ファッション系ECサイトが大手競合サイトと差別化するためのキーワード戦略(SEO)

1269
Pocket

 

今回はファッション通販関連のキーワードの中でも検索回数の多い「ワンピース   通販」というキーワードについて、ファッション通販サイトを運営する側の視点から調査しました。

 

その前に、服をネットで買う人はどれくらいいるのでしょうか?

 

私たちがおこなったファッション系ECサイトの利用状況についての調査によると、
店舗よりもネット上で服を買うことが多いという方が3割にのぼり、一度も通販で服を買ったことがないという方はたったの12%という結果になりました。

 

ネットで服を買うか_ファッション通販_切磋琢マーケ

 

ファッション通販_購入の動機_切磋琢マーケ

※掲載しているアンケートについての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

 

実に約9割の方がネット上で服を買ったことがあるということです。

 

理由は様々ですが、ネットで服を買うことへの抵抗はほとんどなく、
店舗で買うよりもお得感がある場合などは特に、ネットでの購入に流れやすいということがわかります。

 

激戦!ファッション通販サイトの競合比較!

 

今や一般的に利用されるようになったファッション通販サイト、
ウェブ集客ももちろん熱いです!

 

競争率が高まっているファッション通販業界を検索エンジンマーケティング上の観点から調査し、
ウェブから顧客を獲得するために最適なキーワード選定とはどのようなものか考察してみようと思います。

 

 

#調査方法

 

競合分析ツール「SEOカウンセラー:https://www.seo-counselor.jp/」を用いて、
「ワンピース  通販」および「ワンピース  通販」関連のキーワードでの順位状況や被リンク状況を調査します。

※対象サイトは以下10サイトです。 「ワンピース 通販」で検索した際に上位表示されているサイト(2014/4/3 現在)

 

バニーガール https://bunnygirl.me/
ZOZOTOWN https://zozo.jp/category/onepiece/
楽天 https://search.rakuten.co.jp/search/mall/-/ワンピース-110729/p.1-s.1-sf.0-st.A-v.2
RyuRyu https://belluna.jp/ryuryu/01/010201/c/10260000/m_cate/
BUYMA https://www.buyma.com/r/-C2103
ニッセン https://www.nissen.co.jp/cate001/sho_index/cate001_017_001_000-01.htm
MAGASEEK https://www.magaseek.com/item/list/it2_0010030000-tp_1-tr_i
cithy https://www.cithy.jp/onepiece
INGNI STORE https://www.ingni-store.com/category/ワンピース/
サルース https://www.e-salus.jp/list/?c=02_02_*

 

 

#調査結果

 

○キーワード順位

 「ワンピース 通販」で4位のRyuRyuは、関連キーワードの多くでかなり高い順位を獲得しています。
その他、楽天も関連する各キーワードで高い順位となっていることがわかります。

 

ワンピース_キーワード順位_SEOカウンセラー

 

○基本情報

なんと、1位のサイトはタイトルにもディスクリプションにも「ワンピース」と入っていません。
それでも1位になっている理由として考えられるのがサイト内のテキスト量です。

1位のサイトはページの最下部に、6000字ほどのレディースファッションに関するテキストが挿入されていました。

画像が多くなりがちなファッション通販サイトの中では、
そのようなテキストを追加するだけで上位に表示されやすくなることもあるようです。

 

※画像が長くなってしまうため、上位6サイトの情報のみ掲載しております。

 

ワンピース_基本情報

 

○SEO施策情報

商品数が多いためか、全体的にINDEX数が多いです。
被リンクの数はかなりばらつきがありますが、不自然なほど多くの被リンクを受けているサイトはないように見受けられます。

 

ワンピース_seo施策情報_SEOカウンセラー

 

○アンカーテキスト分散

対象サイト(※具体名は伏せさせていただきます)への被リンクのアンカーテキストのデータです。
「ワンピース」というアンカーテキストでもっとも多くリンクされています。
その他「ニット ワンピース」「シフォンワンピース」など「ワンピース×素材名」などのアンカーテキストで被リンクを受けています。

※具体的なサイトが特定できるアンカーテキストは伏せています。

ワンピース_アンカーテキスト

 

調べた結果・気付いた事

 

  • 上位は「ZOZOTOWN」や「RyuRyu」などの有名サイトもあるが、一般認知はまだ高くないであろうサイトも上位表示されている
  • 関連する検索キーワード数が多いものの、リスティングはどのキーワードでも多く出稿されており、競合性が高い
  • 「ワンピース 通販 激安」のような複合語では、安さ押しのサイトが表示されており、各検索キーワードに適した通販サイトが表示されている
  • 「洋服 通販」などの検索キーワードでは、完全にキーワードに一致したタイトルが無いため、若干競合性が下がる可能性がある

 

調査結果のまとめ・アドバイス

 

今回、「ワンピース 通販」というキーワードで調査を行いましたが、
ネット通販が普及してきているファッション業通販業界では、
検索回数が多いビッグキーワードではSEO的に強いサイトも多く、新規参入は非常に厳しい状況になっています

 

また、「レディースファッション 通販 激安」「ファッション 通販 大きいサイズ」などの条件系キーワードも、
その条件に特化した通販サイトが表示されており、上位表示難易度は高まっています

 

そんな中でも検索エンジンから流入を獲得していくにはどのような戦略が考えられるのでしょうか。
一案として「洋服」を軸とした施策が考えられます。

 

服の通販サイトのタイトルは、大体が「服」や「洋服」ではなく、「ファッション」というキーワードが使われています
「ファッション」を軸としたキーワードでは完全にタイトルが一致している通販サイトも多く、新規参入で上位表示されるのは難しいと言わざるをえません。
しかしながら「洋服」を軸にした検索キーワードであれば完全にタイトルが一致している通販サイトはかなり少なくなります。

 

ファッション通販_洋服通販_比較表_切磋琢マーケ

 

上記の表の例では「洋服 通販」と「ファッション 通販」というキーワードについての比較を行っています。
月間の検索回数は3分の1ほどと少なくなってしまいますが、
タイトルにキーワードとして含んでいるサイトの数が少ない分、競合性も低いです。

 

上位表示されているサイトと同じテーマで、
同程度のコンテンツ量・コンテンツの質があれば、タイトルに完全一致のキーワードが含まれているサイトが、上位に表示される可能性はあります。

 

複合ワードも含めて地道に対策していれば、少しずつ流入を獲得できるようになる可能性は大いにあるのです!

 

競合性の低いキーワードを優先的に狙い確実にサイトに流入を獲得することができれば、
サイトの売上などにはもちろんプラスの効果がありますし、
サイトの露出機会が増加するということは、まとめサイトに取り上げられたり、個人のブログで紹介されたりするなどの
副次的な効果がえられる
可能性も高まります。

 

コンテンツ追加やソーシャルでの拡散などによりドメインが強化されることで、
最初は到底無理だと思っていたような「ファッション  通販」など難易度の高いキーワードでも、
上位を狙えるようになっていきます。

 

まずは競合性の低い「洋服」を軸としたキーワードで、サイトの露出を確実に増やし
将来的には「ファッション  通販」のようなビックキーワードでもアクセスを獲得できるように
サイトを成長させていきましょう。

 

 

ちなみに、私たちが行ったアンケート調査によるとネットで洋服を購入する際に特に気をつける点は「サイズ」だそうです。

 

ネットで服を購入する際気をつけること_切磋琢マーケ

 

ファッション通販サイトで、洋服の写真だけを載せているのを見かけますが、
着ているイメージが伝わりづらいため購入に至りづらくなるでしょう。

 

写真の量が多い方が良いというのはよく言われることではありますが、
ただ数を増やすのではなく、モデルの体型や着用サイズを明記した上で、
様々な写真を掲載するとユーザーにとって選ばれる使いやすいサイトになれるはずです。

 

以上、ファッション通販サイトをめぐるSEO戦線をお伝えいたしました!

 

調査ツール紹介

 

“自サイトと複数の競合との検索順位比較と外部施策状況が無料で簡単に比較でき、 あなたの検索エンジン集客を数倍助ける唯一のツール”

 

競合分析ツール「SEOカウンセラー」

https://www.seo-counselor.jp/

 

Pocket

無料ebook

【超実践編】実際のGoogleアナリティクス画面を見ながら学べるアクセス解析入門講座
姓(必須)
名(必須)
会社名(必須)
電話(必須)
メールアドレス(必須)
個人情報のお取り扱いについて

競合比較ができるSEOツール

最大10項目(順位/被リンク数など)の競合調査が無料でできます。

プロモニスタ編集部
プロモニスタでは、コンテンツマーケティングとコンテンツSEO、SEO対策を中心にwebマーケティング関連の最新情報やノウハウ、当社の事例を発信しています。