SEOに効果的なキーワード選定とは?狙ったワードで検索上位に!

2431

「SEOで集客したいけれど、そもそもやり方がわからない」
「限られた予算の中で上位表示したい」
そんな状況に陥っているサイト運営者も多いのではないでしょうか。

SEOで上位表示を狙うキーワード(以下SEOキーワード)の抽出・選定が非常に重要です。本記事ではなぜSEOキーワード選定が重要なのか、そして効果的なSEOキーワードの選定方法についてご紹介します。

SEOキーワード選定について、ご興味やお困りのことがありましたら、
下記お問い合わせフォームよりご相談ください。

6,000社以上とのお取り組み実績!SEOのお悩み相談してみませんか?

\お問合せ・サービス資料はこちら/

SEOキーワードを選定することの重要性

新規の見込み顧客の獲得を目的としてSEOを強化される方は多いと思います。

キーワード選定を間違えると、上位表示しない、上位表示してもセッションがない、セッションがあってもコンバージョンにつながらないということが起きます。せっかく作ったページや記事も、セッションがなくユーザーに見てもらえなければ、期待した効果が見込めません。

SEOキーワードを選定する段階で、上位表示可能性やアクセス獲得見込み、その後のコンバージョンへの貢献度合いなどを踏まえて検討しておくことで、その後のSEO施策の期待効果が高まります。SEOキーワード選定が施策の効果を左右すると言っても過言ではありません。

また、一度作ったコンテンツを、あとから別のSEOキーワードを狙うコンテンツとして修正する場合、新規でコンテンツを作成する以上に工数がかかることもあります。

SEOキーワード選定が施策の効果を左右すると言っても過言ではないのです。

キーワード選定の前に知っておくべき3つのコツ

ユーザーニーズを把握する

自社サイトのターゲットとなるユーザー像を具体的に描き、コンバージョンに至るまでにどんなプロセスを辿るのかを考えます。

例えば目指すコンバージョンを「結婚式場の見学予約」とした場合、下記表のようなフェーズに分けることができます。
キーワード選定というと、ついコンバージョンにすぐつながるキーワードを考えてしまいがちですよね。たとえば「〇〇(式場名) 見学予約」などです。しかし、キーワードの幅を広げるためには、具体的なニーズが発生する前段階からキーワードを考える必要があります。

  • ユーザーがコンバージョンする前に解消したい疑問はなにか?
  • 知っておきたい情報は何か?
  • そしてそれはどんな検索キーワードになるのか?
  • 専門用語を知らないユーザーはなんと検索するか?

 

この観点を持って予めユーザー視点で徹底的に考えておくことで、後に記述するキーワードをまとめたり、優先度付けしたりする段階で役立ちます。

キーワードにはタイプがある

キーワードには、ユーザーニーズが強い順に、顕在・準顕在・潜在の3種類があります。

顕在キーワード

商品購入、問合せ、会員登録など、アクションに最も近いユーザーが検索するキーワードです。
ニーズがはっきりしているためコンバージョンに最も近く、競合性も高い傾向があります。

準顕在キーワード

具体的なアクションには至らないものの、高い確度で検討しているユーザーが検索するキーワードです。
例えば脱毛の契約を考えているものの、どの会社を選ぶか迷っている・費用で情報収集をしている、といった状態をイメージしていただければわかりやすいでしょう。
比較検討キーワードと呼ばれることもあります。

潜在キーワード

狙いたいコンバージョン自体への興味関心がまだないor低いものの、将来的にコンバージョンの可能性があるユーザーが検索するキーワードです。
先ほどの脱毛の例で考えると、「自己処理 肌荒れ」など、ムダ毛ケアに対する「不」を持っているユーザーが検索しうるキーワードは、将来的に脱毛を検討する可能性があるので、中長期的に成果に繋がります。

1ページ=1テーマを心がける

1ページに含める内容は1テーマにしましょう。
当たり前といえば当たり前ですが、1つの記事の中にあまりに多くの要素を盛り込んでしまうと、本当に伝えたいメインテーマがぼやけてしまい、ユーザーの検索ニーズとのマッチングも低くなってしまいます。

また、異なるキーワードでも検索意図が類似するテーマは1記事にまとめることで、1つのテーマの記事で複数のキーワードを狙うことができます。
こちらに関してはキーワード選定のステップの中で詳しく説明します。

SEOキーワードを選ぶ流れ

SEOキーワードを選ぶ際は「洗い出す」→「まとめる」→「選ぶ」のステップです。

検索エンジンは日々進化しており、「頭痛 理由」「頭が痛い理由」など、同じ検索意図のキーワードの場合は検索結果も同様のものを表示させます。そのため、同じ検索意図のキーワードは1つのページで上位表示が狙えます。

そのキーワードで上位表示を狙うなら「こっちのキーワードで施策すればよかった…!」なんて後悔がないよう、「洗い出す」を行った上で「絞る」・「選ぶ」のステップに進むことをウィルゲートではおすすめしています。

次の段落から、具体的な選定方法を次に紹介します。

SEOキーワード選定方法:初心者必見の3つのSTEP

ステップ1:【洗い出す】サイトのメインテーマと関連するキーワードを洗い出す

キーワードを洗い出す方法は主に3つあり、目的に合った手段を選びます。


①競合サイトからキーワードを抽出する

②軸となるキーワードから拡張する
③アクセス解析データから抽出する

 

より網羅的かつ詳細に実施する場合①~③すべてを実施する場合もあります。
ツールや分析ノウハウがないと混乱する部分かもしれません。

①競合サイトからキーワードを抽出する

明確なSEOでのベンチマークサイトがピックアップできている場合、そのサイトが既にセッションを獲得しているキーワードを調査してみましょう。
目標としているサイトが明確な場合は、この方法が最も効率的だと言えます。

ウィルゲートの提供しているキーワード分析ツール「TACT SEO」では、URLを記入するだけで、自サイト・競合サイトがどのようなキーワードで流入しているか調査できます。そこから、これから狙うべきキーワードを抽出することで、数値データに基づいた効率的なキーワード調査が可能になります。

②メインテーマとなるキーワードの関連語をツールで調査する

会計管理ソフトを扱っているサイトの場合、「会計管理ソフト」を軸として、「会計管理ソフト 料金」といった関連語を調査していく方法です。

関連語は「キーワードプランナー」や関連語取得ツール(複数存在)で調査することができます。

データベース系のサイト(例.賃貸・バイト/求人・EC)は、軸となるキーワードが明確ですのでこの方法でキーワード選定するのがおすすめです。

キーワードプランナーはGoogleが提供している無料のキーワードツールです。キーワードの月間検索ボリュームや(リスティング広告出稿時の)競合性、指定したキーワードと関連するキーワードの候補がわかります。データベース系のサイト(例.賃貸・バイト/求人・EC)は、軸となるキーワードが明確ですのでこの方法でキーワード選定するのがおすすめです。

一方、関連語取得ツールでは、特定のキーワードに基づく関連語や共起語を取得することができます。特定キーワードを含めた関連語を拡張する場合に最適なツールです。

シンプルなトップページですが、キーワードを網羅的に抽出するプロセスに役立ちます。Googleサジェストなどからデータを取得し、関連するキーワードを一括表示できます。また、あわせて表示される「Yahoo!知恵袋」や「教えて!Goo」の関連している質問からも、ユーザーのニーズをくみ取ることができるため、記事の企画にも役立てることが可能です。

goodkeywordも特定のキーワードを入力すると関連するキーワードを一括表示してくれます。先に紹介した「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」だけでも十分かもしれませんが、データ取得元が違うため表示されるキーワードも若干違います。少しのキーワードも取り逃がしたくないという方は、どちらも使ったほうが確実です。

③アクセス解析データから抽出する

この方法は、既にある程度アクセスを獲得できており、改めてどういったページで上位表示を狙っていくのか(キーワード配置)検討したり、ページの修正や記事のリライトの際のキーワード選定時におすすめです。

どういったキーワードでアクセスが獲得できているかは、Google Search Consoleやリスティング広告のデータから抽出できます。

それぞれの特徴から目的に合った方法でキーワードを洗い出しましょう。まずは広くキーワードを洗い出すことが肝となります。
より広く洗い出すためには、「SEOキーワードの考え方①サイトの見込み顧客が検索するキーワード」の段落に記載した、ユーザーフローとタッチポイントを意識するとよいでしょう。

ステップ2:【まとめる】キーワードをグルーピングする

抽出したキーワードには「メンズ 化粧水 ランキング」「メンズ 化粧水 おすすめ」など、メンズ化粧水のおすすめ商品が知りたい!という検索意図は同じでも異なるキーワードが含まれてきます。

検索エンジンは日々進化しており、同じ意味のキーワードの場合は検索結果も同等のものを表示させるため、同じ意味のキーワードは同じコンテンツが上位表示が狙えます。

そのため、検索結果が類似するキーワードはまとめてしまいましょう。作成するページの数が減るのでリソース面・コスト面の解決に貢献しますし、施策の効率化にもぴったりです。

検索結果の傾向から、キーワードに親子関係を作り、親となるキーワードを狙ってSEO施策をすることで、子キーワードでの上位表示も狙えます。

この調査も「TACT SEO」で簡単にできます!

ステップ3:【選ぶ】キーワードを絞り込む

ステップ1、2でキーワードを洗い出した後は、キーワードを絞りこむ最後のステップになり最も重要なステップだといえます。「キーワードを絞り込む=対策するキーワードの優先順位をつける」ことだと認識してください。

優先順位は「ビジネス視点」と「SEO観点」でつけていきましょう。


・ビジネス観点…

①市場:検索回数が多いか
②自社:ターゲットが検索しているであろうキーワードか
③競合:競合に負けないコンテンツが提供できるか

 

・SEO観点…上位表示のしやすさ

詳しくポイントを見ていきましょう。

ビジネス観点

①市場:検索回数が多いか

競合が少なく、自社の強みを活かせるキーワード領域を発見したとしても、そのキーワードのそもそもの検索回数がないのであれば、記事を作成する意味がありません。一定の検索ボリュームが存在するキーワードをリスト化して、検索回数の多いコンテンツから順番に作っていくことが成果への近道になります。

ただ、単純に数の多さで決めるのではなく、サイトが狙いたいターゲットと合っているかどうかも視野に入れましょう。

②自社:ターゲットが検索しているであろうキーワードか

大前提として、見込み顧客が検索するキーワードでないと集客する意味がありません。ターゲットユーザーがどのようなシーンで、自社のサービス・商品を必要とするのかを考え、コンバージョンまでのステップを、興味関心・情報収集・比較検討のフェーズで分け、洗い出していくのがおすすめです。

新しいサービス・商品を認知させていく場合には、商品に直接的なキーワードが無いケースが多いです。

例えば、知名度がある美容系商材Aと知名度が低い美容系商材Bのケースで考えてみましょう。


美容商材A→知名度高、キーワード多、キーワードボリューム大
美容商材B→知名度低、キーワード少、キーワードボリューム小

 

このケースだと、Bには商品名などの直接的にコンバージョンに寄与するキーワードがないorボリュームが少なく、狙える可能性が高くなってしまいます。

そのため、考えるべきは下記の点です。Bという商品がユーザーのどのようなニーズを解決するためのものなのかを考え、検索回数があるキーワードに落とし込んでいく必要があります。


美容商材Bはユーザーのどのようなニーズを解決するためのものなのか?
→「毛穴悩みに効果のあるクレンジングオイルだから、【クレンジング 毛穴 選び方】のような検索ニーズのあるキーワードを狙おう!

 

サイトの方針によって集客したいターゲットは異なってくるため、同じ商品を扱うサイトでも「どの程度コンバージョンに近いユーザーを獲得したいのか」によって、SEOキーワードの優先順位が変わります。

まずはサイトに集客をしたいというフェーズであれば、検索回数が多いキーワードから順に対策しましょう。検索回数が多いということは多くのユーザーが検索しているということです。検索回数が多いキーワードで上位表示させることで、サイトへのアクセス獲得につながります。

検索するキーワードが「SEO記事 書き方」「SEO記事 タイトル 付け方」のように2語3語となれば、検索回数が少なくなりますが、キーワードからユーザーの検索意図が読み取りやすくなります。

例)「渋谷 賃貸 駅近 ペット可」…条件に合う賃貸物件を探している
「コンテンツ SEO コンサルティング会社」…発注先の会社を探している

「コンバージョンに近いキーワードをまずは対策したい!」というの場合は、検索回数はそこまで重要ではなくなります。コンバージョンに近いかどうかは実際にコンバージョンしたユーザーにキーワードを聞いてみるのがいいでしょう。

toC向けなど多くの人に検索されるキーワードの場合、「おすすめ」「人気」「比較」「口コミ」と掛け合わせたキーワードなどは注意して見ましょう

検索回数が多いキーワード程、上位表示された時に期待できる流入数が多くなるため施策の優先順位を決める指標として活用できます。しかし、同時にニーズが絞り込まれていないキーワードでコンバージョンに繋がりにくいキーワードになる可能性や、競合サイトも対策しており上位表示しづらい可能性もあります。SEOに限らずそこからの営業体制など自社の特徴を踏まえて、バランスを取ることが大切です。

③競合:競合に負けないコンテンツが提供できるか

競合性が低い領域のキーワードを優先することで、上位表示しやすくなり、多くの人にあなたのサイトを見てもらえる機会が増えることになります。

当然のことながら、自社ではできないような構成の記事や、競合が持つ高い専門性が活かされている記事が多く上位表示している場合は、そのキーワードで良質なコンテンツで既に多くの良質なコンテンツが公開されていることから競合性が高いと言えます。逆に、自社でも作成できそうな記事が多く上位表示している場合は、競合性が低いためキーワードの優先順位を高く判断してよいでしょう。

キーワードプランナーの競合性を参考数値としても良いですが、それはあくまでリスティング広告のデータなので、オーガニック検索における難易度を調べるツールを使うことが理想的です。

そのキーワードを優先的に作ればいいかわからない…!とお悩みの方は
下記お問い合わせフォームよりご相談ください。

6,000社以上とのお取り組み実績!SEOのお悩み相談してみませんか?

\お問合せ・サービス資料はこちら/

SEO観点…上位表示のしやすさ

SEOキーワードを選定しても、上位表示しなければSEO施策の効果がでません。上位表示可能性が高いキーワードを更に絞り込んで施策を進めていきましょう。

ポイントは「そのSEOキーワードで検索結果の傾向に沿ったコンテンツを作れるか」です。

SEOキーワードの検索結果のページの傾向を判定します。ページの傾向とは、「どんな種類のサイト、ページが上位表示されているのか」、「上位表示されているページの内容はどういったものか」を見ます。例をあげると、記事ページなのか、記事以外のページなのか(TOPページ・一覧ページなど)の判定をします。

「沖縄旅行」のキーワードで例を挙げます。
このキーワードでは、沖縄旅行のツアープランやホテルへのナビゲーションページが多く上位表示しています。

一方で、沖縄旅行の感想など、ブログ記事などは上位表示されません。この場合、ユーザーさんは「沖縄旅行」の検索意図として「ツアーの詳細やホテルを探している」と考えられます。

こうした場合に、沖縄旅行の口コミや体験談を増やしたところで、「沖縄旅行」での上位表示可能性は低いと考えられます。

「沖縄旅行」で上位表示させたい場合は、ナビゲーションページで狙っていくか、「沖縄旅行」ではないキーワードで上位表示を狙っていきましょう。

記事以外のページで上位表示しているキーワードの場合、記事ページで作成しても上位表示する可能性が低いことはわかったものの、記事を作成すべきキーワードはどう判別したらいいの…?とお困りの方も多いと思います。

TACT SEO」には狙いたいキーワードがコラムで上位表示するか否かを調べるための「コラム度判定機能」があります。

対象の記事URLで調査すると、関連キーワードの中でコラム(記事)が上位表示する可能性がどれくらいあるかを示してくれます。
この調査によって、どんなに検索回数が多くとも、記事での上位化が見込めないから優先度をする、またはその逆の判断もしやすくなります。

▼キーワードの優先度付けについて詳しく知りたい方は下記へどうぞ
SEOキーワードはどのテーマから作る?優先度の付け方解説

キーワードの設定方法

SEO効果を上げるには、選定したキーワードを適切に配置することが重要です。
せっかくキーワードを網羅した良質なコンテンツを作成しても、それが検索エンジン側に伝わらないと意味がないので、適切に配置しましょう。

タイトル

記事のメインテーマとなるキーワードが、タイトルに盛り込みましょう。
タイトルタグはユーザーの検索結果に表示される、最も重要と言っても過言ではないタグです。
クリック率や検索順位にも影響する部分なので、下記のポイントを押さえつつタイトルを付けることが重要です。

・記事内容を表すメインキーワードを必ず含める(できれば前半に入れる)
・文字数を30~35文字に収める
・関係のないキーワードを入れない

ディスクリプション

こちらも検索結果に表示される要素なので、コンテンツ内容を簡潔にまとめ、重要なキーワードを適切に盛り込みましょう。
タイトルタグ同様、meta descriptionタグの前方に設定するとさらに効果を高めることができます。

SEOを意識しすぎるあまり、対策キーワードを乱用するのは逆効果なので注意。

見出し

ページ内の「見出し」「小見出し」にあたるhタグに、適切にキーワードを配置することで検索エンジンのページ内容理解につなげることができます。

hタグを活用することで重要キーワードを検索エンジンに伝え、検索語との関連性を強化することで、SEO効果向上につながります。

本文

見出しごとに自然な流れになるようにまとめつつ、本文にもキーワードを盛り込みましょう。

記事のメインキーワードはやりすぎない程度に複数回記載することで、よりテーマとの関連性を強めることができます。

▼具体的なライティングのコツが知りたい方はこちら
SEOライティングの基礎と知っておくべき13のポイント

キーワード見直しのポイントは?使えるツールも紹介

選定したキーワードをもとに記事を作成したものの、思うように順位が上がらない…ということもありますよね。

記事を公開して終わりではなく、結果を計測しつつリライトしていく必要があります。
特にあと少しで1ページ目に到達しそうな記事や、検索回数が多く上位表示したら貢献度が高い記事は、積極的に公開後の修正を行って効果の最大化に努めましょう。

上位表示しているサイトは、そのユーザーの検索ニーズに対する回答(情報)を豊富に含んでいると考えられるので、自社との差分をチェックすることが重要です。

該当キーワードで上位化している競合の記事を見て狙ったキーワードの情報が網羅されているかを確認しつつ、主に下記のポイントでリライトしましょう。

・ページ内の関連語の含有数
・情報量と内容、見せ方
・文字量

▼詳しく知りたい方はこちら
SEOライティングの基礎と知っておくべき13のポイント

TACT SEOではリライトに必要な上記調査を簡単に行うことができます。
SEO改善のための上位表示分析機能を使用すると、上位ページが保有しているキーワードの一覧を見ることができるため、自社と競合との差分を効率よく減らしていくことが可能です。


この機能はほんの一部なので、ご興味のある方はぜひ下記から無料登録を!

まとめ

今回はSEOに効果的なキーワード選定の方法についてご紹介しました。

キーワード選定は、サイトの上位表示に関わる重要な工程です。中でもキーワード抽出は網羅的にキーワードを洗い出すことが重要になります。その他のキーワードの選び方については次回の記事でお届けします。

本記事のステップを押さえ、正しくキーワードを選定をすることで、SEO効果を最大限に発揮させることができます。ぜひ取り組んでみてください。

監修:コンサルティング事業部 増澤 尚恵
執筆:宮下 七海

※記事内容・監修者の所属は2020年5月時点のものです。

6,000社以上とのお取り組み実績!SEOのお悩み相談してみませんか?

\お問合せ・サービス資料はこちら/

 

Pocket


お問い合わせ

ウィルゲートでは、SEOを中心にサイトの集客改善をお手伝いしております。
SEOってどこから始めたらいいの?今より効率よく施策を行いたい!など集客に関して
お気軽にご相談ください。

TACT SEO 無料新規登録! キーワード調査から上位表示上位表示方法まで的確に的確に分析的確に分析できるSEO対策ツール! 記事コンテンツの作成代行なら作成代行なら、サグーワークス
プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。