の中にあふれている「SEO対策」というもののイメージが技術的なものだったり、テクニック重視のものだったりするからではないでしょうか?

正直「ウェブサイトのチューニング」「検索エンジンからの高い評価」などという表現を見たらそう思ってしまうのも無理はありません。

もちろん技術的なこともある程度理解しなければならないのですが、そういったイメージはSEOの本質では全くもってありませんし、技術やテクニックを完璧にこなしても本質を捉えていないSEO対策を行っても成果を得ることはできません。

そういったイメージを一旦忘れて、一体あなたが何のためにウェブサイトを運営しているのかということに今一度目を向けてみてください。

ウェブサイトには必ず目的がある

ウェブサイトを運営するという行為には必ず目的があります。
法人の運営するウェブサイトであれば、最終的な目的は利益を拡大することでしょう。
しかし、その手前に必ず「サイトを訪問するユーザーの需要に応える」という目的があるはずです。

あなたが運営しているサイトが通販サイトなら、ユーザーの需要に応えることができなければもちろん売上は伸びませんし、ファンを獲得するために日々書いているブログだって、訪問ユーザーの読みたい記事を書かなければファンは定着しません。

あなたが「サイトを運営する目的」が明確になれば、「ターゲットとすべきオーディエンス」が浮き彫りになってきます。

キーワードとターゲットオーディエンスの関係

さて、上に書いたようにSEOの目標は任意のキーワードで検索結果の上位に表示されるようにすることですが、そのキーワードで上位表示されることの意味とは何でしょうか?

そのことをきちんと理解するために、一度「検索エンジンの側」に立って考えてみましょう。

Googleを始めとする検索エンジンは、ユーザーが検索したクエリに応じた広告を掲載することによって収益を得るビジネスモデルをとっています。
それで得る利益を最大化するには、検索ユーザーが満足する検索結果を提供し、ユーザーをたくさん確保しなければなりません。
ユーザーに満足してもらうには「求める情報に最短で誘導」する必要があります。

私たちは、検索エンジンとは「情報を求める人」と「情報を提供する人」のマッチングを行っているサービスだと考えています。

そしてこれこそが私たちの考える「SEO対策の本質」なのです。

さて、もう一度「サイト運営者の側」に戻って考えましょう。
サイト運営者とは「情報を提供する人」です。そしてあなたはまだ見ぬ「情報を求める人」とマッチングしなければなりません。
「情報を求める人」は自分の求める情報を簡単なキーワードにおこして検索するのです。
つまり、SEO対策を行うときにまずすべきことは、このキーワードを予測することです。
これを業界用語では「キーワード選定」と呼んでいます。
このキーワード選定が的外れだと、どんなに努力しても成果を出すことはできません。
そしてこのキーワード選定がしっかりしていれば、後はそのキーワードをコンテンツにおこしていくだけで良いのです。

SEOで失敗しないキーワード選定と便利なツール

(この記事は2017年5月31日に掲載したものを加筆修正したものです) "安定的に"サイトにアクセスを集めたいと思ったときに、頼りになる集客経路は間違...
一度ここまでの流れを整理しましょう。

1)サイトの目的の明確化

2)ターゲットオーディエンスの明確化

3)ターゲットオーディエンスにあわせたキーワード選定

4)キーワードにあわせたコンテンツ作成

ざっくりとしている印象を受けるかもしれませんが、これがSEO対策でもっとも重要な流れです。
さて、本質は理解していただけたと思うので、ここからは少し技術的な話をしましょう。

SEO内部対策

あなたのウェブサイトを編集・管理することにより、より高い効果を生み出すことを「SEOの内部対策」といいます。

細かな技術的な話をここに書くと、とても長くなってしまうので重要な内部対策については下の記事を参考にして頂ければと思います。

SEOに効く!タイトル・ディスクリプションの基本的な考え方

タイトルタグとディスクリプションを改善して検索順位とCTRを向上させる

SEO対策とひとことに言ってもやるべきことはたくさんありますが、 中でも最も基本的で、かつ効果的な施策がタイトル・ディスクリプションの改善です。特にタイトルは...
SEO内部施策-内部リンクの最適化

今すぐ見直すべきサイトの内部リンク4つのポイント「SEO内部施策」

Googleのアルゴリズムの進化やコンテンツマーケティングの流行により、コンテンツ作成に励む人は増えています。 確かに良質なコンテンツ(ページ数)を増やせ...
SEOライティングのポイント

プロが本気で教えるSEOライティングの基礎12

(この記事は2015年7月15日に掲載したものを加筆修正したものです) 「サイトにコンテンツを追加したのにアクセスが増えない……」。そんな状況に陥っている...
サイトリニューアル時のSEO

サイトリニューアル時に注意したいSEO要件13項目【チェックリスト付き】

「サイト内部を色々と改修したいし、この際リニューアルしよう。」 長年サイトを運営していると、このような場面に直面することもあると思います。 しかしサイト...
また、内部対策をわかりやすくまとめたレポートも無料で公開しているので、よろしければ参考にしてみてください。
SEO内部施策マニュアル: 今すぐ見直すべきサイトの内部リンク 4つのポイント

SEO外部対策(リンクビルディング)

内部対策とは対称的に、サイト内部の改善とは別の部分、主に外部リンクにおける効果向上を目指して行うものを「SEOの外部対策」といいます。

自作自演リンクへのペナルティが厳しくなったことや、Googleがコンテンツの質を判断する精度が高まっていることによって、被リンクの重要性は相対的に下がっているとも言われています。
しかし、依然として検索順位を決定するうえでの重要な要因であることは変わりません。

ここでは自作自演リンクや有料リンクではないリンクビルディングの手法をご紹介しています。

【事例で解説】コンテンツマーケティング時代のSEOとは?被リンク獲得の手法3選

Googleによる自作自演リンクへのペナルティが強化されてから、「SEO=外部リンク」から「SEO=コンテンツ」というイメージへ変わってきているように感じます。...

コンテンツを拡散する5つの方法

(この記事は2015年5月20日に掲載したものを加筆修正したものです) コンテンツマーケティング流行の波に乗ってコンテンツをつくってみたものの、うまく拡散...

クローラビリティ改善

こちらの内容は内部対策に近いものですが、検索エンジンのクローラーとインデックスの仕組みを正しく理解することがSEOを成功させる近道ですので、正しく理解しておきましょう。

お問い合わせ

プロモニスタではSEO対策やオウンドメディア構築のご相談も承っております。
まずは、お気軽にご相談ください。

記事コンテンツの作成代行なら作成代行なら、サグーワークス
Pocket