6カ月で流入キーワード数が約2倍に!「ディレクトリ階層」を最適化した求人サイトのSEOコンサルティング事例

1937
Pocket

「塾講師アルバイト求人サイト」をロングテールSEOの手法を用い、6ヶ月間(2016年6月~11月)で流入キーワード数が約2倍(セッションは約1.2倍)に改善できた事例をご紹介します。

施策した求人サイトは、塾講師アルバイトに応募する大学生が様々な条件で検索できるように、求人エリアや特徴など様々な検索条件軸が設けられた求人サイトとなっています。

お客様からは短期間で効果を出すことを求められたため、中長期的な施策をベースとしながら短期でも効果が見込める施策、つまり流入キーワード数を拡大し(短期)全体の評価を高めていく(中長期)、という流れの中で今回は短期施策のプロセスと結果をご紹介します。

ディレクトリ階層の分析から見えた現状課題

求人サイト経由の応募者数を増やすためには、「職種+地域」「職種+特徴」などの組み合わせのロングテールキーワード対策が中長期的にアクセス数を増やしていく上で重要な施策となります。しかし、サイトの内部構造を調査すると、「ディレクトリ階層」に課題があり、ロングテールキーワードからの流入獲得(上位表示)が十分できていない状態であることが分かりました。そのため、顕在・潜在求職者へのアプローチが十分に出来ていないことが現状の課題でした。

応募キーワードと施策有効ディレクトリ階層を特定する

短期間で最大の成果を出すためには、応募に繋がる効果の高いキーワードの特定と大量のディレクトリ階層の中から施策効果の高いディレクトリ階層を特定する必要があります。

私たちは、過去のリスティング広告の出稿データから応募に繋がった(1)「応募キーワードのリストアップとカテゴリ分類」を行い、さらに(2)「応募キーワードと対象ディレクトリ階層の紐づけ」を行うことで、効果の高いキーワードと施策対象ディレクトリ階層を見つけ、短期間で効果を上げる方法と施策のスケジュール組みを進めていきました。

(1)「応募キーワードのリストアップとカテゴリ分類」イメージ

キーワード カテゴリ
千葉県 塾講師アルバイト 都道府県
横浜市 塾講師バイト募集 都道府県
新宿駅 学習塾求人 沿線
昇給あり アルバイト 条件
大学生歓迎 アルバイト 条件
塾講師募集 市川 都道府県
短期 バイト 条件
個別指導塾バイト 指導形態
塾講師募集 飯田橋駅 沿線
英語塾 アルバイト 科目
高時給 アルバイト 条件

(2)「応募キーワードと対象ディレクトリ階層の紐づけ」イメージ

効果の高いディレクトリ階層の特定

まず、効果の高いディレクト階層を特定する必要があります。求人サイトは、主に「エリア」(市区町村/駅)検索結果ページと、「条件」(指導方法/待遇など)結果ページが重要ディレクトリとなり、その中から施策効果の高いディレクトリ階層をピックアップします。

効果の高いロングテールキーワード

また、それらのディレクトリ階層では「渋谷■個別指導■塾講師■アルバイト募集」といった1つ1つの検索回数は少ないものの、応募効果が高い複合キーワード郡を包括的に施策(ロングテールキーワード施策)することが、応募数を獲得する上で重要です。

ディレクトリ階層の改善方法

ディレクトリ階層の施策内容から、特に高い改善効果があった次の(1)主要タグの最適化と(2)テキストコンテンツの追加の2点をご紹介します。

(1)主要タグの最適化

今回、行った内部施策として各ディレクトリ階層の主要タグ(titleタグ・見出しタグ(h1~h3)など)の記述ルールの見直しを行いました。

主要タグはそのページに何が記述されているのかを表す役割をし、ユーザーが検索するキーワードに対して、求める情報が含まれているかどうかを示す重要なタグのため、検索キーワードの上位表示効果に重要な役割を担っていると言われています。

主要タグ(titleタグ・見出しタグ(h1~h3))の書き方はこちらで紹介しています。

SEO タグ-用語解説

SEO内部対策に重要なタイトルタグとhタグ、alt属性、ディスクリプションの書き方

SEO内部対策のもっとも基礎的なもののひとつは、タイトルタグやメタタグの最適化です。 今回は、SEO対策をしていくうえで重要なタグ要素と、それらを記述する際の...

リスティング広告出稿データで、応募に繋がったキーワードデータを調査したところ、
「塾講師×求人×〇〇」というキーワードと合わせて、
「塾講師×募集×〇〇」というキーワードでも応募に繋がっていることが分かりました。

しかし、現状主要タグには「募集」キーワードが含まれておらず、応募に繋がりやすいロングテールキーワードの多くに対応できていない状態でした。

行ったこと

  • 改善前:「求人」と「募集」の複合キーワードで、応募率(CVR)が高い傾向にあるものの、主要タグ内に含まれていない状態でした。
  • 改善後:対象ページの全ての主要タグに「求人」「募集」を含める内部修正を行いました。

改善結果

「求人」・「募集」を含む複合キーワード数が増加し、さらに各複合キーワードの検索順位が向上し、自然検索流入アクセス数が増加しました。

(2)ディレクトリ階層へのテキストコンテンツの追加

調査の結果、改善重要度が高いディレクトリ階層である「エリア」ディレクトリ階層に対して、対象求人サイトは、「市区町村名」と「駅名」で検索順位が低く、「キーワード数」が少ない傾向がありました。

エリア 平均順位 10位以内
キーワード数
エリア説明
テキスト
都道府県名 6.1位 1,083
市区町村名 8.9 441 ×
駅名 9.7 512 ×

また、競合求人サイトと「エリア検索結果ページ」のテキスト量を比較したところ、「市区町村名」と「駅名」では、テキストが入っていない状況でした。

エリア 平均文字数
競合A 競合B 自社サイト
都道府県名 512 211 322
市区町村名 498 208 0
駅名 0 205 0

行ったこと

施策効果の高い「市区町村名」と「駅名」ディレクトリ階層を選定し、対象の1ページあたり400文字程度のテキストを追加し、対象ページが検索キーワードで上位表示しやすくなるように施策を行いました。

【追加テキスト例】
〇〇県〇〇市内にある〇〇駅。〇〇駅までの所要時間は約〇分となっており、都心方面への通勤・通学にもアクセスが良いエリアです。駅周辺は閑静な住宅街が広がっており、コンビニやスーパーといった日々の生活に欠かせない商業施設がある他、〇〇公園を始め子供の遊び場も充実しています。
〇〇周辺エリアのアルバイト求人は地元密着の仕事が多いのですが、駅周囲には地元の小中学生が通う学習塾も多く、塾講師のアルバイト求人もあります。少人数・個別指導にて・・・・・・・・・・

結果

塾講師+「エリア」+〇〇での複合キーワードでのロングテールキーワードでの自然検索流入アクセス数が増加しました。

具体的にどのくらい流入が伸びたのか

約4ヶ月の施策改善実施の結果、果たしてどのくらいの改善が見られたのか、「ロングテールキーワード数の増加実績」の成果についてご紹介します。

流入改善実績

今回の施策期間である6月~11月は、塾講師アルバイトの検索トレンドが6月をピークに11月まで下降トレンドにある中で、今回の施策改善で10位以内のキーワード数は200%以上伸び、アクセス数は123%アップ(前年同月比)となりました。

ロングテールキーワード数の増加実績

改善の結果、TOP10にランクインした各エリアと条件のロングテールキーワードが2,307個(212%)増加し、自然流入数の増加に繋がりました。

エリア/条件 10位以内キーワード数
施策前 施策後 増加数 増加率
都道府県 1,083 2,220 +1,137 205%
市区町村 441 984 +543 223%
駅名 512 1,121 +609 219%
条件 28 46 +18 164%
合計 2,064 4,371 +2,307 212%

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、サイト内で最も改善のインパクトが見込めそうなディレクトリ階層を分析し、自然検索流入数を6ヶ月で123%改善した「塾講師アルバイト求人情報サイト」の事例をご紹介しました。データに基づいたサイト改善の事例として参考にしていただければ幸いです。

改めて本事例でお伝えしたいポイントは以下の点です。

基本改善方針:

膨大なディレクトリ階層ページから、最も改善効果が高いと思われるページをリスティング広告出稿データを基に探し出すことで、優先順位の高い施策から順次、改善を行っていく。

具体的なポイント:

・競合サイトとのキーワードと順位の要因分析を行い、改善策を見つける
・応募に繋がりやすいキーワードの特徴を捉え、効果が高いキーワード郡と施策ページを見つける

今回は多数の施策の中からいくつかをかいつまんでご紹介しましたが、サイトの改善は施策を行い、その都度の振り返りを含めた改善の地道なPDCAサイクルを何度も回すことが大切です。

今回の求人サイトの施策ケースでは、以下のサイクルを回すと良いでしょう。

【順位チェック】ベンチマークしたキーワードの自社サイトと競合サイトの日々の順位チェック
【相関データチェック】各エリアページ単位のキーワード順位と応募数の相関データチェック
【改善策】各データに基づき施策の仮説を立てる
【施策】仮説に基づき施策を実施する

競合サイトとのSEO施策差分調査:

SEO施策の観点で、自社サイトと競合サイトの内部/外部施策の状況を比較し、課題を明確にすることも必要です。

【SEO内部施策比較項目】
・title
・description
・keyword
・h1
【SEO外部施策比較項目】
・INDEX数
・被リンクページ数
・被リンクドメイン数
・IP分散被リンク数
・初被リンク古さ
・ドメイン古さ
・ソース得点

これらのSEO施策調査項目をすべてチェックするのは、相当時間を要しますので、無料で使えるSEO競合比較調査ツールを活用して競合調査を行うと非常に便利です。

SEOカウンセラー
https://www.seo-counselor.jp/

Pocket

無料ebook

今すぐ見直すべきサイト内部リンク4つのポイント
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール SEOカウンセラー

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。