PAGE TOP

低価格でワンストップ提供できる、唯一のコンテンツマーケティング【KIJITASU】

トップページ |

コンテンツマーケティング > ユーザーアンケートから分かったエステサロンがWeb集客で予約客を倍増させる4つのポイント

はてなブックマーク
0
Facebook
0
pocket
1
プロモニスタ

2014.06.23

ユーザーアンケートから分かったエステサロンがWeb集客で予約客を倍増させる4つのポイント

梅雨に入り、みなさまお待ちかねの夏もすぐそこですね!

 

私の周りでは、夏に向けて、ダイエットや筋トレ、ランニングを始める方が増えてきました。
夏になると海やプールなど露出度が高くなる機会が増えるので、気にせずにはいられないですよね。

 

みなさまも夏に向けてエステサロンに行こうかな・・・なんて考えている方も多いのではないでしょうか。

 

私も以前エステサロンに行ってたことがあるのですが、終わりが見えず、果てしなくなってしまい継続するのをやめてしまいました。
それでも夏が近づいてくると気になってしまうんですよね。

 

そこで今回は、女性99名を対象とした「エステサロンに関するアンケート調査」を行いました。

 

エステサロンの業界動向は?

 

ここ最近テレビCMや電車内の広告を見るようになりました。
またそのCMや交通広告のキャスティングにも趣向を凝らしたものが多いなと感じています。

 

季節ごとのキャンペーンも多く実施されていて、非常に賑わっている反面、価格競争も激化しているような印象ですが、実際の動向はどうなのでしょうか。
エステチェーン数の推移を見てみましょう。

 


エステティックサロン推移
1970年以降、トータルエステ(脱毛以外も含む)が主力ではあったが、
2000年以降は「痩身」や「脱毛」などの専門分野に特化したチェーンの増加・躍進が目立つ結果となった。
(出典:美容経済新聞 https://www.tsuhanshinbun.com/archive/2013/10/125000.html

 

専門分野に特化した店舗が増え、自分のニーズに合ったエステサロンを見つけやすくなったことや、
価格競争の激化によって以前より安価に通うことが出来るようになったことで、
ユーザーにとってエステサロンはより身近なものになったのではないでしょうか。

 

アンケート調査①:エステサロンに関するアンケート

 

Q1.エステサロンに行ったことはありますか

・はい
・いいえ

エステに関するアンケートQ1

 

半数以上の方が、一度は行ったことある方でした。
ちなみに今回のアンケート対象である99名の女性の平均年齢は33歳でした。

 

 

Q2.エステサロンに来店するきっかけはなんですか

・テレビCMやチラシ広告などをみて
・結婚式などのイベントの前だったから
・友人から進められて
・看板などの見かけて

エステに関するアンケートQ2

40%以上の方がマス広告を通じて、エステサロンに興味をもつようです。
また次に多いのが、結婚式などのイベントをきっかけとして来店したという方でした。

 

 

Q3.来店する前にエステサロンについて調べましたか

・はい
・いいえ

エステに関するアンケートQ3

60%近くの方が来店前に一度はサロン情報を検索するようです。
やはり自分のこれから行くところがどんなところなのかは事前に知りたいと考える方が多いようです。

 

 

Q4.エステサロンについて調べる際どのような情報を知りたいですか

・メニューの料金
・評判・口コミ
・サロンでの症例
・店舗がある場所
・サロンの内装や設備
・サロンでどんな人が働いているか

エステに関するアンケートQ4

先ほどの”Q3.来店する前にエステサロンについて調べましたか”という質問では60%の方が事前に調べると答えていましたが、
その際に調べる情報として「メニューの料金」「評判・口コミ」が圧倒的に多いようです。
裏を返せば、この2つがユーザーにとって不安要素が多い部分とも言えるでしょう。

 

 

Q5.エステサロンの情報を調べる際どのようなサイトの情報を信頼しますか

・口コミ(掲示板)サイト
・サロンの公式サイト
・サロン比較サイト
・質問サイト

エステに関するアンケートQ5

ここでは圧倒的に「口コミ(掲示板)サイト」への信頼が高いです。
以前私たちが行った検索行動に関するアンケート調査結果や、歯科医院のWeb検索についてのアンケート調査でも
口コミは信頼度が高い重要な情報であることがわかりましたが、
「口コミ」への信頼の厚さはどのような業界でも変わらないようです。

 

 

アンケート結果はここまでです。

上記5つのアンケート調査から、
エステサロンがWeb集客を強化していくには“具体的にどのようにすればいいのか”について簡単にご説明させていただきます。

 

調査結果のまとめと考察

 

調査の結果、エステサロンに通うことを検討し始めてから実際に来店するまでのユーザーの行動は、
以下の様にまとめられます。

エステサロン検索におけるユーザーの検索行動

 

エステサロンに通うことを検討してから、検索を行うユーザーが約60%、
友人の紹介などでない限りほとんどの方が事前に検索を行うと考えていいでしょう。

 

また、エステサロンに限らず言えることですが、”口コミ”は圧倒的にユーザーに支持され、信頼されています。
特にエステなど費用が高く、効果がわかりにくいようなものは公式サイトの情報だけではなかなか決定しないのではないかと思います。

 

しかしながら、検索エンジン上に出回っている口コミを操作することはなかなか難しいのが現状です。

 

そこで注力すべきなのが、
自社サイトで信頼を得るための施策であり、信頼を獲得するにはサイト内に「ユーザーにとって価値のあるコンテンツ」を作っていくことが重要です。

 

 

具体的に追加すべきだと考えられるコンテンツは以下の5つです。

 

  • 豆知識などサービスの宣伝ではない、エステに関してユーザーが知りたいと思う情報
  • メニューごとの料金表や料金体系の詳細な説明
  • ご利用者様の声を集めた、”お客様の声”
  • 施術者やスタッフの”顔写真・プロフィール”
  • サロンの設備や清潔感をアピールできる院内紹介(写真含む)

 

以下でそれぞれのコンテンツについて詳細にご説明いたします。

 

  • 豆知識などサービスの宣伝ではない、エステに関してユーザーが知りたいと思う情報

 

大前提として重要なのは【ユーザーにとって価値のあるコンテンツ】ですが、
何がユーザーにとって価値があるのか、長く業界にいるとわからなくなりがちです。

 

難しく考える必要はありません。
あなたにとって当たり前の知識も、ユーザーにとっては新鮮な情報だからです。
まず、実際に脱毛しに行こうか迷っている人の検索パターンを想定してみましょう。

 

例えばエステでの脱毛を考えているユーザーであれば、
レーザー脱毛と光脱毛では何が違うのか、どちらの方が効果があるのかが気になります。

 

そこで、「レーザー脱毛 光脱毛」「レーザー脱毛 光脱毛 違い」「レーザー脱毛 光脱毛 効果」などと入力します。
レーザー脱毛と光脱毛の違いに関する記事であれば、エステサロンでも薬事法に触れることなく掲載が可能です。

 

ユーザーにとって関心の高い「レーザー 効果」などのコンテンツも欲しいところですが、
薬事法に引っかかっては元も子もありません。
法に触れない範囲で、ユーザーが知りたいと思うような内容を想定し、コンテンツとして追加してくことで、
ユーザーから”有益な情報をくれる信頼できるサイトだ”と認識されることが可能です。

 

 

  • メニューごとの料金表や料金体系の詳細な説明

 

アンケート結果から、ユーザーが一番必要としている可能性が高いのは「料金についての情報」であることが判明しています。
ですから、料金ページの内容は出来るかぎりわかりやすいものにする必要があります。

 

料金一覧だけではなく、メニューごとの料金ページを作成したり、
実際の支払い方法のイメージなどを載せることで、ユーザーに安心感を与えることができ、
あなたのサイトが選ばれる可能性が高まります。

 

  • ご利用者様の声を集めた”お客様の声”

 

アンケート結果から、料金情報の次に需要が高いのは「口コミ・評判」であることがわかっています。

 

基本的にここは口コミサイトを利用すると考えられますが、
自サイト内にも口コミやお客様の声を載せることで、ユーザーからの信頼は高まります。

 

  • 施術者やスタッフの”顔写真・プロフィール”
  • サロンの設備や清潔感をアピールできる院内紹介(写真含む)

 

アンケート結果ではあまり重視されていなかった部分ですが、
実際にWebコンサルティングを行っていると、院長の写真を掲載するだけでコンバージョン率が向上する事例もあります。

 

おそらくユーザーは無意識に感じている部分なので、重視している実感が無いのですが、
院長や従業員の笑顔の写真や、清潔感のある施設内の写真を載せることはユーザーにとっての価値向上につながります。

 

この部分も、コンテンツを追加する上で重視すべき一つのポイントです。

 

 

具体的にコンテンツ案を考えていくと、

エステに関する知識→メニューを行う場合の費用→サロンの評判というように、
何度かの情報収集を経て意思決定を行うユーザー像が見えてくるかと思います。

 

各段階のユーザーの「知りたい」というニーズをすべて自社サイトで満たせるサイトになれば
自ずとサイトからのお問い合せは増加していくでしょう。

 

 

《コンテンツ案のまとめ》

①エステに関する情報:レーザー脱毛と光脱毛の違いに関する記事etc.
②施術の料金:各プランに関する詳細でわかりやすい料金ページ
③口コミ
:ご利用者様の声ページ
④サロン・医院情報:施術者の顔やサロン・医院の雰囲気(できれば写真で)

上記4つのコンテンツはすでにあなたが持っている情報ですから、
今すぐにでも書き始めることができますね。
まだ自社サイトにこのコンテンツがない方は、是非追加を検討してみてください。

 

プロモニスタ編集部
Webマーケターに役立つ情報を発信していきます!

カテゴリー